コーポレートカード
コーポレートカードの海外旅行保険の補償内容や付帯について解説!

出張の際に便利なコーポレートカードの海外旅行保険を解説

コーポレートカードには、海外旅行保険保険がついていることをご存知でしょうか?海外旅行保険について知っていることで、海外での傷害などのトラブルにも焦らずに対応できます。

そこで、この記事ではコーポレートカードの海外旅行保険について紹介します。是非参考にして、もしものときに有効利用できるように備えておきましょう。

コーポレートカードの海外旅行保険とは?

コーポレートカードには、海外旅行保険が備わっていることが多いです。この保険は、海外で起こった傷害・疾病に関する補償をするものや損害賠償が発生した際に、補償してくれるような保険です。

保険に加入する手続きがいらないので、加入者にとって負担が少ないのも嬉しいポイント。また、プライベートにも活用できるため、海外に行くときには、持っていると安心な法人カードです。

クレジットカードの補償内容

コーポレートカードの海外旅行保険の補償内容が気になる方も多いでしょう。そこで、ここからは補償内容について詳しく紹介します。

コーポレートカードの海外旅行保険の補償内容

コーポレートカードの海外旅行保険の補償内容について一覧表にしたので、御覧ください。

保険の種類 金額 内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 旅行中の傷害などが原因で死亡または後遺症が生じた場合
傷害治療費用 300万円限度 旅行中の傷害などで病院の医師の治療を受けた場合
疾病治療費用 300万円限度 旅行中に発病し、医師の治療を受けた場合
賠償責任 5,000万円限度 旅行中に誤って他人を怪我させてしまったり、他人の物を壊してしまった場合
携行品損害 50万円限度 旅行中身の回りのものが壊れたり、盗まれたりした場合
救援者費用 400万円限度 事故により、保険契約者や親族が負担した場合

コーポレートカードによっては、補償内容に大きく違いが出ることもあります。補償内容はコーポレートカード発行会社のHPに必ず載っています。トラベル前にはチェックして、しっかり補償されているか確認してください。

比較するときのポイント

コーポレートカードの海外旅行保険は、法人カード発行会社によって傷害などの補償内容に違いがあることを前述しました。では、比較するときは、どこをポイントに比較すればいいのでしょうか。

以下の3点を基準にしてコーポレートカードの海外旅行保険を選んでみましょう。

コーポレートカード海外旅行保険の付帯の条件を見る

まずは、海外旅行保険のクレジットカード付帯の条件を見るようにしてください。付帯の条件は大きく分けて2つあります。

  • 利用付帯
  • 自動付帯

利用付帯とは、コーポレートカード会社が指定している条件をクリアすることによって初めて、海外旅行保険が付帯されることです。

指定している条件は、「コーポレートカードで交通費の支払いを済ませること」を挙げているクレジットカード会社が多いです。条件を知っていないと、いざというときに海外旅行保険が利用できない可能性もあります。

自動付帯とは、コーポレートカードを持って海外旅行保険に行くだけで傷害などが起こったときに補償してくれることです。

そのため、出張前に条件を気にする必要がありません。財布にコーポレートカードを入れておくだけでも効果があるため、利用付帯で加入を忘れそうな方にはピッタリでしょう。

コーポレートカードの海外旅行保険で選ぶ場合には、自動付帯の法人カードを選ぶのがおすすめです。

コーポレートカード海外旅行保険の補償期間を見る

次にコーポレートカード海外旅行保険の補償期間を確認しておきましょう。海外旅行保険には、保険が適用される補償期間が設定されています。補償期間を過ぎてしまうと、保険適用とならず、保険金が下りないことがあるため、注意が必要です。

補償期間は3ヶ月と設定されている法人カードがほとんどです。しかし、中には期間が短いものもあるため、きちんと案内を確認する必要があります。

コーポレートカード海外旅行保険の家族特約を見る

コーポレートカード海外旅行保険は、通常本人しか補償してもらうことができません。しかし、家族特約が付いていると、コーポレートカードの会員以外も補償してもらうことができます。対象者は以下の3つ。

  • 本人会員の配偶者
  • 本人会員の同居する両親
  • 本人会員と生計をともにする未婚の子供

家族特約が付いていると、保険に入る負担を減らすことができるため、家族での海外旅行の準備もスムーズに進みます。

プライベートの家族旅行に行く場合には、海外旅行保険を利用する可能性もあるので、家族特約が付いているか確認してください。もしも、補償金額など詳しく知りたい場合には、各コーポレートカード会社のデスクに問い合わせしましょう。

傷害が起こったときの利用方法

コーポレートカード海外旅行保険を傷害が起きたときに利用する場合、利用方法を抑えておかなければ、意味がありません。以下では、ダイナース・クラブを例に、利用方法について紹介します。

  1. 事故が発生したタイミングでサポートデスクに電話する
  2. サポートデスクに電話する
  3. 必要な書類の準備
  4. 書類を送付して保険金が下りるのを待つ

事故や傷害が起こった場合には、コーポレートカードの保険サポートデスクに連絡する必要があります。そのため、事前に控えておくと、当日もスムーズに連絡することが可能です。

準備する書類は、事故証明書や医師の診断書、治療費明細書などです。病院でもらった場合には、捨てずにすべて取っておいてください。

有料保険に加入するのもおすすめ

コーポレートカード発行会社の中には、有料保険を提供している会社もあります。ここからは、有料保険について詳しく紹介します。

コーポレートカードの有料保険とは?

コーポレートカードのり有料保険とは、お金を支払い、補償してもらう保険です。そのため、毎月または、年間でお金がかかってしまうため、注意が必要です。

有料保険の特徴は、保険の種類の多さです。トラベル以外にもさまざまな面で補償してもらえます。以下で主な保険の種類について解説していきます。

コーポレートカード有料保険の種類

ここからは、コーポレートカードの有料保険の種類について解説していきます。

  • 医療保険
  • がん保険
  • 死亡保険
  • 旅行保険
  • 自動車保険
  • 火災・地震保険
  • ペット保険

上記の保険を選ぶことができます。プライベートやペットの保険も用意されているので、大切な家族にお金を残すことも可能です。

まだ保険に入っていない方や、将来の不安に備えたい方には、おすすめの保険です。コーポレートカード会社によっては、有料保険の用意をしていないこともあります。事前に当該するデスクに問い合わせをしてみましょう。

まとめ:コーポレートカードの海外旅行保険でもしものときに備えよう!

今回は、コーポレートカード海外旅行保険について解説しました。コーポレートカードの海外旅行保険は、出張やプライベートでの傷害トラブルに備えられる利用価値がある保険です。

コーポレートカード会社によって、保険内容はさまざまです。また、補償期間や付帯、補償金額にも違いがあります。そのため、コーポレートカード利用案内を受ける前に保険はしっかり確認しておく必要があります。

もしも傷害などのトラブルに巻き込まれた場合には、利用方法を参考にしてみてください。また、トラベル以外の保険の検討もしている場合は、有料保険の加入がおすすめです。

コーポレートカードは国内旅行保険もあります。補償内容・金額は違いますが、国内に旅行に行くときはチェックしましょう。