基礎知識
お得なビジネス・法人カードのおすすめの選び方をご紹介

お得なビジネス・法人カードの選び方、使い方とは

ビジネス・法人カードは経費精算の処理や管理の手間を省き、ポイント利用や付帯サービス利用によって経費節約が可能になるのが大変お得です。

個人向けクレジットカードと異なり、会社や事務所など法人口座を支払い口座に指定できるので、きっちりと利用に応じて分けられるのもメリットです。

今回はこのビジネス・法人カードをお得に使うためのポイント、そしてお得なビジネス・法人カード選びの方法をご紹介。

これからビジネス・法人カードを申し込もうと思っている、法人代表者や個人事業主の方はぜひご覧ください。

ビジネス・法人カードをおすすめする理由。なぜお得?

ビジネス・法人カードは会社の業種や利用シーンを考慮すると非常にお得に利用することが可能です。

まずは一般的なビジネス・法人カード利用がなぜお得なのかをお話していきます。

ビジネス・法人カードを利用するメリット

ビジネス・法人カードを利用するメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 経費の支払いが便利になり、精算や管理の手間が減る
  • ビジネスやプライベートで役立つ付帯サービスを利用できる
  • ポイント獲得やキャッシュバックを受けることで経費節約が可能
  • 社会的信用、いわゆるステータスを得ることができる
  • 支払日と締め日を調整することでキャッシュフローにゆとりが出る

どれもビジネス・法人カードを利用するとすぐに感じるお得なポイントと言えます。それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

経費の支払いが便利になり、精算や管理の手間が減る

ビジネス・法人カードを持つようになった法人代表者や個人事業主が一番感じるメリットがこの経費の支払いが便利になること、特に精算やレシート、領収書の管理の手間が減ることだと言います。

経費の支払いの際にはこれまで建替支払いや小口現金が用いられてきましたので、領収者やレシートの管理や精算が必要となっていました。

しかしビジネス・法人カードは経費など会社の支払いが全てまとめることができるので、上記のような手間を省くことが可能。

ビジネス・法人カードによっては追加カードを発行できるので、社員に持たせることもできますので、代表者だけでなく、社員もビジネス・法人カードの恩恵を受けることができるようになるでしょう。

ビジネスやプライベートで役立つ付帯サービスを利用できる

ビジネス・法人カードには付帯サービスと呼ばれる、ビジネスやプライベートで役立つお得なサービスや特典、割引を受けることができます。

例えば、出張に行った際のホテルやレストランがお得に利用できる割引、万が一の時に備える旅行傷害保険が付帯する、空港ラウンジが利用できるなど、そして福利厚生でお得に施設やサービスが利用できるなどが挙げられます。

この付帯サービスは一般的にビジネス・法人カードのグレードが上がるごとによりお得に、そして使えるシーンが増えてきます。

グレードとは一般カード、ゴールドカード、プラチナカードと呼ばれるもののこと。

プラチナビジネス・法人カードであればビジネスシーンでの様々な依頼ができたり、海外の空港ラウンジが利用できるようになるなどです。

ゴールドカードやプラチナカードは年会費が高くなるので、付帯サービスとのバランスを見て選ぶのが良いでしょう。

ポイント獲得やキャッシュバックを受けることで経費節約が可能

ビジネス・法人カードは会社の支払い、光熱費やオフィス家賃、通信費、ガソリン代、ETCでの高速代の支払いなどを含む経費や出張時の出費、仕入れや備品の購入、広告費の支払いなど多様になります。

その分利用額も増えますが、その時にお得なのがポイントが付与されたり、キャッシュバックを受けることができる点。

利用額に応じて付与されるポイントはマイルや金券、商品との交換が可能なので経費の節約に利用できます。

ビジネス・法人カードの中には高いポイント還元率やキャッシュバック率を設定しているお得なクレジットカードもあるので、利用シーンに合わせたカードを選ぶのが重要と言えるでしょう。

社会的信用、いわゆるステータスを得ることができる

ビジネス・法人カードは会社の信用と個人の信用がないと発行されません。そのためビジネス・法人カードを持つことそのものが社会的信用、いわばステータスを誇ることになるのです。

お得さも大事ですが、ビジネスシーンやプライベートで周りの人から見られる、ということを考慮するのであればステータスの高いビジネス・法人カードを選ぶのも良いでしょう。

ステータスの高いカードはゴールド、プラチナといったグレードの高いビジネス・法人カードであることはもちろん、アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)、ダイナースクラブ(Diners Club)など国際的なステータスを持つ国際ブランドであることも条件の一つ。

またアメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)一つとっても、国際ブランドであるアメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)やDiners Club、VISA、Mastercard、JCBが直接発行している、プロパーカードと呼ばれるビジネス・法人カードはよりステータス性が高く、提携会社が発行しているビジネス・法人カードは提携カードと呼ばれ、区別されます。

支払日と締め日を調整することでキャッシュフローにゆとりが出る

スタートアップの会社や個人事業主が最初に悩まされるのがキャッシュフローの問題。

会社は先ほど述べたように経費以外にも多くの金額の支払いが発生するので、常にキャッシュフローにゆとりを持たせておきたいものです。

ビジネス・法人カードは例えば、締め日が25日、支払日が翌月末払いのカードであれば、使い方を工夫して支払日を26日以降にすることで、支払いを翌翌月末に調整可能。

これによりキャッシュフローにゆとりを持つことができます。

お得なビジネス・法人カード選びのポイントとは

このようにビジネス・法人カードにはたくさんのメリットやお得な使い方が考えられます。

ではこのようなメリットやお得さを得るためにはどのようなビジネス・法人カードの選び方をすれば良いのでしょうか。

お得なビジネス・法人カード選び方のポイント

  1. 年会費と付帯サービスのバランスを考えて申し込む
  2. ポイント還元率やキャッシュバック率を考慮する
  3. 利用シーンが多いサービスがついたビジネス・法人カードを選ぶ
  4. ステータス性や見た目で選ぶ

これらを考慮するとお得なビジネス・法人カードが選ぶことができるでしょう。

お得なビジネス・法人カード選び方①年会費と付帯サービスのバランスを考えて申し込む

ビジネス・法人カードによっては年会費永年無料、初年度年会費無料などのカードもありますが、無料だからといって選ぶのは実はお得ではありません。

年会費が安い、もしくは無料だとランニングコストが抑えられますが、ポイント還元率が低い場合や付帯サービスが乏しいケースがほとんど。

ビジネス・法人カードを選ぶ際には年会費と付帯サービスやポイント還元立などのバランスを考慮することがお得な選び方と言えそうです。

お得なビジネス・法人カード選び方②ポイント還元率やキャッシュバック率を考慮する

ビジネス・法人カードを選ぶ際に必ずチェックしたいのがポイント還元率やキャッシュバック率。

ポイントはANAやJALなどのマイルや金券、商品に交換できますし、キャッシュバックは利用額に応じて現金が返ってきます。

ビジネス・法人カードの多くは独自のポイントを設定しており、ポイントの使い道、交換先も異なりますのでチェックするようにしましょう。

キャッシュバックが設定されているビジネス・法人カードの中にはガソリンステーションで利用できるオイルカードなどのカードもあります。

お得なビジネス・法人カード選び方③利用シーンが多いサービスがついたビジネス・法人カードを選ぶ

レストランやホテルの割引など出張や会食などに役立つ付帯サービスが用意されているものもあれば、海外での障害旅行保険やショッピングガード、空港ラウンジ利用がついたビジネス・法人カードもありますので、ご自身のライフスタイルや利用ビジネスシーンに合わせて選ぶのがおすすめ。

お得なビジネス・法人カード選び方④ステータス性や見た目で選ぶ

お得なビジネス・法人カードの選び方、最後のポイントはステータス性や見た目です。直接ポイントやマイルが付与されるわけでも、割引になるからお得、というわけではありませんが、プラチナカードやゴールドカードが持つステータス性は数字には見えない大きな価値と言えます。

プラチナカードなどのステータス性の高いカードを持つことで取引先から一目置かれることもあるでしょうし、費用感や価格感の提示の際にも優位に進めることができる可能性などもあるのではないでしょうか。

これはポイントや現金よりも効果の高いお得度とも言えるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか、今回はビジネス・法人カードをお得に利用する方法、またどうすればお得なビジネス・法人カードを選ぶことができるかにポイントを置き、解説してきました。

これらポイントを確認した上でビジネス・法人カードを選ぶようにすると失敗が少なくなるでしょう。

ビジネス・法人カードは持つ人によっておすすめが変わってきます。American Expressのプラチナカードがある人によってはぴったりでも、他の人からすると日本国内での利用に強いJCBカードや三井住友銀行が発行してる個人事業主向けのビジネス・法人カードがぴったりだったりするわけです。

ぜひあなたに最適でお得なビジネス・法人カードを選んでくださいね。

CREDIT CARD JOURNALおすすめのビジネス・法人カードはこちら