基礎知識
ANAマイルはお得?マイルで行ける旅行先とお勧めビジネスカード!

ANAマイルはお得?マイルで行ける旅行先とお勧めビジネスカード!

ANAマイルはお得?マイルで行ける旅行先とお勧めビジネスカード!

法人のビジネスカードを持てば旅行に行くのにお得になるの?ANAマイルが貯まりやすいおすすめのビジネスカードは?ANAマイルを貯めてもそんなに遠くに行けないんじゃない?

上記のような疑問をお持ちの方にこの記事は非常におすすめです。

この記事は約5分で読むことができます
※こちらの記事を読み終わる頃にはANAマイルを将来的にどれぐらい貯めればどこまで旅行に行けるのか、最速でマイルを貯める方法はどのような方法なのかを理解することができます。
特に法人の方でビジネスカードを検討されている方、法人向けビジネスカードで溜まったポイントをANAマイルに還元して旅行したい方におすすめです。
またこちらのANAマイル以外の目的でビジネスカードをお探しの方はこちらの記事をご覧ください

実際ANAマイルはお得なのか

ANAマイルに還元できるビジネスカードと言えば、セゾンのプラチナビジネスカード、amex発行のビジネスカード、jcbビジネスカード、ANAのプロパービジネスカードなどが有名ですよね。どのカードが結果的にお得になるのでしょうか。

実際にANAマイルを還元してビジネスカードのポイントだけで旅行するのはどのビジネスカードが1番お得なのか他社と比べたりして見ました。

気になる方は下記の記事にて説明しているので確認してください。

ANAの法人カードはマイルが貯まる!法人向け3種類のカードを比較

その結果ANAマイルは法人であればANAのコーポレートカード・ビジネスカード、個人であればANAのクレジットカードが1番お得になる事が分かりました。

こちらは法人のビジネスカード1枚で、ANAマイルに還元できるポイントを貯めることが可能となっています。

※ビジネスカードを使用し貯めたポイントはANAマイルだけでなくいろいろな商品に変換することが可能です。また保険などの特典も付帯していますので申し込み前に必ず確認しましょう。

しかし、「ANAグループ」では200円につき1ポイント、「ANAカードマイルプラス加盟店」では100円につき1ANAマイルが上乗せされます。

1000ポイント=1000マイルの換算で、いつでも交換できます。年間移行可能ポイント数の制限はありません。

※法人向けビジネスカードには還元率というのがあり、還元率が1番高ければビジネスカードを使用した際に使用金額あたりの獲得ポイントが高く、ビジネスカードを使用するのがお得になっています。

こちらアメックスの個人カードなどでは交換ANAマイル数に上限があるので気をつけてください。

結果他社の空港会社と比べてみると、ANAマイルを取り扱うブランドが非常に多い上でポイントを貯めやすいのでお得だと言えるでしょう。

※無料で発行できるビジネスカードよりも年会費がかかるビジネスカードの方がポイントの還元率が高いことがほとんどです。

特に法人が使用するビジネスカードであれば経費で決済してポイントを貯めることが可能であり、そのポイントをANAマイルに還元することが可能なのでとても便利ですね!

ビジネスカードでANAマイルをどれぐらい貯めればいいの?

次に必要なANAマイル数について調査していきたいと思います。

※jalマイルとは別の計算なので注意してださい。

まず必要なANAマイル数は時期によって変動する仕組みになっているのでまずこちらを解説していきます。

こちらのマイル表は個人でも法人でも変わらないのでご安心ください。

シーズンに応じてANAマイルが変更される

ビジネスカードを使用し貯まったANAマイルは使用する際、必要なマイル数が基本的に時期によって変動していきます。

※ビジネスカードにて貯まったポイントをANAマイルに変換する必要があります。

航空券を予約する時にも基本的には『ローシーズン』『レギュラーシーズン』『ハイシーズン』3つのシーズンに分かれます。

基本的にはローシーズンがお客様が少ない時期、ハイシーズンがお客様が多い時に当たります。なので使用する時期をよく考えて使うことによりとてもお得に航空券よマイルで予約することが可能です。

法人のお客様は出張などをコントロールできるのでビジネスカードで貯めたポイントを使用し経費をできるだけ節約していきましょう。

ローシーズン

こちらはANA公式に添付されているANAマイル表になっています。

下記がローシーズンです。

期間を見ると1月-2月,4月,12月が旅行するのにはとてもお得な期間となっています。

法人での会社出張であればあえて出張の時期をローシーズンに設定することで経費の節約にもなるのでポイントです!

レギュラーシーズン

次にレギュラーシーズンです

期間を見ると3月上旬,5月-8月, 8月下旬から11月レギュラーシーズンとなっています。

この期間は通常の値段での旅行が可能です。コストを抑えるのであればローシーズンに有給を貯めておいて一気に旅行するのもいいかもしれませんね。

ハイシーズン

次にハイシーズンです

期間を見ると年末年始,3月中旬から下旬、ゴールデンウィーク,お盆休みハイシーズンとなっています。

※この期間が大体ハイシーズンになるので予め少し前に有給を入れて旅行先に早めについておくのがベストかもしれません。

法人の方はこの時期に沢山の社員出張をスケジュールすると交通費がとても多くなってしまいます。

1区間(片道)の必要マイルはどのくらいなのか

次に片道の旅行に必要なANAマイル数を計算していきましょう。

下記がANA公式ページのマイルチャートになっています。

国内旅行ANAマイルチャート

こちらの表の数字を下記のグラフに当てはめていくような形になっています。

上のグラフにある0-300マイル区間はこちらです。

左が出発する空港になっています。こちら右の空港へ行くのに0-300マイルの距離と言うことになります。

※マイルとは日本語でkmのようなもの。

例えばローシーズンに東京から秋田に行くとすると5,000ANAマイル必要と言うことになります。

その他の区間は下記のようになります。

このようにしてANAマイル計算をしていきます。

海外旅行ANAマイルチャート

海外旅行のANAマイルの仕組みは凄く情報量が多いので今回は省略させていただきます。

ANAの海外マイル公式サイトを見ていただければ先程の順序でマイルを割り当てれば見ることが可能です。

下記のゾーンの仕組みだけ少し違うので紹介させていただきます。

 

日本と海外では飛行機を利用する利用者の需要が時期によって少し違うのでゾーン区分によりシーズンを分けています。

ゾーンを確認することでローシーズンなどのシーズン期間が少し異なっているのことがわかりますので是非公式サイトをご覧ください。

ANA海外マイル確認サイト

その後マイルを貯めるのに損しない方法をご紹介させていただきます。

※海外出張が多い法人の方は是非この機会にANAマイルが貯まるビジネスカードを作成しておきましょう。(ビジネスカードの種類によってANAマイルに変換する際、必要なポイント数が違うのでビジネスカードの特典をしっかり読んでから加入しましょう)

マイルを貯めるのにお勧めの方法

ANAマイルを貯めるのにお勧めの方法があります。

それが法人向けのビジネスカード作成によりANAマイルを貯めることです。

アメックスのクレジットカードが一般的にお勧めされていますが、アメックスの法人プロパーカードよりもANAマイルが貯まりやすいビジネスカードがあります。

もちろんアメックスの法人向けビジネスカードにはその他の追加特典が多数あるので、バランスを考えながら選択してください。

アメックスの法人カードのメリットや種類を解説!審査は誰が対象?

※アメックスのプロパーカードとはアメリカンエキスプレスがオリジナルで発行しているカードの事を指します。ビジネスカードや個人カードなどのカード種類は関係ないです。

こちらが1番効率がいいでしょう。ただしクレジットカード作成によってANAマイルを貯める事によるデメリットもあるので紹介します。

クレジットカードでマイルを貯めることによるデメリット

クレジットカードでマイルを貯めることによるデメリットは大きく分けて下記の2点です。

・年会費がかかってします。

・ビジネスカードを使用しないとマイルが貯まらない為経費や出費が多くなってしまう場合がある。

こちら2点がデメリットです。

年会費がかかってしまう。

ANAマイルが多く貯めることができるビジネスカードには大体年会費がかかっています。

なのでANAマイルが多く貯まるからこのビジネスカードにしようと加入した後に気づけばこんなに年会費を払ってしまっていた。。なんてこともあるので必ず年会費を確認してからビジネスカードを発行するようにしましょう。

ビジネスカードを使用しないとマイルが貯まらない為経費や出費が多くなってしまう

クレジットカードでマイルを貯めようとすると、あと何円使えば何マイル貯まるなどの計算ができるようになってくるため、行きたい国などに行くにはあと何円などの思考に陥りがちです。

しかし、気づけば思っていたより経費を使ってしまった。などの予期せぬトラブルがあるので気をつけましょう。

ANAマイルを貯めるのにおすすめのビジネスカードは?

ANAマイルを貯めるのにお勧めのクレジットカードは一点だけです。

ただし、マイルにあまり興味がない方などにはお勧めではないので注意しましょう。

ANAコーポレートカードがおすすめ

マイルとは各航空会社が運用しているマイレージサービスで貯まるポイントで、飛行機の搭乗で貯めるのが一般的です。

ANAコーポレートカードを使えば、飛行機の搭乗だけでなくいろいろなシーンでANAマイルがどんどん貯まります。

こちらのカードにてマイルを貯める方法は、以下のような様々なパターンがあります。

フライトでマイルが貯まる

飛行機に搭乗することで、搭乗距離に応じてフライトマイルが貯まります。

ANAコーポレートカード(法人カード)を持っている場合、カードのランクに応じてさらにボーナスANAマイルが加算されます。

ランクごとに貯まるボーナスマイルは、以下の通りです。

・一般カード:区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

・ワイド・ワイドゴールドカード:区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

入会時・継続時のボーナスマイル

ANAコーポレートカード(法人カード)では、入会時や毎年のカード更新の際にも、ボーナスマイルを受け取ることができます。

※こちらはポイントではないので注意してください

ランクごとの入会・更新時にもらえるボーナスマイルは以下の通りです。

・一般カード:1,000マイル

・ワイド・ワイドゴールドカード:2,000マイル

これだけでなく、入会キャンペーンでさらにANAマイルがプレゼントされることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ANA@deskで航空券を予約購入する

「ANA@desk」はインターネットから航空券予約ができる、法人向けのインターネット出張手配システムです。

割引運賃が適用されるため出張コストを抑えられるほか、管理者が出張内容をチェックできる便利なシステムとなっています。

ANA@deskで航空券を予約して、ANAコーポレートカードで発券すると利用金額に応じて「100円(税込)=1マイル」が自動で貯まります。

ANAカードマイルプラス加盟店でカードを利用

ワイドゴールドカードの場合、ANAカードマイルプラス加盟店でカードを利用することでもマイルを貯めることが可能です。

ANAカードマイルプラスとは、対象店舗で買い物をした際にクレジットカード会社のポイントとは別にマイルが貯まる仕組みです。

空港内の施設やお土産店、ホテルだけでなく、百貨店やレストラン、レジャー施設など日常で使うお店でもマイルが貯まるのが嬉しいポイントです。

やはり、ANA公式が出しているカードが1番マイルが貯まりやすく絶対にお勧めしたいカードです。

まとめとその他おすすめの法人向けビジネスカード

いかがでしたでしょうか。

今回はANAマイルの計算方法とどのクレジットカードが1番マイルが貯まりやすいのかをご紹介させていただきました。

その他の法人向けビジネスカードのおすすめはこちらの記事をご覧ください。

【2022年最新】ポイント還元率が良い法人カードおすすめランキング

高い還元率法人カードをお探しの方、ビジネスカードのステータスの違いを比較されたい方はこちらの記事をご覧ください

最強ビジネス・法人カードを徹底比較【ポイント還元率・年会費・ステータス】

その他セゾンプラチナビジネスカードのような高ステータスなカードをお求めの方はこちら

【セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス】ビジネス・法人カード詳細を徹底解説

【アメックス】セゾンプラチナ・ビジネスカード 特典・優待・補償が充実