コーポレートカード
クレヒスと会社のコーポレートカードの審査の関係について解説!

社員が発行するコーポレートカードはクレヒスが審査に影響する?

会社でコーポレートカードを申し込むことになった際、審査に通過するか不安に感じる人もいるでしょう。

一般的に、クレジットカードの審査ではクレヒスと呼ばれるものがチェックされ、クレヒスが悪い状態だと審査の通過率が下がります。しかし、会社で申し込むコーポレートカードには個人のクレヒスが関わるケースと、そうでないケースが存在するのです。

どのようなケースで個人のクレヒスが関わるのか分かれば、安心してコーポレートカードを申し込むことができるでしょう。

この記事では、クレヒスとはなんなのかという基礎的なところから、コーポレートカードとクレヒスの関係について解説していきます。

クレヒスとはクレジットカードの利用履歴のこと

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、クレジットカードやローンの契約内容や取引履歴のことです。クレヒスは、カード会社や銀行などの金融機関が加盟する「個人信用情報機関」に登録され、ほぼ全ての金融機関で共有がされます。

個人がクレジットカードを申し込んだ際、カード会社はその人のクレヒスを照会した上で入会審査を行うため、クレヒスの良し悪しは審査に通過するかの重要なポイントです。

例えば、クレジットカードやローンを延滞なく返済しているなど良いクレヒスがあればカードの審査には良い影響を与えます。一方で、支払いの延滞の経験など悪い情報があった場合、審査に通りにくくなってしまうのです。

特に、長期間の延滞や任意整理・自己破産といった法的手続きなどは金融事故情報として重要視され、クレジットカードの審査に通るのが難しくなります。これが、いわゆる「ブラックリストに載っている」という状態です。

一般的に、ブラックリストに載っていると最低5年間はクレジットカードを作れなくなるといわれていますが、金融事故が起きてから5年~10年ほどたてば事故情報は削除されます。

自分のクレヒスは、個人信用情報機関に開示請求をすれば確認可能です。もし過去に延滞などをしたことがあり、クレヒスに不安がある人はコーポレートカードの申し込み前に確認してみると良いでしょう。

コーポレートカードにおける審査のポイントは「決済方法」

コーポレートカードとは、大企業向けの社員向けに発行されるクレジットカードのことです。会社に属する個人としてカードの申し込みをするため、カードの決済方法によっては審査に個人のクレヒスよりも会社のクレヒスが重要視されます。

そのため、コーポレートカードの決済方法について知ることが、クレヒスが悪くても審査に通過するかの重要なポイントになります。コーポレートカードの決済方法と審査の関係について確認していきましょう。

コーポレートカードの決済方法は「法人決済型」「個人決済型」の2種類

コーポレートカードは、主に経費利用の目的で社員に発行されます。例えば、出張時のホテル代や交通費、接待費、備品の購入などをコーポレートカードで支払えば、後から現金で清算をする手間が省けて便利です。

この際に支払った経費の引き落とし方法については、コーポレートカード申込時に選択ができ、大きく以下の2種類に分けられます。(カード会社によって名称は異なります)

法人決済型 コーポレートカードでの支払いは全て会社が支払いを行う
個人決済型 コーポレートカードでの支払いを一旦カードの持ち主が支払い、経費分は後ほど会社から清算が行われる

法人決済型の方が経費の扱いに関しては手間がかからないのですが、個人決済型の場合は会社にとってコーポレートカードの不正利用を防げるというメリットがあります。さらに、会社の規約によっては、個人決済型であれば年会費は会社負担のままコーポレートカードを私的な利用に使えるため、従業員にとってもメリットとなるでしょう。

決済方法は会社ごとに設定するため、個人で決済方法を選ぶことはできません。会社の選んだ決済方法はコーポレートカードの申込案内書や利用規約などの資料に記載があるので、まずはこれを確認してみましょう。

法人決済型の場合はクレヒスが悪くても審査に通る可能性大!

会社が全て支払いを行う法人決済型の場合は、カードの審査において個人のクレヒスは重要視されないことが多いです。個人に支払いの責任は一切ないため、重要となるのは会社や会社の代表者の信用です。

つまり、社員の方で支払い延滞などの経験があり、クレヒスが悪くても審査に通る可能性が高いといえるでしょう。

カード会社によっては、個人のクレヒスの開示すら行われないケースもあり、このような場合には金融事故などでブラックリスト状態でも問題なくコーポレートカードを発行できます。

カード会社によって審査の基準は異なるため、絶対にカードを発行できるというわけではありませんが、会社のコーポレートカードが法人決済型の場合は審査に関してあまり心配する必要はないといえるでしょう。

個人決済型の場合は個人のクレヒスが影響してくる

一方、個人にも支払いの責任がある個人決済型の場合は、個人のクレヒスも審査に大きな影響を与えます。つまり、ブラックリストに載っているなどクレヒスに重大な問題がある場合、カード入会の審査に通過するのは難しくなってしまうといえるのです。

ただし、完全に個人で申し込むクレジットカードとは異なり、コーポレートカードは会社を通じて申し込むものです。そのため、個人のクレヒスが少し悪いくらいであれば会社の信用を元に発行できることもあります。

結局のところ、コーポレートカードの審査については一概に100%通る、通らないとはいえないものです。会社にコーポレートカードを申し込むようにいわれている場合、少しのクレヒスの問題ならダメ元でも申し込んでみることをおすすめします。

【よくある質問】コーポレートカードのせいで個人のクレヒスに傷は付く?

会社でコーポレートカードを作り、会社が倒産などした場合に個人のクレヒスに傷が付いてしまうか気になる方が多いようです。

そのような場合にも、法人決済型で個人に支払いの責任がない場合、個人のクレヒスに傷が付く心配はないといえるでしょう。

一方で、個人決済型のコーポレートカードは自分に支払いの責任があるため、延滞や規約違反などを行えば当然自分のクレヒスに傷が付きます。

会社から付与されたコーポレートカードであっても、計画的な利用を心がけましょう。

まとめ

クレヒスはクレジットカードの審査において重要視される項目であり、クレヒスが悪ければ審査の通過率が低くなります。

ただし、会社が全て支払いを行う「会社決済」のコーポレートカードの場合は、個人のクレヒスが悪くても審査に通過する可能性が高いです。一方、「個人決済型」の場合、個人のクレヒスも参照されるためクレヒスが悪い状態だと審査に通過するのが難しくなってしまいます。

コーポレートカードの申込書や会員規約などで決済方法について確認すれば、審査についての疑問や不安を減らせるでしょう。