比較・ランキング
個人事業主におすすめの法人カードランキング!審査のポイントも紹介

法人カードは個人事業主でも作れる!おすすめカードを紹介

法人カードは、企業の経費管理を一元化できる便利なものです。会計ソフトに紐付ければ会計処理の手間も省くことが可能で、多くの経営者の方が利用しています。

法人カードは企業に向けたカードではありますが、個人事業主も作ることが可能。

この記事では、個人事業主の方に向け、法人カードの選び方や審査の注意点を解説。また、おすすめの個人事業主向け法人カードもランキング形式で紹介します。

法人カード入会を考えている個人事業主の方はぜひ参考にしてください。

個人事業主も法人カードを作れる?

法人カードは企業向けのクレジットカードですが、個人事業主も入会することが可能です。

法人カードによって申し込み対象者が異なりますが、ほとんどの法人カードは申込み対象者を「経営者もしくは個人事業主」としています。

個人事業主が法人カードに入会する場合、利用料金の引き落とし口座はビジネス用に用意した口座を指定することが一般的です。

個人口座も指定することができますが、プライベートの支出と混ざってしまうこともあるため、ビジネス用の口座を用意しておくことがおすすめです。

法人カードのメリット

個人事業主として事業を始めたからと言って、必ずしも法人カードを作らなければいけないというわけではありません。

しかし、法人カードが1枚あるだけで経理処理や金銭管理が一気に楽になるため、多くの個人事業主が加入しています。

個人事業主が法人カードを持つメリットについて見てみましょう。

経理処理の簡略化

経費の支払いを法人カードにまとめることで、支出の状況を管理しやすくなります。また、オンラインで法人カードの利用明細を確認できるため、経理処理の際も支出内容をまとめる手間が減ります。

キャッシュフローの安定

法人カードは、一般向けのクレジットカードと同様に利用料金の請求が翌月もしくは翌々月に設定されます。

支出をしたその瞬間に現金がなくなることがないため、キャッシュフローを安定させることに繋がります。

また、法人カードによってはキャッシング機能がついているものがあるため、緊急資金の調達のために利用することも可能です。

付帯サービスによるビジネスサポート

法人カードには、海外旅行保険や空港ラウンジサービス、会計ソフトの優待割引、ホテル・レストランの優待割引などのサービスが付帯されています。

サービスの充実度は法人カードによって異なりますが、ゴールド・プラチナなどステータスの高いカードになればなるほどサービスが充実します。

経理処理だけでなく、出張や接待などにも役立てることができるでしょう。

ポイント還元

多くの法人カードには、ポイント制度が備えられています。カードの利用金額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイント数に応じて家電やギフト券などの景品や他社のポイント、マイルなどに交換することが可能です。

法人や個人事業主のクレジットカードの場合、個人向けのカードよりも利用金額が大きくなることが多いです。そのため、ポイント制度があるカードならポイントがどんどん貯まりお得です。

審査は通過できる?通過率を良くするコツ

法人カードに申し込む際には、かならずカード会社で与信審査が行われます。与信審査に通過できるかどうか、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

法人や個人事業主の場合、会社の決算状況や設立年数をもとに与信調査が行われることがあるため、設立したての法人・事業主は審査に通りにくいとされています。

しかし、実際は法人カードの中にも「決算書の提出は必要ない」というものもあり、設立してすぐに個人事業主でも審査に通る可能性が大きいカードがあるのです。

ここでは、与信審査に通りやすいカードの特徴や、通過率を上げるためのコツを解説します。

決算書・登記簿謄本がいらないカードに申し込む

審査に通るかどうか不安な個人事業主の方は、申し込みに必要な書類として「本人確認書類のみ」としているカードに申し込むことがおすすめです。

法人カードによっては、会社の決算状況や設立年数などを確認するために決算書や登記簿謄本を要求されるものもあります。

しかし、本人確認書のみでいい場合には、会社の業績よりも経営者・個人事業主本人の信用情報を重視して与信審査が行われると考えられるため、設立したての法人・個人事業主でも審査に通る可能性が高いのです。

私用のクレジットカードで支払い遅延をしない

法人カードの審査では、経営者や個人事業主本人の信用情報も合わせて審査の対象になります。

そのため、プライベートで使用しているクレジットカードで支払い遅延をしていないかどうかは非常に重要です。

もし自分のクレジットカードで過去に支払遅延を何度も起こしている場合には、法人カードの審査にも通りにくくなる可能性が高いです。もし支払い遅延を起こしたことがある方は、その後半年~1年ほどかけて遅延なくしっかりカード利用額の支払いをしているという実績を作ってから法人カードに申し込むことをおすすめします。

自社のホームページを整える

法人カードの与信審査をする際、カード会社は法人や個人事業主がきちんと実態のある事業主がどうかを確認します。

というのも、詐欺グループなどが実態のない法人を作って法人カードに申し込み、悪用する恐れがあるため。

法人カードの悪用を防ぐために、銀行側は様々な方法で申し込み主がきちんとした会社・事業主であるかどうかを確認します。

確認する方法の一つとして、会社や個人事業主のビジネス用のホームページで所在地や連絡先などの情報がきちんと公開されているかが挙げられます。

もちろん、ホームページがきちんと整っていれば必ず審査に通るというわけではありませんが、自分の情報を正しく公開することは自身の信頼性をあげることに繋がります。

法人カードを申し込む前に、一度ホームページに記載している情報を見直してみると良いでしょう。

事前にチェック!クレジットカードを選ぶ際のポイント

法人カードと一口に言っても、現在出回っている個人事業主向けクレジットカードは非常に種類が多く、どのカードが自分に合うのか比較するのは非常に大変です。

そこでここでは、自分にあった個人事業主向け法人カードを見つけるためのポイントを3つご紹介します。

付帯サービスの内容

法人カードを選ぶ際には、まず付帯サービスの内容に着目することをおすすめします。

法人カードには、企業・個人事業主向けだからこその優れたサービスが備えられています。よく見られるサービスは下記のとおりです。

  • 空港ラウンジの無料利用サービス
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 空港への手荷物配送・ポーターサービス
  • レストランや宿泊施設、事務の割引優待 など

このようなサービスは全ての法人カードについているわけではなく、カードのステータスなどによって充実度が異なります。

出張があまり多くない個人事業主の方であれば、空港ラウンジやポーターサービスはあまり重要では無いでしょう。そのため、必要最低限の割引優待のみがついている一般ステータスの法人カードを選び、年会費を抑えるのも一つの手です。

年会費の金額

法人カードを所持するには、年会費がかかります。年会費無料、初年度無料などの法人カードもありますが、一般的には毎年所定の年会費が発生するものが多いです。

法人カードのステータスがあがると年会費も高額になりますが、その分付帯サービスは充実します。

反対に、年会費が無料だったり、安いカードは付帯サービスがほとんどないことが多く、金額だけで法人カードを選ぶのはあまりおすすめできません。

自分に必要なサービスと年会費のバランスをよく考えて選ぶことが重要です。

ポイント還元率

法人カードならではの選び方として、ポイント還元率に着目して選ぶ方法が挙げられます。

法人カードのポイント還元率は一般的に0.25%~0.5%のものが多いですが、なかには1%を超える高還元率のカードもあります。

また、特定の店舗で使用するとポイントが3倍になるなどの特典がついている法人カードもあるため、カードを選ぶ際に確認してみましょう。

【一般ステータス】個人事業主におすすめの法人カード3選

ここからは、個人事業主の方が実際に法人カードを選ぶ際におすすめの法人カードについて紹介していきます。

こちらで紹介するカードは、先ほど法人カードの選び方のポイントとしてあげた「付帯サービス」「年会費」「ポイント還元率」の3つの面で総合的に優れているものを選びました。

まはず一般ステータスのカードから見ていきましょう。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック
年会費 1,250円+税 初年度無料
サブカード年会費 400円+税 初年度無料
ETCカード年会費 500円 初年度無料
ポイント還元率 0.5%
申込資格 法人代表者もしくは個人事業主
限度額 5〜300万
付帯サービス 海外旅行保険、ショッピング保険、航空券チケットレス発券サービス
キャッシング あり
国際ブランド VISA,MasterCard

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックは、リーズナブルな年会費でコスパよく利用できる法人カードとして人気です。

ポイント還元率は0.5%、海外旅行保険とショッピング保険が付帯と最低限のサービスが全て揃っているので、最初の1枚としては十分でしょう。キャッシングもできるため、緊急でお金が必要になったときにも安心です。

NTTファイナンス Biz レギュラーカード for Owners

NTTファイナンス Biz レギュラーカード for Owners
年会費 無料
サブカード年会費 無料
ETCカード年会費 500円/枚
ポイント還元率 1%
申込資格 個人事業主、法人の経営者
限度額 最大80万円
付帯サービス 国内・海外旅行保険、ショッピング保険
キャッシング なし
国際ブランド VISA

NTTファイナンス Biz レギュラーカード for Ownersは、ポイント還元率の高さが魅力的な1枚。年会費無料でポイント還元率1%というのはなかなか珍しいです。

その上、国内・海外旅行保険も付帯されているので、サービス面も最低限備わっています。

一方、限度額の上限が低い、キャッシングができないなど、利用金額の面で少々不便なところがある点に注意が必要です。

JCB一般法人カード

JCB一般法人カード
年会費 1,250円+税 初年度無料
サブカード年会費 1,250円+税(初年度無料)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.50%~1.5%
申込資格 18歳以上高校生は除く法人または個人事業主
限度額 100万円
付帯サービス 国内・海外旅行保険、ショッピング保険など
キャッシング なし
国際ブランド JCB

JCB一般法人カードは、安い年会費ながらポイント還元率・付帯サービスともに十分な性能の個人事業主向けカードです。

ただし、限度額が100万円と少々低め、かつキャッシングができないという点に要注意。1枚目の法人カードとして、とりあえず経費の支払いに使えれば十分という場合におすすめです。

【ゴールドステータス】個人事業主におすすめの法人カード3選

次に、ゴールドステータスの個人事業主向け法人カードをご紹介します。

ゴールドステータスの法人カードは、一般カードよりも年会費が高い分、付帯サービスが充実しています。

ぜひサービス面に注目して選んでみてください。

オリコ EX Gold for Biz S

EX Gold for Biz S
年会費 2,000円+税 初年度無料
サブカード年会費 なし
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.6%~1.1%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 最高300万円
付帯サービス 国内・海外旅行保険、空港ラウンジ、ショッピングガード、VISAもしくはMastercardのビジネスアシスト
キャッシング あり(100万円まで)
国際ブランド VISA,Mastercard

EX Gold for Biz Sは、オリコから発行されている個人事業主向け法人カードです。

年会費は2,000円+税と、ゴールドカードにしてはかなりリーズナブル。

しかし、ポイント還元率が0.6%、空港ラウンジサービス・旅行保険付帯と充実したサポートを受けることが可能。

キャッシングもできるため、緊急資金の準備にも使うことができます。

個人事業主の方が初めてゴールドカードを持つならEX Gold for Biz Sがおすすめです。

JCB CARD Biz ゴールド

年会費 10,000円+税 初年度無料
サブカード年会費 サブカード発行不可
ETCカード年会費 無料(1枚のみ)
ポイント還元率 0.5%~0.8%
申込資格 法人代表者もしくは個人事業主
限度額 50万~300万円
付帯サービス 国内・海外旅行保険、空港ラウンジ、ショッピングガード
キャッシング なし
国際ブランド JCB

JCB CARD Biz ゴールドは、2020年2月から取り扱いが開始された新しい法人カード。

基本のポイント還元率は0.5%ですが、特定の店舗で使用すればポイント還元率が0.8%まであがり、なかなかの高還元率カードになります。

旅行保険、空港ラウンジとゴールドカードでは一般的な付帯サービスがしっかり備わっていますが、キャッシングを利用できない点に注意が必要です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
年会費 13,000円+税
サブカード年会費 5枚目から13,200円+税(4枚まで無料)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
申込資格 学生を除く20歳以上の個人・法人の方
限度額 基本的に制限なし
キャッシング なし
付帯サービス 国内・海外旅行保険、空港ラウンジ、アメックスビジネスサポートなど
国際ブランド AMEX(アメックス)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、通常時でポイント還元率1%という高還元率が魅力の法人カード。年会費が13,000円と他のカードよりも高めな一方、付帯サービスとポイント還元率が充実しています。また、限度額も制限なし(個別に相談)なので、高額な出費をする際にも安心です。

まとめ

今回は、個人事業主向けの法人カードについてご紹介してきました。

個人事業主であっても法人カードに入会することができ、空港ラウンジや旅行保険などビジネスに役立つサービスを利用することができます。

設立したばかりの個人事業主は法人カードの審査に通りにくいという注意点がありますが、本人確認書類のみの提出で問題ない法人カードは個人の信用情報を重視して審査が行われる可能性が高いため、通過しやすいと考えられます。

個人事業主の方は、今回ご紹介したおすすめ法人カードランキングを参考に、自分にぴったりの法人カードを選んでみてください。