コーポレートカード
パーチェシングカードとは?コーポレートカード違いとメリットを紹介

パーチェシングカードとは?コーポレートカード違いとメリットを紹介

コーポレートカードを調べていると、『パーチェシングカード』の単語が出てきて、どんなカードか疑問に思ったことがある大企業の方も多いと思います。

そこで、この記事では、パーチェシングカードについて解説していきます。コーポレートカードとの違いも紹介するので、パーチェシングカードのことを知りたい方は、ぜひご一読ください!

コーポレートカードでよく聞くパーチェシングカードとは?

では早速、コーポレートカードを調べているとよく耳にするパーチェシングカードについて解説します。名前を初めて聞いた方は、以下を参考にしてみましょう。

パーチェシングカードとは特定の支払いに活用できるコーポレートカード

パーチェシングとは、特定の支払いに活用できるコーポレートカードです。支払い先を指定できる特徴があります。

支払い先を絞ることで、他店で利用できなくなるので、管理がしやすくなる効果があるのです。

他にもメリットが多数あるパーチェシングカード。詳しくは「利用をするメリット」で紹介します。

コーポレートカードや法人カードとの違い

大企業の皆さんは、コーポレートカードや法人カードとの違いが分からずどれを導入すればいいか迷っている方も多いと思います。

違いについて表にしましたので、御覧ください。

クレジットカード名 カードの対象 カードの目的 支払い口座
法人カード 個人事業主・中小企業 自由な経費の決済 法人口座
コーポレートカード 社員20名以上の大企業 自由な経費の決済 会社決済型・個人決済型
パーチェシングカード 社員20名以上の大企業 特定の経費を決済 会社決済型

コーポレートカードは、会社決済型と個人決済型が選べますが、パーチェシングカードは、会社決済型しか選択できません。そのため、個人決済型を利用したいと考える方は、コーポレートカード1択になります。

それぞれ気になるビジネスカードには、問い合わせをしてよく比較してから、申し込みをしましょう。

利用をするメリット

ここからは、用いるメリットについて解説していきます。メリットを把握しておくと、自社にとって有効利用できるか判断できます。

①経理の業務負担を減らすことができる

パーチェシングカードを導入することで、経理の業務負担を削減できます。経費は別々の会社に払うことも多いです。今までは、それぞれの会社の期日に合わせて支払いをしなければいけませんでした。

しかし、パーチェシングカードを用いることで、クレジット機能で支払いが完了します。そのため、複数あった請求日が1回となり、経理が支払いに追われることがなくなります。

また、支払い履歴は、いつでも確認できるため、経理ソフトへの入力も経理の好きなタイミングでできるのもメリットです。

②不正利用されるリスクを減らすことができる

パーチェシングカードは、コーポレートカードとは違い、不正利用されるリスクを減らすことができます。なぜなら、特定の支払い先のみで利用できる仕組みだからです。

コーポレートカードは、クレジットカードと同様に好きな場所で決済できるため、社員が私的利用できるチャンスが多くあります。パーチェシングカードは、特定の場所のみの決済のため、私的に利用したくても支払いができません。

経費決済先がほぼ確定していて、利用先をしっかり管理したいと考える方におすすめです。

③カードレスで発行ができる

カードレスで発行できるメリットがあります。そのため、クレジットカードが盗難されるリスクがありません。

盗難されてしまうと、利用停止の手続きや再発行手続きでかなりの手間がかかります。そのリスクを考えると大きなメリットとなるでしょう。

では、パーチェシングカードは、どのように決済するのでしょうか。決済方法は、カード番号と、セキュリティコードを入力しておこないます。そのため、社員にはカード情報の管理は徹底するように事前に教える必要があります。

④利用限度額が大きい

コーポレートカードと比較して、利用限度額が高い傾向にあります。そのため、大きな経費の決済に利用可能です。たとえば、web広告料やサーバー管理費などが挙げられます。

固定の支払い先に高額経費を支払うことが多い法人の方にとって、メリットのあるクレジットカードです。

利用をするデメリット

ここからは、デメリットについても紹介します。コーポレートカードと迷っている方は、以下も参考にしながら検討してみましょう。

①自由に決済させたい場合には向いていない

支払先を指定するため、コーポレートカードのように自由度がありません。そのため、急な経費決済になると、社員個人に立て替えてもらう必要があります。

すると、領収書のやり取りが必要になったり、資金が足りない場合には、機会損失につながったりすることも考えられます。

経費利用にある程度の自由度をもたせたい場合には、コーポレートカードの方が向いているでしょう。

②付帯サービスがほとんどない

パーチェシングカードには、付帯サービスがほとんどありません。たとえば以下のようなサービスです。

  • 空港ラウンジサービス
  • ホテル優待
  • カーシェアリングサービス

支払いを1本化して、経理業務の効率化を図ることを目的としたカードのため、付帯サービスはありません。そのため、福利厚生の目的で用いるのは難しいです。付帯サービスを大いに活用したい場合には、コーポレートカードを申し込んだ方がいいでしょう。

③ポイント付与サービスがない

コーポレートカードと同様に、ほとんどのカードでポイント付与サービスが付いていません。そのため、買い物したポイントを経費削減に活用することも難しいでしょう。

しかし、貯まったポイントを社員に使い込まれてしまうリスクはなくなるので、用途に合わせて利用を検討する必要があります。

もしも、ポイント付与がほしい場合には、ポイント制度をおこなっているコーポレートカードに申し込むか、法人カードに申し込むことを検討してください。

申し込みのフロー

ここからは、申し込みフローを紹介します。申し込みを決めた方は、こちらを参考にしてみましょう。

  1. 法人デスクに電話をする
  2. パーチェシングカードに申し込むことを伝える
  3. 届いた書類に記入する
  4. 書類を送付して、審査してもらう
  5. パーチェシングカードの情報をもらう

パーチェシングカードは、HPからの申し込みができないケースが多く、電話での申し込みが主流です。

また、書類を記入するときには、記入漏れが無いようにしましょう。記入漏れをしてしまうと、審査に通りにくくなります。

最後にパーチェシングカードの情報をもらって完了です。審査によっては発行してもらえないこともあります。その場合は、別のコーポレートカード会社に申し込んだり、法人カードを検討してみましょう。

まとめ:パーチェシングカードとコーポレートカードの違いを理解して、用いる

今回は、パーチェシングカードについて紹介しました。パーチェシングカードとは、どのようなものかしっかり理解した上で申し込みをしましょう。コーポレートカードや法人カードと比較もしてみてください。

メリットやデメリットも紹介したので、判断材料にしてみましょう。申し込む場合には、今回紹介したフローを参考にしてみてください。

パーチェシングカードを理解して、スムーズに導入しましょう。