審査が通りやすいカード
法人カードの「審査なし」は存在しない!発行しやすいおすすめのカード紹介

発行しやすい法人カードは?「審査なし」ではなく「通過しやすい」を選ぶべし

会社を立ち上げたばかりで法人カードの審査に通るかわからない。審査なしのクレジットカードを探したい。

そういった経営者の方も多いかと思います。しかし、残念ながら審査なしの法人カードはありません。法人がクレジットカードを作るときには、必ず信用情報を調査して審査が行わるもの。審査なしで通すことはありえないのです。

しかし、審査なしではないものの、通過率の良いいわゆる「審査の甘い」法人カードはいくつかあります。また、クレジットカードではなく審査なしの「デビットカード」を利用するという手もおすすめ。

今回は、法人カードの審査が心配という経営者の方に向けて、通過率の良いクレジットカードをご紹介。審査なしで発行できるおすすめのデビットカードもピックアップしています。

この記事は、下記のような方におすすめです。

  • 審査を通りやすくする方法を知りたい方
  • 審査通過率の良い法人カードを知りたい方
  • 審査なしのデビッドカードが知りたい方

法人カードの「審査なし」は存在しない

冒頭でも説明したとおり、審査なしの法人カードはありません。

基本的に、銀行はきちんとお金を回収できる利用者にしかカードを発行したくないもの。そのため、どんな場合であっても企業の信用情報をもとにカード支払いの返済能力や信用度を確認する必要があり、審査なしはまずあり得ないのです

法人カードの審査は、経営者個人の職種や年収、また法人の営業年数、資本金、業績などの情報をもとに行われます。設立したばかりの会社だと、個人の年収や法人の業績がないというケースもあるため、審査に通るか不安、審査なしのカードが良いという経営者の方も多いでしょう。

もちろん、年収や業績がないというのは、通過できない理由の1つではあります。しかし、法人カードの審査では、年収や業績以外にも落ちる理由があるのです。

次に、法人カードの審査に落ちてしまう理由を見ていきましょう。

法人カードの審査は何が重要?落ちる理由と対策

審査なし法人カードは存在しないため、必ずカード会社の要求する情報を提示のうえ審査をうける必要があります。しかし、下記のようなケースでは、法人カードの審査に落ちてしまう可能性があります。

  • 会社のウェブサイトやオフィスの所在情報が不明確
  • 経営者個人の信用情報に問題がある
  • 設立年数、業績が基準を満たしていない
  • 過去にクレジットカードに申し込んだことがない
  • 複数の法人カードに短期間で申し込みをしている

会社のウェブサイトやオフィスの所在情報が不明確

法人カードを作る際には、クレジットカード会社はまず法人が架空のものでないかを確認します。法人名義のカードや口座は詐欺に利用されることも多いため、きちんと実態のある法人かどうかを確認することは非常に重要です。

その際、

  • 会社のウェブサイトがない
  • 電話が通じない・固定電話がなく携帯電話のみ
  • リモートワークなどで会社のオフィスを持っていない

などの場合には、実態が怪しまれて法人カードの審査に落ちてしまう可能性が考えられます。そのため、早い段階で会社の所在情報やホームページを整えておくことがポイントです。

経営者個人の信用情報に問題がある

法人カードを作るときには、申込者である経営者個人の信用情報も重要です。

もし経営者が過去にクレジットカードやローンの利用で問題を起こしていた場合、法人カードの審査に落ちる可能性も高くなってしまいます。

  • 直近24ヶ月で、クレジットカードの返済遅延が発生している
  • クレジットカードの信用情報に「異動(自己破産や債務整理が行われた)」の記載がある
  • 複数のカード会社を利用しており、収入に見合わない金額を使っている

経営者個人のクレジットカード使用状況として上記のようなケースがあると、法人カードの審査も落ちてしまう可能性が大きくなります。

そのため、まずは自分が使っている個人カードの利用実績をクリーンに保つことを心がけ、支払い遅延などを起こさないようにすることが重要です。

過去にクレジットカードに申し込んだことがない

こちらも経営者個人の情報になりますが、いままでに一度もクレジットカードやローンなどを利用したことがない場合、カード会社の目が厳しくなる可能性があります

クレジットカードを作ったことがない場合、カード会社が所持している個人の信用情報はまったくの白紙(スーパーホワイト)。つまり、過去の利用歴から審査に有効な情報を得ることも全くできないということです。

20代などの若い年代ならまだしも、30代、40代になってクレジットカードの利用歴がない場合には、なにか特別な事情があるのではと怪しまれる可能性もあるため、注意しておいたほうが良いでしょう。

設立年数、業績が基準を満たしていない

法人が利用するカードということもあり、やはり法人の設立年数や業績は法人カードの審査項目として重要視されるものになります。

クレジットカード会社が「〇〇年以上の法人でないとだめ」「業績は〇〇期連続黒字が条件」などという情報を発表しているわけではないため、明確な基準はわかりませんが、安心できる業績であればあるほど通過率は良くなるでしょう。

とはいえ、たとえばゴールドカードやプラチナカードではなく一般カードを選ぶなどの方法をとれば、審査通過のハードルは低くなります。最初はステータスにこだわらず、できる限り通過率が良いとされる一般カードを選ぶことがおすすめです。

複数の法人カードに短期間で申し込みをしている

最後に、法人カードの申し込みを短期間に何回も行っている場合には、審査に落ちる可能性が大きくなってしまいます。

短期間に何度もカードを申し込む=資金繰りに困っている、という風にも捉えられ、カード会社は審査の目を厳しくします。

法人カードの審査に通るか不安だから何社も申し込む、審査に落ちてしまったから他のカード会社に立て続けに申し込むなど、こういった行動は絶対にやめましょう。

もし審査に落ちてしまった場合、すぐに新たな法人カードに申し込もうとはせず、申し込み履歴が消える6ヶ月間を目安に時間を置くことが得策です。

審査を通過させるための対策

残念ながら審査なしの法人向けクレジットカードはありませんが、なるべく審査に通過しやすくなるよう対策をとることは可能です。

ここからは、先程紹介した法人カードの審査に落ちる理由を踏まえたうえで、審査に通過しやすくなるための対策を改めて見ていきましょう。

経営者個人のカード利用実績を良い状態に保つ

先程も説明したとおり、法人カードの審査には申込者である経営者本人のクレジットカード利用実績も見られます。そのため、とにかく個人カードの利用実績を良好に保つことがポイントになります。

といっても特別なにかをする必要は無く、毎月の利用料金の支払いを滞りなく行うだけで十分です。

審査なしのプリペイドカード・デビットカードを利用する

カード会社の中には、法人向けに審査なしのプリペイドカードやデビットカードを用意しているところもあります。

プリペイドカードは、事前にカードに一定の金額をチャージしておいて、その分の金額内で利用できるもの。デビットカードは、カードを利用した際に指定の口座からお金が引き出されるものです。

プリペイドカードもデビットカードも、審査なしで利用することができるため、設立したばかりの会社や個人事業主に法人カードの代わりとして重宝されています。

プリペイドカードは事前のチャージの手間や、チャージした分しか使えないというデメリットがあるため、利便性を求めるなら審査なしデビットカードのほうがおすすめです。

後の章で、法人におすすめの審査なしデビットカードをご紹介するので、どうしても審査なしが良いという方はぜひチェックしてみて下さい。

おすすめの審査なしデビッドカードはこちら

通過率の良い法人カードを選ぶ

当然のことではありますが、通過率を高めるのであれば、審査の難易度が比較的低く通過率の良い法人カードを選ぶことがポイントです。

たとえば、法人カードはゴールドやプラチナなどのステータスがつくほど審査が厳しくなるため、まずは一般カード(スタンダード)に申し込みをするなどが挙げられます。

また、おすすめなのは、審査に必要な書類として企業の登記簿謄本や決算書を要求していないカード会社

登記簿謄本や決算書は、企業の設立年数・資本金やいままでの業績などを記した資料です。それがいらないということは、法人カードとはいうものの代表者個人の信用を重視していると見てとれます。

よって、設立したばかりの法人の経営者などは、登記簿謄本・決算書の提出を必要としない法人カードを選ぶと良いでしょう。

通過率の良いおすすめのカードを紹介

ここまで、審査なしの法人カードはあるのか、審査に落ちる理由と対策などを解説してきました。

審査なしの法人カードは現状ないため、会社を設立したばかりの経営者の方は、なるべく審査の通過率が良い法人カードを選ぶことが重要になります。

通過率の良いカードを選ぶのポイントは、先程も説明したとおり、審査書類として登記簿謄本・決算書を提出する必要がないという点です。

当サイトでは、登記簿謄本・決算書の提出が必要ない法人カードを調べ、まとめました。通過率の良い法人カードをお探しの経営者の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

三井住友 for Owners クラシック

三井住友 for Owners クラシックは、登記簿謄本や決算書の提出がなく、経営者の信用情報のみが必要になる法人カード

嬉しいポイントは年会費が1,250円(税別)という点。非常に安いコストで所持できるため、個人事業主や、会社を設立したばかりで資金面の負担は抑えたいという方にぴったりです。

限度額は150万円とあまり高くないですが、国内旅行・海外旅行保険付帯、ショッピング補償付帯、キャッシング機能ありとサービス面は十分

Vポイントというポイントサービスもあり、還元率は0.5%と低めなもののマイルへの還元も可能。

家族カードは400円/1枚、ETCカードは500円/1枚で発行可能です。

1枚目の法人カードとして、最低限の機能がついたものをコスパ良く所持したいなら、三井住友 for Owners クラシックがおすすめです。

オリコ EX Gold for Biz

オリコ EX Gold for Bizは、オリエントコーポレーションが発行する法人カード。個人事業主の「オリコ EX Gold for Biz S」、法人向けの「オリコ EX Gold for Biz M」の2種類があります。

オリコ EX Gold for Bizのポイントは、ゴールドカードにも関わらず本人確認書類のみで審査が行われる点。ゴールドカードの中では、審査の難易度はかなり低いと言えるでしょう。

また、年会費2,000円(税別)という安めの会費で所持できるというのも嬉しい点です。利用限度額は300万円、国内・海外旅行保険付帯、空港ラウンジサービス利用可能と出張時のサポートもばっちり。

「暮らスマイル」「オリコポイント」という独自のポイントサービス制度も備え、ポイント還元率0.6%~1.2%となかなか高い点も魅力的です。

審査の通りやすさ、ゴールドカードの中では破格の年会費の安さ、サービス面・ポイント還元率の良さなど、経営者にとっては良いことづくめの1枚です。

ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライトは、ライフカード株式会社が発行する法人向けクレジットカード。一般カード(スタンダード)のステータスであるビジネスライトは、なんと年会費が無料!

その分、国内・海外旅行保険や空港ラウンジサービス、ポイントサービスがないというデメリットはありますが、社内の経費支払の一元化のために活用するには十分でしょう。

ETCカードは1枚まで、家族カード(従業員カード)は3枚まで無料で発行可能なので、少人数の会社であれば満足して使える法人カードではないでしょうか。

一時的な対策として審査なしのデビットカードも検討

ここまで審査の難易度が低い法人カードをご紹介してきましたが、やはり心配だからとにかく審査なしが良い、という方もいるかもしれません。

どうしても審査なしが良いという方におすすめなのは、法人向けのデビットカード。カードを利用した時にしての口座から支払いがされるため、カード会社は法人からお金を回収する必要がなく、審査なしで発行することができるのです。

審査なしの法人向けデビッドカードはいくつかあるものの、特におすすめな審査なしデビットカードは、この1枚です。

審査なしで発行可能!Visaビジネスデビット

Visaビジネスデビットカードは、Visaが扱うデビットカードです。

申し込み・発行は所定の銀行からになり、支払い口座の指定も同じ銀行の口座になります。審査なしで申し込み可能ですが、選んだ銀行の口座を開設する必要があります。

各銀行によって用意しているサービスが異なり、ポイント還元率や付帯される保険など様々なものがあるため、申込時にチェックしておくと良いでしょう。

ステータス性や保険・空港ラウンジといったビジネスサービスの充実度は法人カードほどの充実差はないものの、やはり審査なしというハードルの低さは非常に魅力的。

審査なしでとにかく1枚必ずカードを作っておきたいという方におすすめです。

法人向けデビットカードは審査なしで発行することはできますが、当然しっかりと実態のある法人・個人事業主に利用されることが前提とされており、怪しい会社だと思われれば発行されない可能性もゼロではありません。

審査なしで発行できるとはいえ、事前に会社のホームページを整えるなど、最低限の作業はしておいたほうが安心です。

また、Visaではプリペイドカードも用意しており、デビットカードと同じ様に審査なしで利用することができます。事前にカードにお金をチャージしておく手間などがかかるため、デビットカードを選ぶ方のほうが多いかと思いますが、参考までにチェックしてみるのも良いでしょう。

まとめ:審査なしの法人カードは無い。通過率の高いものを選ぶべし

今回は、審査なしの法人カードはあるのかという点に注目して解説してきました。

審査なしの法人カードについて改めてポイントをまとめると、以下のとおりです。

  • 審査なしの法人カードは無い
  • 法人の設立年数・会社の業績だけでなく、経営者個人のカード利用実績が良くなければ審査に落ちることも
  • 審査の難易度が低いのは「登記簿謄本・決算書」の提出が必要ない法人カード
  • どうしても審査なしが良ければ、審査なしで使える法人向けデビットカード・プリペイド

審査なしの法人カードは、現状1枚もありません。どうしても審査なしが良い場合には、プラチナカードやデビットカードという選択肢を選びましょう。

会社を設立したばかりで審査に通るか不安という方は、今回ご紹介したような、審査なしではないものの経営者の信用情報のみが見られる法人カードを選ぶのがおすすめ。

一般カードがほとんどで機能も最低限ですが、比較的年会費も低く、1枚目の法人カードとして持つには十分でしょう。

当サイトでご紹介した審査の通りやすい法人カードを参考に、使い勝手の良い法人カードをぜひ選んでみて下さい。