基礎知識
法人カードの年会費とは?経費やポイントも合わせたおすすめをご紹介

年会費無料の法人カードの特徴とおすすめをご紹介

起業している方でまだ法人カードを持っていなければ、法人カードの作成を考えるかもしれません。

法人カードを作成したなら、経費の勘定科目を見やすくしたり、ポイントを得たりすることができるので、作成することができれば会社経営にとってメリットが大きいです。

そして、法人カードの作成をするときは、いろいろな点を考慮する必要がありますが、1つ考慮するべきなのが年会費です。今回は法人カードの年会費についての疑問を中心に確認していきましょう。

年会費が無料の法人カードの良い点とは?

年会費が無料の法人カードでは、「年会費が無料だと良いことがあるの?」と思う人もいるかもしれません、年会費が無料の法人カードの良い点を理解するなら、その疑問も解消できます。

経費コストがかからない

有料であれば支払いが生じる年会費も、無料の法人カードは支払いがないので、経費の心配をしなくて済みます。もし、年会費がかかるなら、毎年その分の経費を帳簿に付けて計算しなくてはいけません。

高い年会費であれば、法人カードを複数枚所持しているだけで年会費による経費がかかることになります。年会費の経費がないだけで、年間の費用を安くすることができます。

ETCの付帯サービスなどが利用可能

年会費が無料の法人カードでも、カード会社が提供する付帯サービスを利用は可能です。

国内や海外旅行損害保険やショッピング補償、購入の割引やETCの付帯など、多くのサービスは年会費が無料の法人カードでも利用に問題はありません。

サービス内容に関して無料の法人カードでは疑問が生じる人もいるかもしれませんが、基本的なサービス利用は付帯されているので安心して利用ができます。

また、法人カードに元々備わっている勘定科目のサービスは、無料も有料の法人カードも大差はありません。

そのため、法人カードを作成するときに、自分が利用したいサービスが付与されているか確認することで、無料の法人カードでも使い勝手のよさを感じることができます。

審査に通りやすい

年会費が無料の法人カードは有料よりも審査が簡単となっている会社が多いです。年会費が無料の法人カードはコストをなくしているのは、誰もが付帯できるようにハードルを下げていることも関係しています。

そのため、カード会社も審査基準は緩くなっており、借金や滞納などの問題がないようであれば、審査に通りやすくしています。また、無料の法人カードは消費者金融などが発行していることが多いです。

国際ブランドの会社と比較した場合、審査基準は厳しくなく、本人確認資料のみで審査することができるカード会社もあります。

高い基準を持っていないことで設立年数の少ない会社でも法人カードを作成しやすいのが良い点だと言えるでしょう。

年会費が無料の法人カードの悪い点

年会費が無料の法人カードの作成の時は、悪い点も知っておくことで法人カードを自分の期待通りに使用可能です。年会費が無料の法人カードの悪い点を見てみましょう。

ポイントが付きにくい

年会費が無料の法人カードで難点と言えるのがポイント還元率が低いことです。

無料の年会費にしているのは法人カードの経費負担を和らげ、多くの人に利用してもらうためです。

しかし、その分ポイント還元率は相場よりも低くしており、0.1%の還元率などでポイントがほとんど付与されないこともあります。

また、カード会社によってはポイントサービスを設定していないこともあるので、ポイント利用ができないこともあります。ポイントサービスがないなら、法人カードでたくさんの経費を落としたとしても、ポイントでの商品購入などができません。

例えば、経費により100万円を法人カードで決済したときに、1%のポイント還元率であれば1万ポイントが付与されます。しかし、ポイントが付与されなければ1万分のサービスを利用できないことと同じです。

年会費が無料の法人カードを選ぶときはポイント還元率も確認しましょう。

優待サービスが備わっていない

優待サービスが付与されていることで、出張などの隙間時間のときに快適な時間を過ごすことも可能です。

しかし、優待サービスが付与されているのはゴールドカードやプラチナカードなどです。年会費が無料の法人カードはランクが高くはなく、優待サービスの付与は難しくなっています。

年会費が無料の法人カードで優待サービスは厳しいので、もし優待サービスを受けたいならゴールドカードやプラチナカードなどで有料の法人カードを作成する必要があります。

おすすめ年会費が無料の法人カードランキング

年会費が無料の法人カードを作成したいなら、「どの法人カードを作成すべきだろう?」と悩む人もいるかもしれません。数多くの法人カードの中で、自分に合った法人カードを選ぶのは用途や利用内容により大事です。

今回は、年会費が完全に無料の法人カードだけでなく、条件をクリアすると年会費が無料になる「実質年会費無料」の法人カードも検討してみたいところ。

これらの法人カードは実質年会費無料でありながら、ポイントが付きやすかったり還元率が高かったりします。

それではおすすめの実質年会費無料の法人カードをランキング形式で5つほどピックアップしましので確認していきましょう。

1位 NTTBizカードレギュラー

年会費 無料
サブカード年会費 無料
ETCカード年会費 500円/枚
ポイント還元率 1%
申込資格 個人事業主、法人の経営者
限度額 最大80万円
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高2,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高100万円
国際ブランド VISA

NTTBizカードレギュラーは年会費が永年無料となっており、維持コストを気にする必要がありません。年会費が永年無料の法人カードですが付帯サービスも備えているので、サービス利用に期待することも可能です。

法人カードの還元率は1%と、高い還元率を維持しているので、ポイントを溜めて商品交換などを行いやすいです。

さらに、ポイント還元率以外にも国内外最高2,000万円の旅行保険や経理で役立てもらえるメモ機能付きのWEB明細書の提供もしているので、経理の円滑化に利用することも可能です。

年会費が無料でも法人カードとして利用範囲は広いのでおすすめです。

2位 三井住友forOwnersクラシック

年会費 1,250円+税
サブカード
年会費
400円+税(2名から1名につき
初年度年会費無料)
ETCカード
年会費
500円+税(前年に利用が
一度でもあれば翌年無料)
ポイント
還元率
0.5%〜2.5%
申込資格 20歳以上の個人事業主
または法人代表者
限度額 原則10~150万円
旅行傷害
保険
海外最高
2,000万円(利用付帯)
ショッピング
補償
年間100万円まで
海外での利用のみ対象
国際
ブランド
VISA、Mastercard

三井住友forOwnersクラシックは、法人カードとして年会費が無料になるために条件があります。

初年度の年会費を無料にするためにはネット入会する必要があり、2年目以降は「マイ・ペイすリボ」というサービスに加入することが必要です。

「マイ・ペイすリボ」は経費を引き落とすときに上限を決めておき、上限を超えた利用額のみリボ払いになる仕組みとなっています。

もし、上限を超えて分割払いになっても法人カードで支払いするならポイント還元率を2倍にすることができ、使用によっては年会費無料ながらポイントはたくさん得ることができるでしょう。

申し込み方法も代表者の本人確認書類だけと簡単な方法なので、法人カードの作成を行いやすいです。法人カードの使い方によっては良い点を際立たせることが可能なので、考慮することができます。

3位 P-one Business mastercard

年会費 初年度:無料 2年目以降:2年目から2,000円+税 
※前年度1回以上利用があれば無料
サブカード年会費 5枚まで発行可能で年会費無料
ETCカード年会費 年会費無料
※発行手数料:1,000円+税
ポイント還元率 0.60%~2.40%
申込資格 法人代表者・個人事業主
限度額 300万円
旅行傷害保険 無し
ショッピング保険 年間300万円
(1事故免責金額3,000円)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB

この法人カードは初年度の年会費は無料になっており、2年目以降は有料と設定されています。

しかし、前年度にこの法人カードで決済していれば年会費が無料となるので、カード利用していれば年会費は毎年無料とすることができます。

また、法人カードの利用のときにポイントががサービスされます。

0.8%ほどですが、無料の法人カードでは0.5%にも満たない還元率が多いので、法人カードのポイント還元率としても期待が持てるでしょう。

また、付帯サービスには、レンタカー割引や海外サポートサービス、海外お土産宅配サービスなどが備えられているので、海外に行く人はこの法人カードから利用価値が見いだせます。

4位ライフカードビジネスライト

年会費 無料
サブカード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 なし
申込資格 法人の代表者または個人事業主
限度額 10万円~500万円
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
国際ブランド VISA、Mastercard

ライフカードビジネスライトは自分の年会費はもちろん、3枚までの追加カードも年会費が無料となっています。etcカードの発行も年会費がかからないので、費用負担がありません。

審査基準も低く法人の場合は本人確認資料と法人名義口座、個人事業主の場合は本人確認資料と屋号名または本人名義の口座となっています。

資料提出も簡単なのでお得ですがポイント還元はないのでポイント還元を求めている人には向かない法人カードだと言えます。

1つ法人カードを持っておきたいなら、この法人カードもおすすめです。

5位セゾンパール・アメリカン・エクスプレス・カード

年会費 初年度:無料、次年度以降:1,000円+税
※前年に1回以上利用があれば無料
サブカード年会費 無料/4枚まで
ETCカード 無料/5枚まで
ポイント還元率 0.50%
申込資格 個人事業主様・法人代表者(18歳以上 学生不可)
限度額 30万円〜150万円
旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし
国際ブランド AMEX

この法人カードは年会費が初年度は無料であり、2年目以降も1回利用をするなら年会費は支払いがありません。ポイント還元率0.5%となっており、セゾンポイントモールではポイントを最大30倍になります。

追加カードは4枚まで発行可能であり年会費は無料なので、追加カードの発行も行いやすいです。ただ、年会費が無料なので法人カードのステータス性は期待できません。

年会費が無料以外の法人カード利用も検討しよう

クレジットカードを発行するときに年会費が無料の法人カードを選択するということは、経費が安いなど良い点もあれば、付帯サービスが少なかったり還元率が悪いなど悪い点もあるので、両方を考えて自分に合った法人カードを選ぶ必要があります。

たくさんのカード会社が年会費が無料の法人カードを準備しています。

基本的に審査は通りやすくなっていますが、有料の法人カードと比べると性能はどうしても劣るので、ビジネスとして利用するときに大きな期待はできません。おすすめはサブ的な位置の法人カードとして利用検討してみることです。

逆に、年会費が無料でない有料の法人カードでも、付帯サービスの豊富さやポイント還元率高さが故に、実質年会費以上の価値がある法人カードが少なくありません。

当サイトでは、年会費のかかる法人カードの中から費用対効果が良い法人カードをご紹介しているので、よろしければそちらもご覧くださいませ。