未分類
法人カードを紛失してしまった!?落ち着いて対応するための対処法

法人カードを紛失してしまった!?落ち着いて対応するための対処法

会社から法人カードを預かっている人が、カードを紛失してしまったらとても焦ることでしょう。

もしも法人カードの紛失に気づいたらまずは、どこから電話連絡を行うべきか。自分の会社に連絡をするのが先なのか法人カードを止めるのが最優先なのか。悩んでしまう方も多いことでしょう。

今回は、法人カードを紛失してしまった際に、落ち着いて対応できるための対処法について詳しくお伝えいたします。

法人カードを紛失してしまった際の対処法

法人カードの紛失に気付いたら焦ってしまいますが、まずは冷静に順番に対処しなければいけません。

まずは自分の会社やカード会社、警察への届け出を行ってください。

紛失を会社に報告したら怒られてしまうのではないか。始末書を書かされてしまうのではないか。など、不安を感じる方もいるかもしれませんが、直ちに連絡をしてください。

紛失をしてしまったのであれば、まず第一に考えるべきことは「盗難にあった場合の被害を最小に抑えること」です。

各所に連絡をし、カードの利用停止手続きを行うなど、必要手続きを間違いなく順番に行いましょう。

直ちに自分の会社・カード会社・警察へ届け出

法人カードの紛失を発見した時点でまずは、自分の会社・カード会社・警察に連絡を行ってください。

連絡を行う際には、いつどこで、紛失してしまったのかを具体的に説明するように心がけましょう。

実際、いつどこで紛失したかわからなくても、最後にどこで法人カードを利用したのか、いつ紛失に気付いたのかなどから憶測を立てて見ても良いです。

また、紛失した場所に心当たりがあるのであれば、紛失した場所へ連絡してみても良いです。店舗で置き忘れなどをしていた場合は、警察ではなく店舗で保管されている場合もあるためです。

カードの利用停止

法人カードを紛失した場合は直ちにカードの利用停止手続きを行ってください。

紛失に気づいた時点で“直ちに”です。法人カードの利用停止手続きは、各カード会社の紛失・盗難デスクに電話をかけることで停止可能です。

もしも利用停止までの間に悪用されてしまっていた場合は、補償の対象となる可能性はありますが、紛失・盗難されたことを証明する必要があり、手続きが面倒です。

紛失された時点で直ちに利用停止手続きを行い、不正利用を事前に防ぐことを意識してください。

また、利用停止したからと言って、警察に届け出をしなくても良いというわけではありません。

法人カードの利用停止が完了したとしても必ず、警察へ届け出を行ってください。もしも不正に利用されていたら後々面倒なことになってしまいます。

海外出張時は要注意

日本国内での紛失のみならず、海外出張時の“盗難”などのリスクも懸念しなければいけません。

海外によっては、置き引きやスリなどの盗難が横行している場所があります。仮に海外出張ではなくても、個人使用の財布の中に法人カードを入れている方もいます。

もしも海外旅行中に自分の財布が盗難されてしまえば、法人カードも同時に失ってしまうので要注意です。

そして、法人カードを紛失・盗難にあった場合には遅滞なく法人カードデスクに連絡をしなければいけませんが、国内・海外でお問い合わせ先が異なる可能性があります。

行った国々によってお問い合わせ先が異なる可能性があるので、出発前に、行く先の国でトラブルが発生した場合のお問い合わせ先などをメモしておくと良いでしょう。

期限切れ法人カードを紛失した場合

期限切れの法人カードを紛失・盗難にあった場合であっても注意が必要です。

期限切れの法人カードは会社ですべて回収し、ハサミなどでカットした上で処分するのが一番理想的です。

ところが、管理体制が甘いと「期限切れの法人カードが社員の自宅に放置されたままになっている。」「期限切れの法人カードだからいらないと思って、どこにおいてあるかわからない。」などといったことが発生してしまいます。

期限切れの法人カードは利用できない。そう思っている方も多いですがじつは、期限切れの法人カードも不正利用される可能性があるので注意してください。

期限切れの法人カードは基本的には利用できませんが、カード番号などを何らかの理由で悪用される被害ケースが多く報告されています。

期限切れの法人カードであっても、紛失してしまった際には法人カード窓口にお問い合わせを行ってください。

また、必要に応じて警察への紛失届けを出すようにしてください。ただ一番良いのは、会社で一括回収し、ハサミでカットし処分することです。

紛失した法人カードが悪用された場合の対処法

法人カードを紛失してしまった際の基本的な対処法は2つ、紛失・盗難補償の確認と必要手続きを踏むことです。それぞれ詳しくお伝えいたします。

紛失・盗難補償の確認

紛失した法人カードを不正利用されてしまった場合には、各カード会社の紛失盗難補償を確認してください。

法人カードに限らず多くのクレジットカードでは必ず付けられている、補償サービスです。

概ね紛失した日から前60日以内に不正利用された分については、補償の対象となります。

ただし補償を受けるためには、カード会社への連絡のみならず警察への届け出や書類の提出が必要となります。

また、法人カード会員の過失や故意によって紛失してしまった場合には、補償を受けられない可能性があるので注意してください。

徹底した管理体制のもとで、確実な連絡体制を整えるなど必要なシステムを構築し、紛失や盗難を防ぐ努力を行う必要があります。

法人カード会社に連絡して遅滞なく必要手続きを行う

不正利用の有無に限らず、必ず警察や法人カード窓口に紛失の届け出を行ってください。

警察に届け出を行った際には紛失届(盗難届)という書類を提出しますが、コチラの書類を受領された場合には改めて法人カード窓口に連絡をしてください。

海外であれば現地の言葉がわからず不安にてしまう方もいるかも知れませんが、その際は法人カード窓口のオペレーターに対応してもらうなどしても良いです。

いずれにせよ遅滞なく警察に届け出を行い、紛失届(盗難届)を提出しなければ、不正利用があっても補償を受けられません

主要法人カード紛失・盗難連絡先

法人カードを紛失してしまった場合であっても、焦らずに確実に連絡を行ってください。

自分が所有する法人カードのもしものときの、連絡先を携帯電話に登録しておくなどしておけば良いです。

下記に主要法人カードの紛失した際のお問合せ先を記載いたしますので、もしものときには参考にください。

カード名 問い合わせ先 受付時間
オリコExGoldForBiz 【国内】0120-828-013
(0570-080-848)
【海外】(81)-11-700-2952
24時間365日
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 【国内】0570-064-107
【海外】国別によって異なります
24時間365日
ライフカードビジネス 【国内】0120-225331
【海外】(81)3-3431-1037
24時間365日
アメックス・ビジネス 【国内】0120-941760
(03-3220-6745)
【海外】国によって異なります
24時間365日※緊急時に限る
JCB card biz 【国内】0120-794-082
【海外】国によって異なります
24時間365日

まとめ

今回は法人カードの紛失についてお伝えしてきました。

もしも法人カードを紛失してしまったのであれば、遅滞なく自分の会社やカード会社、警察への届け出が必用です。

不正利用されてしまった場合には、補償を受けられますが紛失届や盗難届の提出が必要です。

もしも法人カードを紛失してしまっても焦らずに対処しましょう。