基礎知識
法人カードのetcカードの作り方!クレジット機能なしの選択肢もある

法人カードのetcカードの作り方!クレジット機能なしの選択肢もある

高速道路の料金所を通過するときにあると便利なのがetcカードです。

etcカードがあると高速道路にあるetcレーンでノンストップの通過ができます。わざわざ高速道路の料金所でストップし、通行料金を現金で支払いするといった手間はかかりません。

個人向けクレジットカード同様、法人カードでもetcカードを追加できる場合があります。

複数の従業員にetcカードを持たせると、通行料金の支払いがひとつの口座にまとまるため、経費管理がスムーズになるのが魅力。

本記事では法人カードのetcカードの作り方を解説していきます。おすすめの法人カードが気になる方も、本記事を参考にしてください。

etcカードの利用で高速道路の走行料金がお得になる

ビジネスでetcカードを利用すると、

  • 休日割引で30%オフになる
  • 深夜割引で30%オフになる
  • 平日朝夕割引で最大50%還元される

といった割引が受けられるのが魅力のひとつです。

高速道路の無料通行分に使えるetcマイレージサービスのポイントも貯められます。そのため、高速道路の料金所で直接現金払いするより、etcカードを利用したほうが交通費の削減につながりやすいです。

法人向けetcカードの種類

etcカードには個人向けと法人向けと大まかに分けて2種類あります。

法人向けetcカードの場合は、

  • クレジット機能付き法人カード
  • クレジット機能なしの法人etcカード
  • クレジット機能なしのetcコーポレートカード

といった3種類の選択肢です。

クレジット機能付き法人カードの特徴

専用etcカードを追加発行する形となるのが、クレジット機能付き法人カードです。etcカードの利用代金は、登録法人カードの利用代金と一緒に請求されます。

法人カードによって発行タイプが異なっており、たとえば三井住友カードが発行する法人カードでは、

  • 法人カード1枚にetcカード複数枚追加できるタイプ(会社一括決済方式)
  • 法人カード1枚にetcカード1枚追加できるタイプ(個別決済方式)

と2種類の発行タイプです。

また、法人カードはビジネスサービスや保険が付帯されているのが最大の魅力。ゴールドやプラチナといったランクの高い法人カードほど、付帯ビジネスサービスや付帯保険が充実しています。

クレジット機能なしの法人etcカードやetcコーポレートカードと違い、法人カードは経費の支払いに利用できるのもポイントです。

クレジット機能なしの法人etcカードの特徴

高速情報協同組合が提供しているのが、クレジット機能なしの法人etcカードです。

クレジット機能付き法人カードだとクレジット審査に通過しないといけません。クレジット審査に落ちてしまうと法人カードの発行は受けられないです。

しかし、法人etcカードならクレジット審査なしで発行されます。

他にも法人etcカードでは、

  • どの自動車でも利用できる(従業員の車やレンタカーなど)
  • 車載器を搭載した自動車1台につき最大4枚発行できる
  • 必要etcカード枚数を希望できる

といった様々なメリットを受けることが可能。

クレジット機能なしのetcコーポレートカードの特徴

高速道路株式会社(東日本・中日本・西日本)が発行しているのが、etcコーポレートカードです。大口・多頻度割引制度を用意しており、首都高速・阪神高速道路で次の割引が受けられます。

高速道路の走行料金/月 割引率
5,000円~1万円 10%
1万円~3万円 15%
3万円~ 20%

etcカードを持たせたい従業員が多い企業の方は、etcコーポレートカードを選ぶと良いでしょう。ただし、車両番号が登録される関係上、どの自動車でも利用できるわけではありません。

法人向けetcカードの作り方

次からは法人向けetcカードの作り方を種類ごとに解説していきます。

クレジット機能付き法人カードの作り方

クレジット機能付き法人カードの場合、etcカードだけの発行は受けられないものが多いです。

そのため、法人カードを持っていない方は新規入会しないといけません。多くのカード会社で法人カードとetcカードとの同時申し込みが可能です。

入会審査に通過しだい、カードが指定の住所に届けられますので受け取りしてください。ただし、法人カードとetcカードが別々に届くカード会社がある点には注意。

すでに法人カードを持っている方は、etcカードのみ申し込みできます。インターネット、申込書、電話などカード会社によって申し込み方法が異なりますので公式サイトで確認しておきましょう。

クレジット機能なしの法人etcカードの作り方

高速情報協同組合が提供する法人etcカードへの申し込みはFAX、またはインターネットで受付中です。

FAXでの申し込み手順は次をご覧ください。

  1. 公式サイトより申込書をダウンロードする
  2. 申込書の必要事項に記入し、捺印したらFAX送信する
  3. 後日届くetcカード申請書の必要事項に記入し、捺印したら返送する
  4. 法人etcカード発行

インターネットでの申し込み手順は次のとおり。

  1. 公式サイトの申し込みフォームにアクセスし、必要事項に入力する
  2. 送信後に届くetcカード申請書の必要事項に記入し、捺印したら返送する
  3. 法人etcカード発行

法人etcカードを作る際、

  • 出資金1社につき1万円
  • カード発行手数料1枚につき550円(税込)
  • 取扱手数料1枚につき1年550円(税込)

のコストが発生します。他にも毎月手数料(走行金額の8%)が発生する点には注意してください。ただし、出資金は脱退するときに返金されます。

etcコーポレートカードの作り方

高速道路株式会社が発行するetcコーポレートカードは、次の手順で申し込みできます。

  1. 利用案内書の内容を良く読む
  2. 利用申込書(紙媒体、または電子媒体)の必要事項に記入して提出する
  3. 結果通知書が届いたら支払い保証書を提出する
  4. etcコーポレートカード発行

etcコーポレートカードを作る際、

  • 出資金1社につき1万円
  • カード発行手数料1枚につき629円(税込)
  • 取扱手数料1枚につき1年629円(税込)

といったコストがかかります。出資金は組合加入時に支払いが必要となりますが、脱退するときに返金されます。

おすすめクレジット機能付き法人カードを紹介

次からはetcカードを追加できるおすすめクレジット機能付き法人カードを紹介していきます。

三井住友ビジネスカードfor owners

三井住友ビジネスカードfor ownersは、法人代表者・個人事業主の方が申し込みできる法人カードです。

法人カード1枚に三井住友etcカード1枚追加するタイプとなります。クラシック(一般)カード、ゴールドカード、プラチナカードと3ランクを用意。

それぞれの年会費は次の表をご覧ください。

法人
カード名
年会費 etc
カード
年会費
クラシック
(一般)
カード
1,250円(税抜)/
パートナー会員
1名400円(税抜)
500円
(税抜)
ゴールド
カード
1万円(税抜)/
パートナー会員
1名2,000円(税抜)
500円
(税抜)
プラチナ
カード
5万円(税抜)/
パートナー会員
1名5,000円(税抜)
無料

クラシック(一般)カードとゴールドカードに追加できるetcカードの年会費は、

  • 初年度無料
  • 次年度以降年1回以上のetc利用で無料

となります。条件付きでetcカード年会費を無料にできるのがポイントです。プラチナカードなら無条件でetcカード年会費が無料になります。

三井住友ビジネスカードfor ownersをすでに持っている方は、次の電話番号にかけてetcカードへの申し込みを行ってください。

連絡先 ビジネスサポートデスク
電話番号 0120-975-093
受付時間 平日9時00分~17時00分

jcb法人カード

jcb法人カードは、経営者・個人事業主の方が申し込みできる法人カードです。法人カード1枚にetcカードを複数枚追加できるタイプ。一般カード、ゴールドカード、プラチナカードを用意しており、それぞれの年会費は次のとおりです。

法人
カード名
年会費 etc
カード
年会費
jcb
一般法人
カード
1,250円(税抜)/
使用者1名
1,250円(税抜)
無料
jcb
ゴールド法人
カード
1万円(税抜)/
使用者1名
3,000円(税抜)
無料
jcb
プラチナ法人
カード
3万円(税抜)/
使用者1名
6,000円(税抜)
無料

jcb法人カードでは、etcカードを無料で追加できるのがポイントです。すでにjcb法人カードを持っている方は、入会申込書よりetcカードの申し込みを行ってください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、法人代表者・個人事業主の方が申し込みできるビジネスカードです。etcカードは基本カード会員1名につき5枚まで、追加カード会員1名につき1枚追加するタイプとなります。そのため、追加カードなしでも従業員にetcカードを持たせることが可能。一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの年会費は次のとおりです。

法人
カード名
年会費 etc
カード
年会費
アメックス
ビジネス
一般カード
12,000円(税抜)/
追加カード1枚
6,000円(税抜)
500円
(税抜)
アメックス
ビジネス
ゴールド
カード
31,000円(税抜)/
追加カード1枚
12,000円(税抜)
500円
(税抜)
アメックス
ビジネス
プラチナ
カード
13万円(税抜)/
追加カード
4枚まで無料、
5枚目以降
12,000円(税抜)
500円
(税抜)

アメリカン・エキスプレスのビジネスカードではetcカードの年会費500円の支払いが必要です。しかし、新規発行手数料1枚につき850円(税抜)が無料になるのがポイント。すでにアメリカン・エキスプレスのビジネスカードを持っている方は、オンラインでetcカードへの申し込みができます。

オリコex gold for biz

オリコでは、

  • 個人事業主の方が申し込みできるex gold for biz s
  • 法人代表者の方が申し込みできるex gold for biz m

2種類の法人ゴールドカードを用意しています。ゴールドランクのステイタスと充実したサービスと保険が付帯されているのが魅力。

ex gold for biz sでは基本カード会員1名につきetcカード1枚追加可能です。従業員に持たせる追加カードはありませんので、etcカードの利用は個人事業主の方ひとりの場合に適しています。

ex gold for biz mでは最大3名まで追加カードの発行が可能です。追加カード1枚につきetcカード1枚追加できるため、複数の従業員がetcカードを利用する場合に適しています。オリコex gold for bizの年会費は次のとおり。

法人
カード名
年会費 etc
カード
年会費
ex gold
for biz s
2,000円(税抜) 無料
ex gold
for biz m
2,000円(税抜)/
追加カード無料
無料

格安な年会費2,000円で法人ゴールドカードを持てます。etcカードの年会費無料なのもポイントのひとつ。ex gold for biz mでは、従業員に持たせる追加カードの年会費も無料です。

オリコex gold for bizをすでに持っている方は、会員用ウェブサービス「eオリコサービス」へログインしてetcカードの申し込みを行ってください。

ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライトは、法人代表者・個人事業主の方が申し込みできる法人カードです。etcカードの追加は1枚のみとなります。スタンダード、ゴールドカードのランクがあり、それぞれの年会費は次のとおりです。

法人
カード名
年会費 etc
カード
年会費
スタンダード 無料 追加カード無料
(最大3枚まで
発行)
1枚まで無料で発行
ゴールド
カード
2,000円
(税抜)
追加カード
2,000円(税抜)
(最大3枚まで
発行)
1枚まで無料で発行

ライフカードビジネスライトスタンダードは、基本カードも追加カードもetcカードも年会費無料なのがポイントです。ただし、追加カードの発行枚数が少ないため、従業員が多い場合は注意が必要。

すでにライフカードビジネスライトを持っている方は、会員用ウェブサービス「LIFE-Web Desk」へログインしてetcカードの申し込みを行ってください。

まとめ

まだ法人カードを持っていない方は、etcカードとの同時申し込みを行うと良いでしょう。すでに法人カードを持っている方は、新たにetcカードへ申し込みする形となります。

法人カードの厳しい入会審査に通過する自信のない方は、クレジット機能なしの法人etcカード、etcコーポレートカードへ申し込みする方法もあり。

法人etcカード、etcコーポレートカード、ともに支払い方法は口座振替です。そのため、単体で発行が受けられるのが法人etcカード、etcコーポレートカードの特徴のひとつ。ただし、付帯サービスや保険を利用したい方は法人カードへ申し込みしましょう。