基礎知識
ビジネスカードとは?知っておきたい選び方・審査のポイントを解説

経営者・個人事業主が使うビジネスカードとは?概要を解説

会社経営者や個人事業主の方の中には、経費の支払いに使うために法人向けのクレジットカードを作ろうとお考えの方も多いでしょう。

法人向けのクレジットカードにはビジネスカードとコーポレートカードの2種類がありますが、小規模な会社や個人事業主向けのカードは「ビジネスカード」になります。

この記事では、これから法人向けのカードに申し込む方に向けて、ビジネスカードとはなにか、選ぶ際はどういった点に注意すべきかを解説。

また、最後におすすめのビジネスカードも紹介します。

ビジネスカードとはどんなメリットがあるのかを知って、自分に最適な1枚を選んでみてください。

ビジネスカードとは

ビジネスカードとは、法人向けのクレジットカードの1種です。

法人向けのクレジットカードは一般的に「法人カード」と呼ばれますが、法人カードは申込みの対象者に応じて「ビジネスカード」と「コーポレートカード」の2種類に分けられます。

ビジネスカードとは

ビジネスカードとは、中小企業や個人事業主向けの法人カードです。

経営者・個人事業主自身が経費支払いに使用したり、数人の社員に持たせたりする場合は、ビジネスカードに申し込みます。

コーポレートカードとは

コーポレートカードとは、大企業向けの法人カードです。大人数の社員に持たせる場合などに、コーポレートカードに申込みます。

目安として、法人カードの使用者が20名以上いるときにはコーポレートカードがおすすめです。

ビジネスカードの特徴

ビジネスカードとは個人向けのクレジットカードと同じような機能を備えていますが、企業向けならではの特徴があります。

引き落とし口座は法人名義の口座

ビジネスカードとは利用代金の引き落とし先として法人口座を指定します。

ただし、個人事業主の場合は個人口座を指定することも可能です。しかし、個人口座を引き落とし先として指定すると、プライベートのカード支払いや光熱費支払いなどと混ざってしまい、金銭管理が複雑になってしまう可能性があります。

経費管理をシンプルにするためには、個人事業主であっても屋号つきの口座を開設して引き落とし先に指定することがおすすめです。

与信調査の際に法人の業績・設立年数が見られる

ビジネスカードとは法人が利用するカードになるため、与信調査の際に業績や設立年数などを示す書類の提出が必要になることが多いです。

加えて、経営者・個人事業主個人の信用調査も行われます。

業績・設立年数を見られるということから、会社を立ち上げてすぐにビジネスカードの審査に通るか不安という声は多いです。

しかし、ビジネスカードの中には、業績などの資料は提出せず、経営者・個人事業主個人の信用調査のみで審査を行うというものもいくつかあります。審査が不安な方は、そういったビジネスカードを選ぶようにしましょう。

追加カードを発行することができる

ビジネスカードとは従業員に持たせるクレジットカードとして「追加カード」を発行することが可能。ただし、無料の場合と有料の場合があります。

追加カードを発行することで、従業員ごとの利用状況を把握することができ、不正使用を防ぐことが可能です。社内の経費管理を一元化することにも繋がります。

また、ビジネスカードを所持していると、追加でETCカードを発行することもできます。ETCカードの発行は無料で行えることがほとんど。車で営業に行くことが多い会社にとっては非常に助かるサービスでしょう。

ビジネスカードを持つメリット

ビジネスカードとは、経営者や個人事業主が必ず持たなければいけないものではありません。所持するには年会費もかかるため、特に持たなくても良いと考える方もいるでしょう。

しかし、ビジネスカードとは年会費に見合うだけの経営に役立つメリットを持っており、だからこそ多くの方が所持しています。

ここでは、ビジネスカードを所持するメリットを解説します。

経費の精算を一元化できる

先程も説明したとおり、ビジネスカードとは利用料金の引き落とし先を法人口座に指定します。

従業員が追加カードを持っていたとしても、同じ法人口座から引き落とされるため、金銭管理を一元化することができます。

また、ビジネスカードとは利用明細をオンラインで簡単に確認することができるため、経理処理を簡略化することも可能。経理担当者の手間をへらすことに繋がります。

会社のキャッシュフローを安定させられる

ビジネスカードとは、個人向けのクレジットカードと同様に引き落とし日が翌月もしくは翌々月に設定されます。

会社の現金がすぐに無くなることを防げるため、キャッシュフローを安定させることが可能です。

また、数は少ないもののキャッシングに対応しているビジネスカードもいくつかあります。ビジネスカードとは緊急時の資金準備というメリットもあるのです。

ビジネスをサポートする各種サービスがある

ビジネスカードとは、企業向けのカードだからこそのビジネスに役立つサービスが付帯されています。

代表的なサービスとしては、下記が挙げられます。

  • 国内・海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 空港ラウンジの無料サービス
  • 空港への手荷物配送・ポーターサービス
  • 会計ソフトなどの割引特典
  • ホテルやスポーツジムの優待・割引などの福利厚生特典

どのようなサービスが付帯されているかは、ビジネスカードのステータス(一般・ゴールド・プラチナなど)によって異なります。

ポイント制度で特典を受けられる

ビジネスカードとは利用した際に金額に応じたポイントが貯まるポイント制度がついているものが多くあります。

貯まったポイントは、他社のポイントやマイル、家電やギフト券などの景品に交換できるので、経費の削減に繋がります。

ビジネスカードによってポイント還元率が異なり、入会時にまとめてポイントを付与する入会キャンペーンを行っているカード会社も多くあります。

一方、カードによってはポイントサービスそのものがないこともあるので、注意が必要です。

最適なビジネスカードとは?選び方を解説

ここまで、ビジネスカードとはどのようなメリットがあるのかについて解説してきました。

ここからは、実際にビジネスカードに申し込む際の最適なカードの選び方を紹介します。

サービスの充実度で選ぶ

ビジネスカードとは、何と言っても付帯しているサービスが重要。

せっかくビジネスカードを持つのであれば、サービスの充実したカードを選びたいですよね。

しかし、付帯サービスが充実すればするほど、年会費が高額になってしまう点に注意が必要です。

海外出張が多い方は空港ラウンジサービスや高額な海外旅行保険がついているものを選ぶことがおすすめですが、出張はほとんどないという場合には空港ラウンジの無料サービスなどはさほど重要ではないでしょう。

自分の事業や普段のビジネス活動などを考慮した上で、必要なサービスが備わっているカードを選んでみてください。

ポイント還元率で選ぶ

ビジネスカードを選ぶ指標として、ポイント還元率に注目する方は非常に多いです。

貯まったポイントはマイルやギフト券、景品などと交換できるため、ポイント還元率が高ければ高いほどお得に。

一般的に、ビジネスカードとは0.25%~0.5%のポイント還元率が平均と言われていますが、還元率が1%を超えるものもあります。

ポイント3倍キャンペーンや入会キャンペーンなどを行っているビジネスカードも多くあるため、入会や切り替えの際にはよく比較することをおすすめします。

年会費で選ぶ

ビジネスカードとは個人向けのクレジットカードと異なり、一般ステータスのカードから年会費が発生することが多いです。

年会費の金額はカードによって大きく変わり、年会費無料というカードから、1,000円台で入会できる、1万円を超えるものまで様々。

なるべくなら無料もしくは安い金額で所持したい方がほとんどだと思いますが、だからと言って金額だけで選ぶのはおすすめできません。

というのも、年会費が無料・安いビジネスカードとは付帯サービスがほとんどなかったり、ポイント還元率が低かったりするため。

ビジネスカードとは金額だけを見て比べるのではなく、付帯サービスやポイント還元率も合わせてチェックして、総合的なコストパフォーマンスで選ぶことがおすすめです。

設立したての経営者・個人事業主は「審査」に注意!

ビジネスカードとは入会する際にの「審査」を避けて通ることはできません。

先ほど説明した通り、ビジネスカードとは審査の際に企業の業績や設立年数を見られることが多いです。

ビジネスカードによっては、「3期連続黒字、かつ法人設立3年以上」などの条件が明示されていることがあり、この条件を満たしていない場合には申し込むことができません。

しかし、ほとんどのビジネスカードとはこういった業績・設立年数に関する条件を公開していないのが実情です。

そのため、特に会社を設立したての経営者・個人事業主の方は「与信審査に通るかどうか」というのが大きな壁になってしまうのです。

では、駆け出しの経営者・個人事業主はビジネスカードの審査に通らないのかというと、必ずしもそうではありません。

なかには、設立したての経営者・個人事業主でも審査に通りやすいビジネスカードがあります。ここからは、審査に通りやすいビジネスカードとはどういうものかをご紹介します。

審査が不安なら決算書・登記簿謄本不要のカードがおすすめ

ビジネスカードの審査に通るか不安な方は、入会申込みの際に決算書・登記簿謄本の提出が必要ないカードに申し込むことがおすすめ。

決算書や登記簿謄本は、会社の業績や設立年数を記した書類です。これが必要ないということは、与信調査の際に会社の業績などをそこまで重視していないと考えられます。

その代わり、経営者や個人事業主本人の信用情報を重視して与信調査が行われると考えられますので、プライベートで使っているクレジットカードの履歴(クレジットヒストリー)に問題がないかしっかり確認しましょう。

過去に支払いの遅延があった場合には、ビジネスカードの審査に通りにくくなる可能性があります。

直近半年~1年以内に支払い遅延などを起こしていた場合、すぐにビジネスカードに申し込むことはおすすめできません。きちんと支払いをしている実績を作ってからビジネスカードに申込みましょう。

法人カードのおすすめランキングはこちら

ここまで、ビジネスカードとはどういったメリットがあるのか、選び方のポイントはなにかについて解説してきました。ビジネスカードとはどういうカードなのか、改めてまとめてみましょう。

  • ビジネスカードとは、小規模な会社・個人事業主向けの法人カード
  • 経理管理の一元化、付帯サービス、キャッシュフローの安定などのメリットがある
  • 与信審査の際には、会社の業績・設立年数と、個人の信用情報をもとに審査される

ビジネスカードを選ぶ際には、今回紹介した「付帯サービス」「ポイント還元率」「年会費」の3つの視点で比較することがおすすめです。

当サイトでは、この3つの視点でビジネスカードを比較し、いわば”総合力の高い”おすすめビジネスカードをファイナンシャルプランナー監修のもとランキングにまとめました。

皆さんのビジネスカード選びに、ぜひ活用してみてください。

おすすめのビジネスカードランキングは次のページで