比較・ランキング
キャッシング利用におすすめの法人カードは?法人・個人事業主に向いてる3選を紹介!

キャッシング機能付きの法人カードのおすすめを紹介

経営者の方や個人事業主の方の中には、ビジネスをする上で急な資金・現金を必要とする場面が少なくはないでしょう。

そういった際の選択肢としては、銀行のローンや法人カードのキャッシングがあります。

しかし、一般的な銀行のローンでは審査に時間がかかりすぎてすぐに資金調達をすることは難しいでしょう。

経営者や個人事業主の方の中には、急に資金調達が必要になった時の資金繰り、キャッシュフローのやりくりの上で資金が必要になった時に備えておきたい方にとってこれでは満足いきません。

そんな方に向けてこちらのページでは、キャッシング機能がついた法人カードについての概要からメリット・デメリットについて解説します。

最後には、キャッシングに対応したおすすめの法人カードを紹介します。

キャッシング機能付きの法人カードについて

そもそも「キャッシング」とは、クレジットカードのキャッシング機能を利用することで、クレジットカード会社からお金を借り入れすることです。

個人向けのクレジットカードではよく付帯するイメージのキャッシング機能ですが、実は法人カードでキャッシング利用ができるカードはごく一部。

キャッシング付きの法人カードは少ない

なぜ法人カードにキャッシング機能がついていないかといいますと、キャッシング機能はカード名義者との信用のもとにお金を貸すこと。

つまり、個人向けのクレジットカードと違い、法人は倒産した場合に支払いができなくなる可能性があるためです。

特に、企業がキャッシングで資金調達をするとなると、会社の経営が上手くいっていない場合が多く、キャッシング機能を利用されてもそのまま貸し倒れのリスクが高くなります。

キャッシング自体は実質的にお金の融資と同じことであり、キャッシングをした状態で法人が倒産などしてしまった場合、貸し出したお金を回収することができずにクレジットカード会社が困ってしまいます。

そういった自体を避けるためにも、基本的にクレジットカード会社は個人向けカードにつけても法人を対象にした法人カードにキャッシング機能を付けないことがほとんどなのです。

一方で、個人事業主の方を対象にした法人カードでは法人よりもキャッシング利用できるカードが多いようです。

キャッシング機能を利用するメリット

素早い資金調達ができる

実際に法人カードで資金調達をしたくなった時、法人カードにキャッシング機能が付いていれば、急に現金で資金が必要になった時も安心です。

お手持ちの法人カードに設定されているキャッシング利用可能枠の範囲内であれば、お近くのATMやキャッシュディスペンサーなどを利用して今すぐにでも現金調達が可能となります。

海外でも現地でキャッシングができる

多くの場合、国内だけでなく海外でも利用することが多いのが法人カードのキャッシング機能。

ビジネスで国内海外問わず出張される方にとっては、海外で現金が必要になる場合もあるかと思います。

そういった場合も、日本のクレジットカード会社が海外の銀行と提携をしているため、現地のATMでキャッシングを利用すれば快適に現金を調達することができます。

また、その際に繰り上げ返済を利用すると、現地の両替手数料よりも利息の方が安くなる場合もあるので少しばかりお得な場合があります。

キャッシング機能を利用するデメリット

銀行のローンより利息が高い

法人カードのキャッシングは、基本的にその場しのぎための資金調達として利用を想定される機能です。

近いうちに返済されることを前提としているため、銀行のローンと同じように長期借り入れる認識でいた場合、高額な利息が発生してきます。

例として、三井住友銀行と三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックカードで比較してみます。

利用枠 利息 その他
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックカード 0~50万円 15.0% 事務手数料32,400円~
三井住友銀行 1億円以下 1.875%~

利用枠や利息が法人カードと銀行のローンでは全く異なることがわかります。

同じお金の借入とはいえ、銀行のローンと法人カードのキャッシングは用途が異なるので別物と考えることが良いでしょう。

キャッシング枠を付帯すると審査が厳しい

法人カードを作成する際、キャッシング機能を付帯させると審査が厳しくなります。

これは個人向けのクレジットカードでも同様のことが言えるのですが、キャッシングを行っても大丈夫な人間、会社なのか慎重な審査が入るため付帯させなければ審査に通る場合も存在します。

そのため、法人カードを作成する段階でキャッシング機能ありきだと審査を通ることが難しい場合もあるかもしれません。

法人カードのキャッシングは付いていたらラッキーくらいのほうが良いでしょう。

キャッシング機能が欲しい方向けの法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:初年度 20,000円+税 ※年間200万円以上の利用で次年度年会費1万円
サブカード年会費 3,000円+税(4枚まで)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜1.0%
申込資格 学生を除く20歳以上の個人・法人の方
限度額 個別に設定 ※最高1,000万円
旅行傷害保険 海外最高1億円(自動付帯)、国内最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間300万円まで
国際ブランド AMEX(アメックス)
実質年率 12.0%~18.0%
利用可能 最高50万円
返済期間 1ヶ月~110ヶ月
返済方法 一括返済 / リボルビング払い

セゾンプラチナ・ビジネスカードのキャッシング機能は最高50万円と低いものの、実質年率最大12.0%まで抑えることが可能です。

そのため、返済次第では借入分の利息が少ないまま利用できる可能性があります。

そして、こちらの法人カードのキャッシング機能は、1,000円から利用できます。

そのため、今すぐ少額の金額をキャッシングしたい場合にも気軽に利用できる法人カードです。

また、セゾンプラチナ・ビジネスカードは海外にも対応しています

海外でキャッシングを利用したい場合も、現地のATMを利用してその国の通貨を簡単に引き出せます。

先ほどご説明したように、両替手数料を払わずに済むため、換金所を探す必要なくすぐに現地通貨を手にすることができます。

キャッシングを利用する際は、インターネットや携帯電話から申し込みを行うと、振込手数料が無料

インターネットからであれば24時間受け付けていますし、平日の14:30までに申し込みを行えば数秒で口座にお金が振り込まれます。

急な事情でキャッシングを利用したい時も安心して利用できるでしょう。

三井住友ビジネスカード or Owners

年会費 1,250円+税
サブカード年会費 400円+税(2名から1名につき 初年度年会費無料)
ETCカード年会費 500円+税(前年に利用が一度でもあれば翌年無料)
ポイント還元率 0.5%〜2.5%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 原則10~150万円
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング補償 年間100万円まで海外での利用のみ対象
国際ブランド VISA、Mastercard
実質年率 15.0%
利用可能 最高50万円
返済期間 1ヶ月~45ヶ月
返済方法 毎月元利定額返済 / ボーナス月元金増額返済

三井住友クラシックforOwnersという名前のこちらの法人クレジットカードの魅力と言えば、キャッシングの実質年率が15.0%で固定という点。

法人のクレジットカードに付帯しているキャッシングは、基本的に実質年率が借入する金額によって変わるため、キャッシングが少額であればあるほど金利が高くなります。

そのため、一度にまとまった金額の借入を行うわけではなく、日常で足りなくなった都度法人カードのキャッシングを利用したいという経営者、個人事業主の方にとっては高い金利をクレジット会社に支払うことになります。

ですが、こちらの法人カードは実質年率が固定されているため、キャッシング額に応じて利息金が変動することがありません。

そのため、少額の利用でも、安心して法人カードのキャッシングを利用できます。

こちらの法人カードは知名度も信頼も非常に高い「三井住友」が発行会社の法人カードなので、金利に対しての安定感があります。

オリコEX GOLD for Biz S

年会費 2,000円+税
サブカード年会費
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.25%~0.50%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 最高300万円
国際ブランド VISA,Masgercard
実質年率 15.0%~18.0%
利用可能 最高100万円
返済期間 1ヶ月~55ヶ月
返済方法 一括返済 / リボルビング払い

この法人クレジットカードは、個人事業主が発行する時のみ、キャッシング機能を利用可能な「オリコEX GOLD for Biz S」。

オリコEXGold forBizSでキャッシングを行うときは、他のキャッシング機能のついている法人カードと同じく保証人や担保は一切不要です。

その上キャッシング利用可能枠は10~100万円と他の法人カードよりも高額なキャッシングが可能となっています。

もし100万円のキャッシングをしても、オリコEXGold forBizなら余裕を持った返済ができます。

というのも、返済期間は最長で55ヶ月(4年7ヶ月)の設定が可能で、リボルビングの選択ができるので幅広い返済方法が行えます。

個人事業主の方にとって、気軽にキャッシングできることで事業のさらなる成長の手助けになったり、金利コントロールもしっかり行いやすいので、ご自身のペースで返済していけるでしょう。

法人カード業界の中でも非常に高ポイント還元率をほこり、日々のビジネスでも活用できる優待サービスやレストランサービスなど、経費削減に役立つサービスが付帯しています。