コーポレートカード
任意整理したことがあっても会社のコーポレートカードの審査には通る?

個人で任意整理をしたことがあってもコーポレートカードの審査に通る?

会社でコーポレートカードを作ることになったとき、自己破産や任意整理の経験があると「審査に通らないのではないか…」と不安になりますよね。

クレジットカードの審査はカード会社によって基準が異なるため、「このような場合は審査に受かる」とは一概にはいえません。しかし、コーポレートカードはあるポイントを申し込み前に確認することで、審査に通るかある程度の目安を付けることができます。

この記事では、自己破産や任意整理とクレジットカードの審査の関係と、コーポレートカードの申し込み前にチェックするべきポイントについて解説します。

コーポレートカードの審査に不安を抱える会社員の方は、ぜに参考にしてみてください。

自己破産・任意整理とクレジットカードの審査の関係

一般的に、自己破産や任意整理の経験があると、「クレヒスが悪い」「ブラックリスト」といわれる状態になり、クレジットカードの審査に通りづらくなります。

なぜクレジットカードの審査に自己破産や任意整理の経験が関わってくるのでしょうか。はじめに、自己破産・任意整理とクレジットカードの審査の関係について解説します。

クレジットカードの審査でチェックされる「クレヒス」

クレジットカードの審査では、申込者の勤務形態や年収、家族形態などのほかに、個人信用情報といわれるものがチェックされます。

この個人信用情報はいわゆる「クレヒス(クレジットヒストリー)」といわれるもので、ローンやクレジットカードの利用履歴、自己破産や任意整理などの情報のことです。

クレヒスは金融機関を通して、「信用情報機関」に共有され、カード会社はカードの審査の申し込みがあった際、この信用情報機関に個人のクレヒスを照会をします。

過去にクレジットカードの支払い延滞などがありクレヒスが悪いと、カードの返済を行ってくれないリスクがあると判断し、審査に落ちてしまうことがあるのです。

自己破産・任意整理をするとブラックリスト状態になる

自己破産や任意整理をした場合、信用情報機関には重大な金融事故情報として記録がされ、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態になります。

ブラックリストに載ったからといって必ず契約ができないというわけではありませんが、審査はかなり厳しい状況になるといえるでしょう。

ただし、信用情報機関に保有される事故情報は、一般的に5年ほどで消去されるといわれています。

自分の信用情報は各信用情報機関に問い合わせて確認できるため、自己破産や任意整理から時間が経っている場合は、信用情報を照会してみることをおすすめします。

【申し込み前にチェック】コーポレートカードの基礎知識

自己破産・任意整理でブラックリスト状態の場合、クレジットカードの審査には通りづらくなると解説しました。

しかし、コーポレートカードは個人のクレジットカードとは決済の方法などが異なるため、自分の信用情報がチェックされないこともあります。

コーポレートカードの決済方法など基本的な知識を確認していきましょう。

コーポレートカードは大企業向けの法人カード

コーポレートカードとは、大企業の社員向けに発行されるカードのことです。

コーポレートカードは、主に経費利用の目的で発行します。例えば、出張時のホテル代や交通費、消耗品などをコーポレートカードで支払うことで、現金で立て替えたり領収書をもらって提出したりする手間がかかりません。

経理の業務負担が大幅に減らせるなど会社にとってのメリットが大きいため、会社全体で導入することが多くあります。

コーポレートカードは個人のクレジットカードとは異なり、会社に属する個人として、会社を通じて申し込みをするのが特徴です。

コーポレートカードの支払い方法は「会社決済型」「個人決済型」の2種類に分けられる

個人のクレジットカードと大きく異なる点として、コーポレートカードの支払い方法が「会社決済型」と「個人決済型」の2種類があることが挙げられます。

会社決済型は、コーポレートカードでの利用額を会社が一括で支払う方法です。一方で、個人決済型はコーポレートカードの利用額を一旦個人が全て支払い、経費分のみ会社に申請をして払い戻しを受ける支払い方法です。

支払い方法は会社やカード会社によって決められるため、申込時にどちらを選ぶかは社員の立場では決められません。

実はコーポレートカードの審査にはこの支払い方法がどちらなのかが大きく関わってきます。

支払い方法は申し込み案内書などに記載されているため、申込書を良く読んで確認しておきましょう。

自己破産・任意整理の経験があってもコーポレートカードの審査には通る?

コーポレートカードの審査に信用情報が関わってくるかどうかは、先ほど解説した支払い方法である程度目安がつけられます。

コーポレートカードの審査と、支払い方法の関係について解説します。

会社決済型の場合は審査に通る可能性アリ!

コーポレートカードの支払い方法が会社決済型の場合、審査に個人の信用情報が大きく関わることはありません。申込先によっては、個人の信用情報が照会されることもないようです。

信用情報が照会されるかどうかは、申込書と一緒にもらえる「会員規約」などの書類に記載されているので確認してみましょう。

信用情報が照会されなければ、自己破産や任意整理の経験があっても問題なく審査に通過します。会社にブラックリスト状態であることがバレる心配もないでしょう。

また、信用情報が照会されるものであっても、会社決済型の場合は実際に支払いを行う会社の信用が重視されるため、個人の信用情報が悪くても審査に通過する可能性が十分にあるのです。

つまり、会社決済型ならば、自己破産や任意整理の経験があっても、審査についてあまり心配する必要はないといえます。

個人決済型の場合は審査に落ちる可能性が高い

一方で、自分でお金を一度支払う必要がある個人決済型の場合は、自己破産や任意整理の経験があると審査に落ちる可能性が高いです。

個人決済型の場合、会社だけでなく個人の信用情報についてもカード会社は照会をします。そのため、自己破産や任意整理でブラックリストに載っているは場合、審査に通過するのは難しくなってしまうのです。

会社にコーポレートカードを申し込むようにいわれている場合は、ブラックリスト状態であることを正直に話すか、ダメ元で申し込んでみるしかないといえるでしょう。

まとめ

コーポレートカードは、大企業の社員向けに発行されるカードのことで、「会社決済型」「個人決済型」の大きく2種類の支払い方法に分けられます。

会社決済型の場合、自己破産や任意整理の経験があっても審査には問題ありませんが、個人決済型の場合は審査に落ちてしまう可能性が高いです。

まずは、コーポレートカードの申込書や会員規約を読み、信用情報の開示に関わる欄や支払い方法を確認してみましょう。