比較・ランキング
法人カードをポイント還元率で比較したい方必見!ランク別おすすめを紹介

ポイント還元率を徹底比較しておすすめの法人カードを紹介

クレジットカードを選ぶ基準として、ステータス性や充実した付帯サービスも人気がありますが、主に利用額に基づいて還元されるポイント還元も非常に重要視される方が多くなってきています。

特に、法人カードでは年間の利用額も大きくなるので通常よりも高いポイント還元率を実現しやすいでしょう。

今回は、そんな法人カードの還元率の基本的な情報から、ビジネスで効率よくポイント還元していく方法のご紹介、最後に各ランクごとに高ポイント還元でおすすめの法人カードをご紹介していきます。

法人カードの還元率についての基礎知識

まずは、法人カードの還元率について確認していきます。

基本的に個人向けのクレジットカードにあるポイント還元と仕組みは変わりません。ですが、念のためポイント還元の仕組みについて簡単にご紹介してみます。

法人カードのポイント還元率とは

法人カードのポイント還元率とは、「クレジットカード利用額に対してどの程度のポイントバックを得ることができるか」を示す割合のことです。

法人カードを利用して付与されるポイントが具体的にいくらになり、その率がどれくらいかを示しています。

似たような表現として、利用額に対して還元されるポイント割合を示す際に「ポイント付与率」がありますがこれらは同じ意味です。

また、法人カードのポイント還元率は基本的に0.2~0.5%程度が平均的なポイント還元率となっており、それ以上のポイント還元率になると高ポイント還元率の法人カードと言えます。

還元率は法人カードによって違う

作成を検討する際にお分かりになると思いますが、法人カードの還元率はクレジットカードによって大きく異なってます。

またポイント還元率意外にも、付帯するサービスや特典の内容も各クレジットカードによってそれぞれの違いや特徴があります。

その中でも法人カードの作成を検討する際に、ポイント還元率を比較して法人カードを探したいという方は注意していただきたい点があります。

法人カードの還元率としては0.1%~1.0%以上と幅が非常に広く、いざ法人カードを検討している時にどこまでのポイント還元率を選ぶべきかよく検討する必要があるからです。

というのも、例えばポイント還元率が5%の一番いい法人カードの選んだとしても、年会費が数万円という場合もあります。

一方で、ポイント還元率は2%程度ですが年会費が2,000円程度で済む法人カードがあった場合、どちらの法人カードがお得と考えるでしょうか。

こういう場合は、単純にポイント還元率が高い法人カードを選んでも年会費を考慮するとそこまで、コスパがよくない場合があるということがありえるからです。

他にも、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードといったように年会費の費用だけではなく付帯サービスの充実度、ステータス性も考慮した上で高ポイント還元のご自身に合う法人カードを選ぶことをおすすめいたします。

ポイント還元に関して、法人カードであれば利用額も大きくなりやすいのでポイントも貯めやすく、日々の経費の節減も効率的にお得に行うことができるようになるでしょう。

法人・ビジネスカードでポイント還元率を効率よく得る方法

それでは、ポイント還元率を意識して発行したいと考えている場合に、前もって法人カードを日々使いながら、さらに効率的にポイント還元を行っていく方法を確認していきます。

年間利用額がどれくらいになるか計算する

まず最初に考えておきたいのは、発行する法人カードで年間利用額がどのくらいになるのかということ。

この年間利用額で、どの程度のポイント還元が見込めるかがわかります。

それだけではなく、法人カードの種類によっては、前年度の年間利用額に応じて翌年度以降のポイント還元率が上昇する法人カードが存在します。

ご自身の想定で、一定以上の利用額になる場合は、過去の経費や出費額分析し、法人カードの利用額が年間でどれくらいになりそうかシミュレーションしてみることをおすすめします。

1年間の合計利用額をあらかじめ計算し、その利用額に適したポイント還元率を設定している法人カードを探すといいでしょう。

また、それ以外にも法人カードによっては年間利用額以外の条件でも還元率が変わるものがあります。法人カードを申し込む予定がある方は、こういった点も選び方の基準にするといいかもしれませんね。

支払いをできるだけ一つにまとめる

ビジネスを行う上で発生する日常の経費、特に交通費や水道光熱費というような、毎月のように固定で発生してくる費用はできるだけ1枚の法人カードで支払うようにしましょう。

それ以外でも、接待費や交際費、備品購入費なども出来る限り同じ法人カードで支払うと尚良いです。

つまり、ビジネス上で生じてくる費用についてはできる限り全てを同じ法人カード1枚で支払うと非常に効率よくポイント還元が行われます。

例えば、法人カードを利用できる経費の一例としては以下のものが挙げられます。

  • 備品や消耗品の購入
  • 光熱費
  • 交通費
  • 福利厚生費 
  • 法人税や地方税、消費税
  • 接待の飲食代、会議費
  • 出張時の旅費・宿泊費
  • 通信費
  • 図書新聞費
  • 研修費
  • 教育費

上記に挙げたようなビジネス上で発生する支払いを法人カード1枚にまとめることができれば、相当なポイント還元の恩恵を受けられます。

また、経営者の方がご本人だけでなく、社員に従業員カードを作成して所有させていた場合、各従業員カードのポイント還元を代表者に集約することが出来る法人カードがあるので、その場合はさらに高ポイント還元を目指せます。

申し込みキャンペーンをチェックする

いざ発行したい法人カードを決めても、すぐにお申し込みするのは早いかもしれません。

というのも、クレジットカード会社の中には、入会時に特典としてポイント還元やキャッシュバックを受けることができるような、入会特典キャンペーンを実施しているタイミングがあります。

クレジットカード会社の公式サイトからポイント還元キャンペーンについての情報が出ていないか、提携している法人カード情報サイトでキャッシュバックキャンペーンが実施されていないかなどもチェックして、一番お得な申し込み方法を見つけることをおすすめいたします。

何も知らずに申し込みキャンペーンを適用せずに入会してしまうのとでは、受けられる恩恵が大きく違うのでしっかりと確認しておくとよいでしょう。

しかも、入会キャンペーンで受けられる

例えば法人カードは、入会キャンペーンで申し込みをするとポイントバックキャッシュバックが受けられるもの、入会した年度に一定額以上の利用があれば、ボーナスポイントが付与されるといったキャンペーンがあります。

カード会社ごとに異なるキャンペーンを実施しており、また時期によって内容も違っているので、気になる法人カードのキャンペーンや割引情報をチェックしてみましょう。

ランク別還元率の高いおすすめ法人カード

一般カード:楽天ビジネスカード

年会費 2,000円+税
サブカード年会費 発行不可
ETCカード 無料
ポイント還元率 1%〜5%
申込資格 20歳以上の法人または個人事業主
限度額 300万円
旅行傷害保険 楽天プレミアムカードに対して補償
ショッピング補償 楽天プレミアムカードに対して補償
国際ブランド VISA

一般カードでは、こちらの楽天の法人カードが高ポイント還元でおすすめ。特に、基本ポイント還元率が1.0%なのは非常に注目です。

またこちらの法人カードを所有するということは個人向けの楽天プレミアムカードも持つことになるのですが、個人カードもかなり高ポイント還元を誇っています。

つまり、楽天の法人カードと個人カードを両方使うのであればクレジットカードの中でも最高レベルのポイント還元を受けられます。

そして、これら2枚のカードのポイント還元は合算して利用できるので、プライベートとビジネスで貯めたポイントを思う存分活用することができます。

ポイント還元はカードの利用額100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、100円単位で交換することになるので細かい金額が切り捨てになることもなく非常に効率よく貯められます。

ゴールドカード:オリコEX Gold for Biz

年会費 2,000円+税
サブカード年会費 無料/3枚まで
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.6%~1.1%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 最高300万円
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(自動付帯)、国内最高1,000万円(自動付帯)
ショッピング補償 最高100万円
国際ブランド VISA,Mastercard

オリコEX Gold for Bizは、ゴールドカードとしては非常に安い年会費の2,000円(税抜)で利用可能なのに、最低ポイント還元率が0.60%と他のゴールドカードと比較してもかなり高ポイント還元率を誇ります。

 基本的なポイント還元率は0.6%なのですが年間利用額に応じて最大ポイント還元率は1.1%まで上昇します

年間の利用額 ポイント還元率
50万円未満の場合 0.60%
50万円以上の場合 0.85%
100万円以上の場合 0.95%
200万円以上の場合 1.10%

これだけでも、法人カードをよく利用される予定の方にとてもメリットのあるポイント制度です。

それだけではなく、オリコモールを利用した買い物をすればポイント還元率が15%になるのも非常に大きな魅力でしょう。

それ以外でもAmazonや楽天のサービスを利用すれば、法人カードのポイント還元率+αでさらなるポイント還元があるので、非常にポイントが貯めやすくなっています。

プラチナカード:MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 20,000円+税
サブカード年会費 6,000円+税
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.5 〜 0.75 %
申込資格 原則として業歴3年以上、2期連続黒字決算の法人、個人事業主
限度額 50万円~500万円
旅行傷害保険 海外最高1億円(利用付帯)、国内最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間最高300万円
国際ブランド AMEX(アメックス)

基本的にプラチナカードとなると、付帯サービスや保険内容が豪華になってくる反面、ポイント還元率では一般カードやゴールドカードよりは見劣りしてくることが多いです。

そんな中、こちらのMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは入会初年度のポイント還元率が1.5倍になり、翌年度以降も年間利用額に応じてポイント還元率が高くなるためポイント還元されやすいのです。

特にファイブスターメンバーになっていて、年間利用額が100万円以上となる場合、ポイント還元率は最大で1.35%とプラチナカードではなかなかないポイント還元率になります。

もちろん、付帯サービスや特典内容はプラチナ法人カードにふさわしい内容であるため、ステータスの高いプラチナカードで質の高いサービスを受けつつも出来るだけポイントも効率よく貯めたい方におすすめの法人カードでしょう。