基礎知識
法人カードでJALマイルを貯めたい!ポイントや利用方法を紹介

法人カードでJALマイルを貯めたい!ポイントや利用方法を紹介

法人カードを利用して経営に必要な資金のやりくりを効率よく行うことができます。しかし、法人カードは経費のみではなく出張などで飛行機を利用する人は、JALのマイルを貯めることも可能です。

JALのマイルを貯めることができればお金をポイントに還元することができ、ビジネスでさらに法人カードの利用範囲を広げることができます。しかし、JALのマイルを貯める方法はしっかり理解しておく必要があるので紹介していきましょう。

法人カードでJALのマイルを貯める仕組み

法人カードでJALのマイルを貯めたい人は方法を知って利用することが大事です。どのような方法でJALのマイルを貯めることができるのか以下をご覧ください。

経費やビジネスの支払いでマイルを貯める

仕事をしてビジネスでクレジットカードを利用するならJALのマイルを貯めることができます。法人カードを使用するとクレジットカード会社からポイントが付与されます。

そのポイントはクレジットカード会社の商品と交換することができますが、JALのマイルに変換することもできるので、航空券を購入したい人はマイル変換した方がおすすめです。

ポイントをJALのマイルに変換する還元率はクレジットカード会社によって違いますが、経費や税金、ショッピングなどの支払いを法人カードを使用して支払いをした方が自分にとって大きな益となります。

ぜひ、JALのマイルを貯める手段として活用しましょう。

飛行機を利用してマイルを貯める

ビジネスや旅行などで飛行機を利用するならマイルを貯めることができます。JAL系列の飛行機を利用するなら、航空券を購入するだけで金額のいくらかをJALのマイルに還元してくれます。

国内でも海外でもJALと提携している航空会社はたくさんあり、例えばジェットスターや大韓航空、アメリカン航空などがあります。

さらに、JALが発行している個人カードや法人カードを持って航空券を購入するならボーナスポイントももらうことができるので、より効率的にJALマイルを貯めることが可能です。

ビジネスのときにJALの飛行機を優先して利用するようにしましょう。

法人カードでJALマイルを優先したいときに見るポイント

ビジネスで飛行機を利用することが多いなら、JALマイルが貯めやすい法人カードを優先して選びたいでしょう。JALマイルを効率よく貯めるにはポイントを確認しておくことが大事です。選び方について紹介します。

自分の会社の種類で考える

ビジネスで法人カードを選ぶときに会社の規模や目的をチェックしておくことが大事です。法人カードは中小企業向けのビジネスカード、大企業であればコーポレートカードと種類が分かれています。

大企業以外はコーポレートカードを選ぶことは無いので、ほとんどの人がビジネスカードを選択しますが、利用するためには審査に通過する必要があり、クレジットカード会社によって審査基準が違います。

審査では返済能力が問われ、決算書などの公的証明書の提示が求められます。

中には資料を提出しなくても審査に受かるクレジットカード会社もありますが、審査が簡単なほどサービス内容は少なくなることもあるため、会社の規模を考えて法人カードを選択しましょう。

還元率で考える

飛行機をよく利用する人であれば、JALマイルの還元率で考えることもできます。還元率はクレジットカード会社によって違い、高いほど1回の支払いで多くのJALマイルを貯めることができます。

ただ、法人カードの種類によって還元できるマイルが、JALかANAに分かれていることが多いです。そのため、自分の発行しようとしている法人カードがJALマイルに還元されるのか確認しておくことが大事です。

もし、ANAのマイルであればビジネスで飛行機を利用するときに思ったほどの特典とならないこともあるので、この部分は発行してもらう前に見極めておきましょう。

JALのマイルを貯めるときの注意点とは

JALのマイルを貯めてビジネスの費用を節約することができますが、注意点もしっかり考慮しておく必要があります。JALマイルを貯めるときに、どのような点に注意しておく必要があるのか紹介します。

ポイント移行の場合は手数料がかかる

JALのマイルを貯めるときは利用した分だけ、クレジットカード会社のポイントを貯めることができます。

マイルに変換するときはポイントをJALやANAなどの飛行機のマイルに移行する必要がありますが、貯めたポイントを全て移行できるわけではありません。

飛行機のマイルに移行するためには手数料がかかるようになっているので、ポイントの1~2割は手数料として引き抜かれてしまいます。クレジットカード会社会社によって手数料に違いがありますが、基本的にどこの法人カードも設定しています。

手数料が高いほど、ポイント還元は悪く損をしてしまうことになるので、JALマイルを貯めるときは移行の手数料に注意しましょう。

会社以外の利用時は社員の心情も理解しておく

法人カードで貯めたJALマイルは基本的にビジネス以外の個人の使用時でも利用することができます。

航空券を購入するとときは会社名や法人名ではなく個人名義で名乗ることがあり税務上のルールでもポイント利用に関してはしては指摘されることがほぼないので、個人的な旅行に使用しても問題はありません

しかし、会社の経費や税金の支払いで貯めたポイントなので、個人的な理由でポイントを消費しているなら他の社員から不満が出てしまうこともあります。

JALマイルを利用するときは社員が納得するような方法で利用することが面倒なトラブルを引き起こさないので、マイルの使用方法も注意しておきましょう。

利用限度額も確認

法人カードには支払うことのできる利用限度額が設定されています。JALマイルを貯めるなら、たくさん支払い利用できた方がポイント移行のときにたくさんもらうことができます。しかし、上限が低いなら法人カードの支払いも限度があり、ポイントを効率よく得られません。

利用している法人カードのマイルの還元率が良くても、上限が低いなら直ぐに限度額に達して還元率の悪い法人カードを利用しなくてはならないからです。JALマイルを貯めるときは法人カードの限度額も注意しておきましょう。

マイルが貯めやすい法人カードランキング

ビジネスで出張が多い個人事業主や会社であれば、JALマイルが貯めやすい法人カードを選択する必要があります。飛行機をよく利用する人は以下のような法人カードを選んでみることがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

JALマイルを効率よく貯めるならこの法人カードも覚えておくことができます。年会費が2万円と少し高額ですが、年間で200万円以上のカード支払いを行えば翌年の年会費が半額になります。

JALマイルの還元率は1.125%となっており、セゾンマイルクラブに登録しているなら利用代金1,000円ごとに10マイルが付与されます。ポイントを移行する必要はなく、利用した分だけJALマイルを貯めることができるので、効率さを重視するならお得な法人カードです。

海外旅行保険も最大1億円が保証されているので、海外ビジネスを展開している人は使い勝手もいいでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

この法人カードはJALマイルが1.125%という高い還元率に設定されており、ANAのマイルも0.5%の還元率で貯めることができます。

他の法人カードと比較しても還元率は最強となっているので、マイルを貯めるならアメリカン・エキスプレス・カードはとても良いです。

マイル以外にもコンシェルジュのサービスや旅行保険の付帯サービスなど特典も多いので、ビジネスで有効活用できます。年会費が2万円と安いので、発行を検討できます。

オリコEXGold for Biz

この法人カードはマイルへポイントを移行しなければなりませんが、還元率が最大1.1%と業界トップクラスであり、ANAは0.66%、JALマイルは0.55%となっています。

サービス内容も充実しており、ETCの無料サービスやハワイでの空港無料ラウンジサービスなどが提供されています。

年会費も2,000円と安いので負担が少ないので、ビジネスでJALマイルを貯めたい人におすすめです。

JALマイルを貯めるまとめ

法人カードを使用するときはサービス内容も大事ですが、マイルを効率よく貯めることも重視すべきです。マイルを貯めることができればJALやANAの利用も費用を節約することができます。

還元率などの注意点を確認して自分にお得なクレジットカードを選びましょう。