コーポレートカード
コーポレートカードの個人決済型とは?利用のメリットとデメリットを解説!

個人決済型を選べるコーポレートカードはどれ?

大企業向けの法人カードであるコーポレートカードの中には、決済方法を「法人決済型」と「個人決済型」の両方から選べるものがあります。会社で発行するカードなので「法人決済型」はイメージしやすいと思いますが、「個人決済型」についてはどんなものか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コーポレートカードの決済方法の違いや、個人決済型を選ぶメリットとデメリット、個人決済型を選べるコーポレートカードを紹介します。

コーポレートカードの決済方法で迷っている方や、個人決済型のコーポレートカードを導入したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

コーポレートカードの決済方法は2種類

コーポレートカードは、主に大企業向けに発行される法人カードです。大きな特徴はカードの発行枚数の上限が多いこと。複数の部署や社員に発行することで経費のための現金のやり取りがなくなり、経理業務の簡略化に繋がります。

コーポレートカードは、決済方法を「法人決済型」「個人決済型」の2種類から選べる場合が多いです。

はじめに、この2種類の支払い方法の違いについて解説します。

法人口座から引き落としされる法人決済型

法人決済型(会社決済型)は、コーポレートカードの利用代金が法人口座から一括で引き落とされる決済方法です。

複数の部署や社員にコーポレートカードを持たせていたとしても、カードの利用代金は全て会社の法人口座からまとめて引き落とされます。そのため、出張時の宿泊費や交通費、接待費など経費の立替払いの手間が省けるというメリットがあります。

ただし、利用代金は法人口座からの引き落としになるため、カードを所有する社員がプライベートな支払いに利用することはできません。

法人決済型は、「経費利用にのみコーポレートカードを活用したい」という会社におすすめの決済方法です。

個人口座から引き落としされる個人決済型

個人決済型は、実際にコーポレートカードを持っている個人の口座から利用代金が引き落とされる決済方法です。

支払いは個人のお金を使うことになるため、コーポレートカードをプライベートで利用しても構いません。仕事用のクレジットカードとプライベートのクレジットカードを分ける必要がないため、コーポレートカードが1枚あれば便利に使えるでしょう。

経費利用した分は後ほど会社に申請をし、会社の経費清算の手順に従い清算します。コーポレートカードによっては経費利用した分のみを法人口座で一括引き落としできるのものもあります。

個人決済型は、「プライベートにも使えるコーポレートカードを発行したい」という会社におすすめの決済方法です。

個人決済型を選ぶメリット・デメリット

個人決済型のコーポレートカードを利用するにあたり、メリットとデメリットが両方あります。それぞれを踏まえた上で、自分の会社で個人決済型を選ぶべきなのか検討しましょう。

個人決済型のコーポレートカードのメリットとデメリットを解説します。

メリット1:プライベートでも利用ができる

個人決済型のコーポレートカードの大きなメリットは、プライベートでも利用できることです。

法人決済型の法人カードは、利用代金が会社の口座から引き落とされるため私的利用をすることはできません。もし会社のお金を使って私的利用をしてしまうとトラブルになったり、返金処理などの手間がかかったりしてしまうでしょう。

一方で個人決済型のコーポレートカードは、利用代金が個人の口座から引き落とされるため、プライベートの個人的な支払いにも問題なく利用することができます。

経費のみ後から支払う形なので、会社のお金を勝手に個人利用されるというリスクもなく、会社としても社員個人としてもメリットのある決済方法といえるでしょう。

メリット2:従業員の福利厚生になる

コーポレートカードの年会費は会社の経費となるため、社員にコーポレートカードを発行することで福利厚生として活用できます。

コーポレートカードに限らず、クレジットカードには空港ラウンジの利用特典や海外旅行保険、レジャー施設の優待などのさまざまな特典が付帯されています。しかしこれらのサービスの中には、カードを利用しないと受けられないものも少なくありません。

個人決済型のコーポレートカードはプライベートでも利用することができるため、これらのサービスを最大限に活用することができるでしょう。

デメリット1:経費管理が面倒になる

個人決済型のコーポレートカードには、経費精算の手間がかかるというデメリットもあります。

先ほど個人決済型のコーポレートカードのメリットとして、プライベートでも利用できるという点を挙げました。しかし、コーポレートカードで会社の経費の支払いをした場合は、社員が会社に経費申請をしなければなりません。

法人決済型であればコーポレートカードでの支払いは基本的に全て経費になるため、このような処理が必要なく経理管理は楽になります。

個人決済型のコーポレートカードはプライベートでも利用できるというメリットがある一方で、経費の処理に手間がかかるというデメリットも理解しておきましょう。

デメリット2:審査に個人の信用情報が関わる

個人決済型のコーポレートカードの審査には個人の信用情報が関わるため、人によってはデメリットになってしまう可能性があります。

会社決済型のコーポレートカードの審査には会社の業績や信用情報が重要視されるため、実際に持つ社員の信用情報に関わらずカードを発行することが可能です。

一方で、個人決済型のコーポレートカードは、審査の対象に実際にカードを持つ社員の情報も関わります。そのため、実際にカードを利用する個人の信用情報が悪い場合には審査に落ちてしまう可能性があるのです。

個人決済型を選べるコーポレートカードを紹介

さいごに、個人決済型を選べるおすすめのコーポレートカードを紹介します。

個人決済型のコーポレートカードを導入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友コーポレートカード

三井住友コーポレートカードは、年会費が安いためコストを抑えたい会社におすすめのカードです。決済方法は個人決済型と法人決済型から選べます。

一般カードとゴールドカードの2種類のランクがあり、一般カードの年会費は1会員目が1,375円(税込)、以降1会員につき440円(税込)で上限額33,000円(税別)です。追加カードにかかる年会費の上限額が定められているため、たくさん発行した場合でもコストを低く抑えることができます。

ただし、アスクルサービス、レンタカーサービスなど一部のビジネスサービスは個人決済型の場合対象とはなりません。利用できるサービスを見比べて、どちらの支払い方法を選ぶか良く検討しましょう。

アメリカン・エキスプレス・コーポレート・カード

アメリカン・エキスプレス・コーポレート・カードは、個人決済型と法人決済型のほかに、「個別請求・一括支払方式」と呼ばれる決済方法が選択できるのが大きな特徴です。

「個別請求・一括支払方式」は、カードの所有者ごとに届く明細書を元に経費精算をし、経費分のみを会社が一括で支払うという決済方法です。

一般的に個人決済型を選んだ場合は後で社員個人に払い戻しをしなければなりませんが、その手間が省けとても便利な決済方法といえるでしょう。

ステータスが高いカードでもあるため、ステータスを重視したカードを持ちたい場合におすすめです。

UCコーポレートカード

UCコーポレートカードも、個人決済型と法人決済型から決済方法が選べるカードです。年会費は発行条件等により個別で設定されます。

UC福利厚生サービスや、JALオンラインサービス、タクシーチケットなどビジネスに役立つサービスが多く付帯されています。

一般ランクのカードには保険が付帯されていないため、旅行傷害保険やショッピング補償保険が必要であれば、ゴールドカードを選ぶと良いでしょう。

ETCカードの年会費が無料で複数枚発行できるため、社用車を多数所有している企業にもおすすめです。

まとめ

今回は、コーポレートカードの決済方法について解説しました。

個人決済型のコーポレートカードはプライベートでも利用できるという大きなメリットがある一方で、経費清算の手間が必要になるなどのデメリットもあります。

どちらの決済方法を選ぶか比較検討した上で、コーポレートカードの導入しましょう。