コーポレートカード
クレディセゾンの法人向け「UCコーポレートカード」について徹底解説!

クレディセゾンの法人向け「UCコーポレートカード」について徹底解説!

日本のクレジットカード会社であるクレディセゾンからは、法人向けのカードも数多く発行されています。その中でも大企業向けに発行されるのが「UCコーポレートカード」です。

コーポレートカードを導入することにより、経費精算業務の効率化に繋がります。クレディセゾンの発行するUCコーポレートカードは、ビジネスに活用できるサービスも多いところも魅力です。

今回は、クレディセゾンから発行されている「UCコーポレートカード」の特徴やサービスについて詳しく解説していきます。

クレディセゾンから発行される法人向けカード

クレディセゾンは、「セゾンカード」などを発行している日本のクレジットカード発行会社です。法人向けのカードとして、以下の法人カードを発行しています。

個人事業主・中小企業向け

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • UC法人カード

大企業向け

  • UCコーポレートカード

クレディセゾンが発行している法人向けカードのうち、大企業向けとされているのは「UCコーポレートカード」のみ。中小企業・個人事業主向けのものよりも追加カードを多く発行することを想定されており、その分限度額も増える傾向にあります。

コーポレートカードを発行して従業員に配布し、経費利用してもらうことで、経費の立替・精算する手間が削減できます。カードの利用明細を見れば誰が・いつ・どこでカードを使ったかも一目瞭然。コーポレートカードを導入すれば、経理担当者の負担削減にも繋がるのです。

多くの従業員には配布せず、法人代表者や役職者など限られた人員で利用する場合は、クレディセゾンの「UC法人カード」など中小企業向けのカードが向いています。会社の規模や利用シーンを考えて、どのカードを選ぶか検討してください。

クレディセゾン「UCコーポレートカード」の特徴

クレディセゾンが発行する、「UCコーポレートカード」の基本スペックは以下の通りです。

一般 ゴールド
年会費 個別設定
追加カード年会費 個別設定
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 なし
申込資格 大企業
限度額 個別設定
旅行傷害保険 なし 国内・国外:最高5,000万円
ショッピング保険 なし 年間300万円
国際ブランド VISA MasterCard

コーポレートカードの場合、大規模な利用が想定されているため年会費や限度額は定められていません。

ここからは、UCコーポレートカードの特徴やビジネスに役立つサービスについて解説していきます。

支払い方法は会社主債務・個人主債務の2通り

UCコーポレートカードの決済代金の支払い方法は、「会社主債務型」「個人主債務型」の2通りから選べます。

会社主債務型は、従業員の持っているカードの利用代金を全て合算して支払う方式です。口座振替もしくは銀行振込が選べます。全ての経費を一括で支払えるため、経費の管理が楽になります。

一方、個人主債務型は、カードを持っている従業員の個人が利用代金を支払う方式です。支払い方法は、口座振替のみとなっています。経費管理の手間はかかりますが、会社の経費を不正利用されるリスクを防げるメリットがあります。

ETCカードが利用できる

UCコーポレートカード会員は、年会費無料で何枚でもETCカードを追加発行できます。

ETCカードがあれば、高速道路の料金所で止まる必要がなく、スムーズに通過可能です。支払った料金はUCコーポレートカードの利用代金と同時支払いで、経費の管理も楽になるでしょう。

業務で車を利用する機会が多い企業は、ETCカードの利用も検討してみてください。

東海道・山陽新幹線の予約サービス

クレディセゾンでは、UCコーポレートカードにJR東海の「エクスプレス予約」機能が付帯された、「UCエクスプレスコーポレートカード」を申し込むことも可能です。

JR東海のエクスプレス予約は、東海道・山陽新幹線のチケット予約がインターネットからできるサービス。申込時に同時発行されるEX-ICカードを改札機にタッチすることで、チケットレスで新幹線に乗車できます。

エクスプレス予約をすれば、年末年始やGWなどの連休も含め、1年中お得な会員価格で指定席が予約できます。往復割引や早割などのさらにお得な商品もあり、出張時の交通費を各段に節約することができます。

海外出張・旅行で役に立つサービス

UCコーポレートカードには、海外出張や旅行で役に立つ様々なサービスが付帯されています。例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • グローバルWiFi:海外用レンタルWi-Fiが20%オフ
  • tabiデスク:国内・国外パッケージツアーの優待価格
  • JAL ONLINE:JALの航空券予約サービス
  • ANA@desk:ANAの航空券予約サービス
  • 海外アシスタントデスク:ホテルやレストラン等の予約、トラブル時の各種手配
  • UC海外なくしてもホっとライン:コーポレートカードの紛失・盗難専用ダイヤル

旅行や出張の手配が楽になるサービスのほか、優待価格で利用できるサービスもあり費用の削減に繋がります。会員向けのアシスタントデスクやカードの紛失・盗難ダイヤルも用意されているため、万が一のときにも安心できますね。

UC福利厚生サービス

リロクラブが運営する福利厚生サービスを、優待価格で利用できる特典です。入会金は無料、月会費も従業員の人数に応じて値引きされるため、福利厚生を導入する際のコスト削減に繋がります。

リロクラブの福利厚生には、ホテルなどの宿泊優待をはじめ、育児サービスや人間ドッグ、ハウスクリーニングの優待など暮らしに役立つサービスが用意されています。福利厚生の充実で、従業員の満足度を向上させることができるでしょう。

ゴールドコーポレートカード限定のサービス

クレディセゾンのUCコーポレートカードには、一般ランクとゴールドランクのカードが用意されています。ゴールドコーポレートカードは、旅行傷害保険やショッピング保障保険、空港ラウンジサービスなどが付帯され、より充実したものになっています。

クレディセゾンのゴールドコーポレートカードのみに付帯するサービスについて解説します。

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険

ゴールドコーポレートカードには、出張や旅行で必ず必要な旅行傷害保険が付帯されています。

海外でのトラブルには最高5000万円の補償が自動付帯。さらに国内旅行においてもカードを使って宿泊費や交通費などを支払っていれば、最高5000万円の補償が受けられます。

海外出張でケガや病気などのトラブルにあったとき、高額な医療費が必要になる可能性があります。トラブルに備えるために掛け捨ての旅行保険を用意しなければなりませんが、クレディセゾンのUCゴールドコーポレートカードがあれば、保険を用意する必要もありません。

年間300万円のショッピング補償保険

ゴールドコーポレートカードで購入した商品の破損・盗難などによる損害を、年間300万円まで補償してくれるのがショッピング補償保険です。

補償日は購入日より90日間。1回につき自己負担額の1万円を除いた額を全額補償してくれます。

空港ラウンジサービス

空港での長い待ち時間に役立つ、空港ラウンジサービスも付帯されています。

クレディセゾンのゴールドコーポレートカードで利用できるのは、国内の主要空港40カ所のラウンジと、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジ。(2021年3月時点)コーポレートカードと航空券を提示するだけで、無料でラウンジへの入場ができます。

空港ラウンジには、無料のドリンクやWi-Fi、シャワー、雑誌などが完備されているところもあり、出張・旅行での待ち時間をゆったりと過ごせる魅力的なサービスです。

まとめ

クレディセゾンが発行している大企業向けの法人カードは、「UCコーポレートカード」のみです。UCコーポレートカードにはビジネスに役立つサービスが付帯されており、導入することで業務効率化に貢献してくれるでしょう。ゴールドカードであれば、旅行傷害保険や空港ラウンジなどさらに役立つサービスも利用できます。

自社の規模や利用用途に合わせて、ぴったりの法人カードを選んでみてください。