コーポレートカード
コーポレートカード付帯の旅行傷害保険は個人旅行でも利用できる?

コーポレートカード付帯の旅行傷害保険は個人旅行でも利用できる?

多くのコーポレートカードには、海外・国内の出張時に役立つ「旅行傷害保険」が付帯されています。この旅行傷害保険を、出張時だけでなく家族や友人との個人旅行で活用したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

コーポレートカード付帯の旅行傷害保険は、プライベートの個人旅行でもケースによっては利用可能です。ただし、適用には条件があるため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

この記事では、カードに付帯されている旅行傷害保険が適用される条件について解説していきます。コーポレートカードの付帯サービスを、ビジネスだけでなくプライベートでも活用しましょう。

コーポレートカードに付帯の海外・国内旅行傷害保険とは

クレジットカードによく付帯されているサービスとして、「海外・国内旅行傷害保険」があります。この保険は、出張や個人旅行時に病気やケガで病院にかかった際、治療費を補償してくれるというものです。治療費の補償額は、カードの種類によって最高額が定められています。

特に、海外旅行中にケガや病気で病院にかかった場合、とても高額な治療費がかかります。海外出張や海外の個人旅行でもしものことが起きた際、コーポレートカード付帯の旅行傷害保険が役に立つでしょう。

ただし、旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」があり、それぞれ補償が受けられる条件は異なります。これらの条件について解説していきます。

自動付帯の保険は持っているだけで補償が受けられる

自動付帯の旅行傷害保険は、カードを持っているだけで自動的に補償が受けられるものです。コーポレートカードを発行してから一度もカード決済をしていなかった場合であっても適用されます。

一般的に、ゴールドカードなどのランクが高いカードは保険が自動付帯となっているのに対し、一般カードでは利用付帯となっていることが多いです。

ただし、コーポレートカードによっては海外旅行保険が自動付帯であっても国内旅行は利用付帯など、一部の補償は条件が異なっている場合があります。

例えば、「三井住友コーポレートカードゴールド」の場合、海外旅行保険は自動付帯ですが、国内旅行保険については利用付帯となります。

まずは、自分が持っているコーポレートカードの利用規約やサイトを読んで、補償が受けられる条件を確認するようにしましょう。

利用付帯の保険はクレジット払いの条件を満たす必要がある

旅行傷害保険が利用付帯のコーポレートカードは、旅行の交通費やツアー代金などにコーポレートカードを利用した時のみ適用されます。

例えば、「三井住友コーポレートカードクラシック」では、海外旅行傷害保険が利用付帯となっており、補償を受けるには以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具の利用代金をカードでクレジット決済した場合
  • 日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行(旅行会社のツアーなど)の旅行代金を当該カードでクレジット決済した場合
  • 日本出国後に公共交通乗用具(航空機、電車、船舶、タクシー、バス)の利用代金をはじめてカードでクレジット決済した場合

このように、各カード会社では保険の適用条件が定められています。保険が付帯されているからと安心せず、条件を満たしているか確認するようにしましょう。

コーポレートカードの旅行傷害保険はビジネスだけでなく個人旅行でも利用できる

コーポレートカードは基本的に会社の業務の支払いに利用するものなので、ビジネスではない個人旅行で保険のサービスは利用できないと思われがちです。しかし、旅行傷害保険を個人旅行で利用できるケースがあります。

前述の通りコーポレートカードの旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」のものがあります。このうち、利用付帯の場合は、個人旅行の交通費やツアー代金などににコーポレートカードで決済をする必要があります。そのため、プライベートでのコーポレートカード利用が禁止されている場合、補償は受けることはできません。

一方で、自動付帯の場合は持っているだけで適用されるため、個人旅行であっても旅行傷害保険を問題なく利用することができるのです。

ただし、カード会社もしくは勤めている会社の規約によっては、個人旅行には保険の適用が禁止されているケースもあります。個人旅行で保険が適用できるのかについては、会社に確認するのが一番だといえるでしょう。

他にも、福利厚生としてコーポレートカードを発行している場合は、プライベートでも自由にカードを使うことが認められているでしょう。このような場合は、そもそもカードの私的利用が問題ないため、旅行傷害保険やその他のサービスに関してもプライベートで利用できます。

コーポレートカードの場合、自分で利用代金を支払っている場合であっても年会費は会社負担となります。無料で個人旅行にも旅行傷害保険が利用できることは、コーポレートカードを発行する大きなメリットといえるでしょう。

ゴールドカード付帯の空港ラウンジサービスも個人旅行で利用可能

コーポレートカードのゴールド券面には、空港ラウンジサービスが付帯されていることがあります。空港ラウンジサービスとは、国内や海外の出張・個人旅行時に、提携している空港ラウンジに無料で入場できるというものです。

無料のドリンクやWi-Fiなどが用意されているため、空港ラウンジサービスを利用すれば出張や個人旅行時の待ち時間を快適に過ごすことができるでしょう。

この空港ラウンジサービスも、旅行傷害保険と同様に、出張時だけでなくプライベートでの個人旅行時にも利用可能です。空港ラウンジの入場時には、コーポレートカードと航空券を提示するだけなので、支払いも発生しません。

ただし、家族や友人との個人旅行の場合は、コーポレートカードの空港ラウンジサービスを利用したとしても、同行者については無料にならないことがあります。カードによっては、同行者は有料で入場することになるため注意しましょう。

まとめ

コーポレートカードには、旅行時のケガや病気などのトラブルを補償してくれる旅行傷害保険サービスが付帯されていることがほとんどです。この保険は、ビジネスでの出張時だけでなく個人旅行でも適用されます。

ただし、「利用付帯」の保険については、交通費やツアー代金をカード決済しなければ適用されないため、コーポレートカードの私的利用が禁止されている場合は、個人旅行での保険の利用ができません。コーポレートカードのプライベート利用については、会社に確認するようにしましょう。

コーポレートカードの年会費は会社負担のため、無料で旅行傷害保険やその他の優待サービスが利用できるというメリットがあります。プライベートでも利用できるものがあれば、ぜひ活用してみてください。