比較・ランキング
法人カードを複数枚持つメリットとは?2枚以上の発行におすすめカードを紹介

法人カードの複数枚所有のおすすめ理由と持つべきカードをご紹介

法人カードを利用することで、簡単に経費処理が可能であったり、支出をまとめられることからキャッシュフローを安定させられるので、ビジネスにおいて心強い味方です。

1枚の法人カードで十分に心強いのですが、2枚以上所持すればさらにビジネスにメリットがあるのではないかと考えられる経営者や個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。

実はその通りで、法人カードを複数枚持つことはメリットがあります。

複数枚の法人カードを持っていれば、用途別に使い分けが出来たり、それぞれの法人カードが持つ付帯サービスを利用できるなど良い部分を活用できるのです。

1枚の法人カードでは足りない付帯サービスや特典を2枚以上の法人カードを持つことで補いあってさらに快適なビジネス活動ができるのでおすすめ。

他にも法人カードを複数枚導入することがおすすめできる理由は、これだけではありませんので、このページでじっくりと解説していきます。

また、2枚目以降の発行にメリットが大きい法人カードも紹介していますので、ぜひ最後まで確認してみてください。

法人カードを複数枚持つことのメリット

それでは早速、法人カードを複数枚持つことのメリットを確認していきます。

大きく分けると複数枚持つことのメリットは4つあります。

用途別に使い分けができる

日々の支払いで発生する経費を1枚の法人カードで済ませてしまって何も問題はありませんが、支払いが多くしかも様々な用途がある方におすすめ。

様々な出費項目があると、その分会計処理を行う際に勘定科目の振り分けをする必要があり、手間が発生します。

そういった場合を防ぐためにも、最初から用途に合わせて法人カードを使い分けてしまえば、一目で用途ごとの利用額がわかりますし、何より会計処理が大幅に簡単になります。

実質的に限度額を増える

法人カードが1枚だと、そのカードに設定されている限度額までしか利用できませんね。

そうなると、急に発生した支払いが出来ずビジネスに悪影響を与えることがあるかもしれません。

万が一、それが仕事で大切な場面で発生してしまったら非常に困ります。

そに備えて事前に法人カードを複数枚持っておくと、支払いに困る事態を避けることができます

注意が必要なのは、例え法人カードを複数枚持っていても、1枚あたりに設定されている限度額は増えません。

利用できる付帯サービスや特典の種類が増える

法人カードを選ぶ際、付帯するサービスや特典内容を重視される方も多いのではないでしょうか。

クレジットカード会社ごとに法人カードに付帯するサービスや特典の内容、充実度が異なる点は大きなポイントです。

1枚の法人カードで利用できる付帯サービスや特典には限りがありますが、2枚以上、複数枚の法人カードを持っていれば、各カードが持つビジネスに役立つサービスを利用できます。

ビジネス系の付帯サービスとしては経営コンサルの紹介してくれたり、業務効率改善ができるビジネスツールを格安で利用できるなど、ビジネスに嬉しい付帯サービスもあります。

他には、法人カードも個人カードと同じようなレジャー施設、レストラン、宿泊施設、フィットネスなどで優待を受けられるサービスあり、福利厚生を充実させることも可能。

既にお持ちの1枚目の法人カードに付帯されていないサービスを持っている法人クレジットカードを選択することで、より充実した特典を受けられるでしょう。

手厚い保険・補償をつけることができる

法人カードに付帯されている旅行傷害保険には、カードで交通費やツアー料金などを支払った場合のみに適用される「利用付帯」と、カードを保有しているだけで補償される「自動付帯」のカードがあり、法人カードによって補償内容が異なります。

とくに海外の医療費は高額です。この旅行傷害保険が付帯されている法人カードを複数枚持っていると、出張時などに万が一のトラブルがあった際に補償の総額を合算して、1枚の法人カードでは足りない部分を補うことができます。

合算できるのは治療費用、賠償責任、携行品損害などで、付帯されている保険金額を合算した金額を限度として、その範囲内で実際の損害額が支払われます。

傷害死亡・後遺障害については、複数の法人カードのなかで最も高い金額を合算して保険金が支払われることになるので、注意が必要です。

法人カードを複数枚発行する注意点とデメリット

盗難や紛失にすぐに気が付けるようにセキュリティ管理を徹底する

法人カードを2枚以上、複数枚持つ場合に1番気をつけたいのは、盗難や紛失によるトラブル。

もしも、複数枚あるうちの1枚でも紛失してしまい、不正利用されていても、所持数が多いが故にすぐには気づかないことがあります。

その場合、被害が大きくなってしまう可能性もあるので、事前に複数枚持つ場合のセキュリティの徹底を行う必要があるでしょう。

支払いの引き落としは原則1回のため、計画的に利用する

法人カードを2枚以上持つことは、それだけ支払い明細書の管理も大変になってきます。

普段からそれぞれの法人カードでどれくらいの支払いがあるのか、しっかりと把握しておかなければなりません。

特に法人カードでは支払い回数が1回払いが原則なので、カードの引き落としのタイミングの管理や、支払額の把握を行いながら、キャッシュフローが厳しくならないように気をつけましょう。

複数枚所有するときは支出の管理を徹底することが、とても大切です。

年会費の支払いが増える

当たり前のことですが、法人カードを複数枚持つということはその分支払う年会費も増えてきます。

法人カードの年会費は、1枚あたり数千円〜数万円ほどとカードのランクや付帯サービスの内容によって大きく異なってきます。

法人カード1枚程度であれば年会費も気にすること無いかもしれません。

しかし、経費の支出が多くなったタイミングと複数枚分の年会費の支払いが重なった場合、人によっては負担に感じる可能性も。

というものの、これら法人カードに支払う年会費は経費計上ができます。

(事業に必要な支出とみなすため)

そのため、一時的な出費が発生することにはなりますが、会計処理、確定申告の際には経費として計上する結果的には節税となります。

複数枚発行におすすめの法人カードを目的別に紹介

最後に、法人カードを複数枚所有する場合におすすめのカードを目的別に3枚ご紹介していきます。

コストパフォーマンスが抜群の「オリコEXGold forBiz」

年会費:初年度 無料
年会費:初年度 2,000円+税
サブカード年会費 無料/3枚まで
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜1.0%
申込資格 法人代表者/個人事業主は EX Gold for Biz Sが対象
限度額 10万円~300万円
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(自動付帯)、国内最高1,000万万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間100万円まで
国際ブランド VISA、Mastercard

法人カードの中でも、ゴールドカードの位置付けにも関わらず審査の通りやすさ・年会費・限度額・ポイント・付帯サービスなどを総合的にみて、複数枚持ちにおすすめ出来るのがこの「オリコEx Gold for Biz」です。

法人カードとしてゴールドカードなのに2,000円というリーズナブルな年会費でありながらも非常に優秀なスペックを持っています。

ポイント還元率も高く、ゴールドカードなので旅行傷害保険・ショッピング保険や空港ラウンジの利用サービスなども付帯。

ゴールドカードの法人カードにも関わらず、審査にも通りやすく、コストパフォーマンスが最高でおすすめな一枚となっています。

こちらの法人カードは、サブカードとしての利用よりはメインで所有される方が多いほど、とても使い勝手の良いカードとなっています。

複数枚のうちの1枚としても、年会費が比較的安いので導入しやすいでしょう。

圧倒的なステータス性の「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックス)」

年会費 31,000円+税
サブカード年会費 12,000円+税
ETCカード年会費 500円+税
ポイント還元率 0.3%〜1.0%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 個別に設定
旅行傷害保険 海外:最高1億円 国内:最高5,000万円
ショッピング保険 最高500万円
国際ブランド AMEX(アメックス)

続いてご紹介するのは、高ステータスでお馴染みのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです

アメリカン・エキスプレスと言えばは世界的にステータスの高いクレジットカードとして認知されています。

高ステータスなだけあって、年会費は31,000円(税抜)と法人カードとしても高額な具類になります。

そして、個人向けのアメックスゴールドカードといえば審査の厳しさはとても有名。  

そのアメックスのゴールドカードであれば、法人カードとはいえ審査に通りづらそうと考えますよね。

ですが、先ほどご説明した通り外資系クレジットカード会社の法人カードは審査が甘いのです。

また、あまりイメージないかもしれませんが、法人だけではなく個人事業主も申し込めるのがこの法人カード。

プロパーカードということもあり年会費はやや高額なので、複数枚持つ場合は年会費に注意が必要ですが、普段使いは他の法人カードで、大事な場面ではこちらの高ステータスのカードを利用する使い分けが可能ですね。

高ステータスということに伴って充実した付帯サービスも利用できるため、付帯サービスを利用したいという方にはおすすめの法人カードとなっています。

最上級サービスが付帯の「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:初年度 20,000円+税 ※年間200万円以上の利用で次年度年会費1万円
サブカード年会費 3,000円+税(4枚まで)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜1.0%
申込資格 学生を除く20歳以上の個人・法人の方
限度額 個別に設定 ※最高1,000万円
旅行傷害保険 海外最高1億円(自動付帯)、国内最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間300万円まで
国際ブランド AMEX(アメックス)

おすすめの最上級の付帯サービスで至れり尽くせりなのが、この「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

プラチナビジネス・法人カードとして必要な付帯サービスは全て揃っており、それ以上の付帯サービスをついた至極のカードといえば、このカードと言えるのではないでしょうか。

プラチナビジネス・法人カードを選ぶ際のポイント

  • 付帯サービスを比較する
  • ポイント還元率が高いか比較する
  • マイル交換が必要かどうか
  • 追加カードが必要かどうか
  • ステータスが高い見た目であるかどうか

こちらが全て揃ったプラチナビジネス・法人カードです。

特に国内外の旅行傷害保険が最高レベルで設定されていること、そして自動付帯であることも大きいです。

またポイント還元率も高く、セゾンが設定する永久不滅ポイントは文字通り期限がないので複数枚のうちの1枚という存在でもポイントを着実に貯めていけるもの嬉しい点。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな特徴として挙げだすとキリがありません。

上記以外にも

  • プラチナビジネス・法人カードとして年会費が2万円と格安」
  • 「一流ホテルの優待サービス、オントレ」
  • 「世界の一流ホテルの優待が受けられるスモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」
  • 「アメリカン・エキスプレス・セレクト(レストラン優待サービス)」
  • 「ビジネスサービスの優待プログラム/ビジネス・アドバンテージ」
  • 「ハイヤー送迎サービス利用可能」

とプラチナビジネス・法人カードとして”あったら嬉しい”特典が何でも用意されています。

プラチナカードでありながら年会費は抑えてあり、所有すれば高ステータスも手に入るので、先ほどのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードよりも人によっては使い勝手の良い、とても優秀なプラチナビジネス・法人カードと言えそうです。