比較・ランキング
ANAのマイルが貯めやすい法人カードは?おすすめカードを比較してご紹介!

ANAのマイルが貯めやすい法人カード3選をご紹介

日々の経費支出が多い経営者や個人事業主の方の中には、法人カードで支払う方が多いです。

その法人カードによる経費の支払いでANAマイルが貯めたい方も少なくありません。

経営者や個人事業主の方で仕事の出張が多い方、中でも利用する航空会社をANAに統一して効率的にマイルを貯めたい方にとってどの法人カードがおすすめなのでしょうか?

基本的に経費の支出は個人の支出より金額も大きくなる傾向にあるため、経費でマイルを貯めればお得になります。

マイルを効率的に貯めたい方には消費税が上がり、クレジットカードの還元率の上がるこのタイミングで、経費の支払いに法人カードを使用することをおすすめします。

また、貯まったANAマイルを次回以降のフライト費用に充てていけば経費削減にも繋がります。

こちらのページでは、ANAのマイルが貯まる仕組みやANAマイルが貯まりやすいおすすめの法人カードなどについて解説していきます。

ANAマイルを法人カードで貯めていく方法

まず、ANAマイルをどのように貯められるのかについて確認していきます。

ANAマイルは主に、ANAの航空便や提携航空会社の利用、それ以外にも提携ホテルやレストランなどANA関連、系列のサービスを利用することで貯まります。

より具体的に、航空便の利用がどういった流れでマイルを貯めて行けるのか、ANAマイルの使い方、貯まる仕組みについて説明していきます。詳しく見ていきましょう。

ANAのフライトでマイルを貯められる

最もイメージしやすいマイルの貯め方が国内線・国際線・提携航空会社のフライトを利用することで飛行距離に応じたマイルが貯める方法です。

チケットの座席種類やどのランクのANAマイレージカードを持っているかなどの様々な要因によって各人のANAマイルの還元率が異なってきます。

具体的なANA便を利用した際のマイル積算条件は下記です。

国内線・国際線フライトマイル 搭乗区間基本マイレージ×運賃種別ごとの積算率
運賃種別ごとの積算率 国内線50~150%、国際線30~150%

もし、ビジネス出張の際に必要な航空券の支払いをANA法人カードで行った場合、法人カードの種類によって10~50%の搭乗ボーナスマイルが付与されます。

また、航空会社の航空便利用はANAだけではなく、海外の提携航空会社もANAマイルの対象になる場合があります。

例えば、ユナイテッド航空といったスターアライアンス加盟航空会社、その他の提携航空会社の利用でもANAマイルが貯まります。

このように、ANAマイルは航空便の利用で大きなマイルを貯めることが可能。特に長距離のフライトではマイル一気に貯められるので、必ずマイルをゲットしたいところ。

ANAと提携している他の航空会社のフライトで貯めることができるので、ビジネスの出張で海外・国内問わず飛行機を頻繁に利用される方にとっては所持したくなる法人カードと言えるかもしれません。

ANA系列のサービス利用でマイルが貯められる

基本的に、「ANAマイレージは航空便の利用に応じてポイントを貯めることが出来る」というのを基本として生まれたサービスです。

ですが、時代の流れとともに様々な用途で貯められたり利用できるポイント制度が生まれてくる中で、ANAマイルも様々な方法でマイルを貯められるようになりました。

具体的には下記のような方法でマイルを貯められるようにしています。

  • ホテルやレストランといったのANA系列のサービス利用
  • ANAマイレージモール経由でのネットショッピング利用
  • 空港や店舗にある提携店の利用
  • 銀行の口座開設(新生銀行・スルガ銀行)
  • ANAカードをはじめとしたクレジットカードのポイント
  • 提携ポイントからの交換(メトロポイント、nanacoポイントなど)

特に、法人カードでの支払いをANAマイルの貯められるカードに集約することで、日々の支出である経費でたくさんANAマイルを貯めるためることができます

ANAマイルを貯める一般的なイメージは航空便を利用することによるマイル獲得ですが、現在はそれ以外でも貯める方法がたくさんあるため、支出の多くなる法人カードとANAのマイルは相性が良いという点をおさえておくと良いでしょう。

同名義の法人カードとANAマイレージカードを用意する

法人カードでANAマイルを貯めるための条件として、「ANAマイルが貯まる法人カード」もしくは「獲得ポイントをANAマイルに移行可能な法人カード」を所持していて、実際に支払いの際に利用することが必要です。

また、ポイントからANAマイルへの移行には、法人クレジットカードとANAマイレージカードの名義人が同じでなければなりません。

ANAマイルに対応している法人カードの具体例をみていきます。

ANAマイルが貯まるカード ANA JCB法人カード、ANAダイナースコーポレートカード
ポイントをANAマイルに移行可能なカード アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード EX Gold for Biz M 楽天ビジネスカード など

ANAマイレージカードと同一名義の法人カードであれば、ANAマイルを貯められるのですが、法人カードは他にも年会費や付帯サービスといった選ぶ基準がありますのでマイルの優先度によって選ぶべき法人カードが変わってきます。

ANAマイルを法人クレジットカードに貯めるメリット

法人カードでマイルを貯める最大のメリットとしては、個人クレジットカードに比べて利用額が大きいためマイルが貯まりやすい点でしょう。

基本的に経費の支払いに使うクレジットカードなので、個人利用の支出金額より高額になることが多いと考えられます。

ただし、いくら法人カードの利用額が高額であったとしてもマイルの付与率やポイントからの交換率が低いとメリットが少なくなります。

それ以外でも、ANAダイナースコーポレートカードは交換率は他の返還率の高い法人カードと同じくらい高くても、その分年会費が高いカードも存在します。

法人カードで効率よくANAマイルを貯めたいのであれば、可能な限り年会費を抑えつつマイル付与率やマイルへの交換率が高い法人カードを選ぶのがおすすめです。

ANAマイルのお得な利用用途

法人カード利用によって貯めたANAマイルは、航空券やANAのサービスで利用することが出来ます。

マイルの具体的な利用用途は下記になります。

  • ANA国内線特典航空券(片道5,000マイル~、往復10,000マイル~)
  • ANA国際線特典航空券(往復12,000マイル~)
  • ANA国際線アップグレード特典
  • 提携航空会社特典航空券
  • スターアライアンスアップグレード特典
  • ANA利用券への交換
  • 提携パートナーホテルで使える各種クーポン券への交換
  • 提携ポイント(スターバックスカード、楽天Edyなど)への交換 など

以上が主な利用用途になります。

それ以外のマイルの利用方法についての詳細情報はANAの公式サイトでご確認ください。

航空券以外にも交換可能なサービスの種類がとても多く、飛行機に乗る機会が少ない人であっても有効活用できる点はANAマイルの大きなメリットです。

普段ANAを使わない人が提携している法人カードを所持していて、マイルを他の提携ポイントへ交換することも可能なのですが、変換すると利率が減るため上記にあるようなANAのサービスで利用するのが最もお得となっています。

ANAマイルの貯めやすい法人カードの選び方

法人カードの利用でANAマイルを効率的に貯めたい経営者や個人事業主の方が選ぶべき法人カードを選ぶ方法を考えてみます。

「直接マイル還元」もしくは「ポイントをANAマイルに還元」を選ぶ

マイルの高還元率法人カード

  • ANAとクレジットカード会社の提携した法人カード
  • 高ポイント還元の法人カード

様々ある法人カードの中で、ANAマイルをためるのに適した法人カードは、利用に応じて直接ANAマイルに還元してくれる法人カードが最も高還元のことが多いです。

もしくは、法人カードの利用で還元されたポイントをANAマイルに変換できる法人カードの2パターンになります。

マイルの還元率の比較

法人カードのマイル還元率は、カードの種類や国際ブランドによって異なります。国際ブランドが同じであっても発行会社が異なるとマイル還元率も異なる場合があります。

ANA JCB法人カード(普通カード・ワイドカードは年間移行手数料5,000円(税別)) 1%
ANAダイナースコーポレートカード 1%
アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード 1%(メンバーシップ・リワード・プラスに登録済み)、0.5%(メンバーシップ・リワード・プラスに未登録)
オリコ EX Gold for Biz M 0.3%
楽天ビジネスカード 0.5%
三井住友forOwners 0.3%

このように法人カードのANAマイル還元率は、カードの種類によって0.3~1.0%と幅があります。付帯サービスの違いもあるので、次の項で比較していきます。

ANAマイルの貯めやすい法人カード3選

ANA 法人ワイドカード

年会費 JCB:11,750円(税別)   Visa/Master:12,250円(税別) ※追加カード400円(税別)
サブカード年会費 JCB:750円(税別)  Visa/Master:400円(税別)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
申込資格 法人経営者、個人事業主 ※18歳以上が対象
限度額 10万〜100万円
旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 (海外のみ)100万円まで
国際ブランド JCB/Visa/mastercard
  • 入会ボーナスマイル:2,000マイル
  • 継続ボーナスマイル:2,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%

ANAマイルが貯めやすい法人カードの中で、非常に高いスペックを持っているのが、こちらの「ANA法人ワイドカード」。

法人カードとして券面は一般カードですが、付帯している特典、スペック自体はゴールドカードと同等のポテンシャルを持っています。

中でも、一般カードにも関わらずANAを利用した旅行や出張などの付帯サービスは、あなたのビジネスシーンを大きく手助けし飛躍させるでしょう。

この法人カードはANAが提携するマイレージに特化した法人カードですので、マイルが貯まりやすい法人カードをお探しの方には非常にオススメです。

こちらのカードは入会した時、継続して利用し続けた場合、航空便を利用した時にそれぞれボーナスマイルが発生するので、非常にお得です。

そのため、ANAの航空便を頻繁に利用する方にとって最適の1枚なのでご検討いただくと良いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費 31,000円+税
サブカード年会費 12,000円+税
ETCカード年会費 500円+税
ポイント還元率 0.3%〜1.0%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 個別に設定
旅行傷害保険 海外:最高1億円 国内:最高5,000万円
ショッピング保険 最高500万円
国際ブランド AMEX(アメックス)

先ほどのANAマイレージに特化した法人カードではなく、法人カードとして総合的に人気のある一枚をご紹介します。

法人カードとして総合的に人気が高いだけあって、ステータスもありながらマイルも貯めやすいです。

こちらの法人カードはANA以外でも交換可能なマイルの種類が多く、様々航空会社のマイルを貯めている人にもおすすめ。

  • 100円利用ごとにメンバーシップリワード1ポイント貯まる
  • 貯まったポイントはメンバーシップ・リワード・プラスへ登録すると1,000ポイント=1,000マイルで交換可能(年間参加費3,000円(税別))
  • 未登録の場合2,000ポイント=1,000マイル
  • ANAやデルタ航空をはじめ全15航空会社のマイルへ移行できる

また、アメックスのゴールドカードというだけあって、他の一般カードには付帯しないような特別なサービスがついているので一部をご紹介します。

  • 空港ラウンジの利用
  • 無料ポーターサービス
  • キャンセル・プロテクション
  • 返品補償
  • ゴルフ関連サービス
  • ライフサポート・サービス「クラブオフ」
  • ビジネス・ダイニング

日々の経費支出でANAマイルも貯められるだけでなくゴールドカードならではの充実した付帯サービスが利用できます。

通常よりも、ANAをはじめとした航空会社のマイルを貯めつつも充実した付帯サービス、ステータスのある法人カードを所有したい方におすすめの一枚でしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

年会費 1,250円+税
サブカード年会費 400円+税(2名から1名につき 初年度年会費無料)
ETCカード年会費 500円+税(前年に利用が一度でもあれば翌年無料)
ポイント還元率 0.5%〜2.5%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 原則10~150万円
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング補償 年間100万円まで海外での利用のみ対象
国際ブランド VISA、Mastercard

最後にご紹介するのは、三井住友系の信頼がおける法人カード「三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)」。

他の2枚と比較してマイル還元率は低いですが、法人カードの年会費無料でANAマイルを貯めることが可能です。

他の2枚の法人カードのようにある程度の年会費を支払って利用したくない、カード年会費を極力抑えてマイルを貯めたい方におすすめの法人カード。

ポイントやマイルの還元率とビジネスに役立つサービスが付帯しています。

  • VISAカードのポイントプログラムであるワールドプレゼントポイントが1,000円利用ごとに1ポイント付与。
  • マイル還元率0.3%(1ポイント=3マイル)
  • ビジネスサポートサービス

今回はANAマイルが貯めやすいおすすめの法人カードを紹介しました。こちらで紹介したように、マイルを貯める法人カードにはマイルに特化したカードだけでなく、サービスの充実さ、年会費の安さなど、様々あります。

安易に決めず、あなたにあった法人カードを選択されると良いでしょう、