コーポレートカード
ゴールドコーポレートカードの利用のメリットとおすすめカードを紹介!

ゴールドコーポレートカードの利用のメリットとおすすめカードを紹介!

大企業向けの法人カードであるコーポレートカード。社員の経費利用や福利厚生として導入を検討している方が多いでしょう。

特にゴールドのコーポレートカードは、一般カードよりもより充実したサービスや旅行保険が付帯されており、導入することでさまざまなメリットがもたらされます。

今回は、ゴールドコーポレートカードのメリットと、おすすめのゴールドコーポレートを紹介します。コーポレートカードの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーポレートカードの基礎知識

まずは、コーポレートカードの基礎知識について確認していきましょう。

コーポレートカードは、企業に発行されるクレジットカードである「法人カード」の一種です。法人カードは支払いに法人口座を設定できるため、経費をカード決済することで経費精算の手間が省けるというメリットがあります。

コーポレートカードとビジネスカードの違いは発行対象

法人カードには、「コーポレートカード」の他に「ビジネスカード」というものも存在します。これらのカードの主な違いは発行する企業の規模や使用人数で、カード会社によって発行対象者が決められています。

ビジネスカードが経営者や中小企業向けの法人カードである一方、コーポレートカードは大企業向けとなっています。カード利用者は20名以上を想定して発行されることが多く、追加カードを複数枚発行可能です。

大企業でも、経営者や役員など数人のみでの利用を考えているという場合は、コーポレートカードではなくビジネスカードを選ぶと良いでしょう。

ランクは一般とゴールドの2種類

法人カードでは、ゴールドカードのひとつ上のランクのプラチナカードが最もステータスが高いカードだといわれています。

しかし、コーポレートカードはプラチナランクの用意はなく、一般とゴールドの2種類のランクのみの場合がほとんどです。

ゴールドカードでは手厚いサービスが受けられますが、ステータスを重視する方にとっては物足りないと感じるかもしれません。

ステータスの高いカードを持ちたいという経営者の方は、自分ではプラチナのビジネスカードを所持し、社員用にはコーポレートカードを発行するという使い分けもおすすめです。

ゴールドランクのカードのメリット

ここからは、コーポレートカードの一般ランクのカードと比較して、ゴールドランクのカードはどのようなメリットがあるのかについて解説します。

利用可能額が増える

ゴールドのコーポレートカードは、一般カードより利用可能額が増えます。利用可能額が多いゴールドコーポレートカードを導入すれば、資金繰りがしやすくなり、事業拡大に向けた資金計画も立てやすくなるでしょう。

ただし、年会費もその分高くなるため、導入の際は年会費が負担にならないよう注意しましょう。

旅行傷害保険の補償額が増える

ゴールドコーポレートカードにすることで、旅行傷害保険の補償額もアップします。

国内外の出張が多い企業の場合は、カードを持っているだけで出張のトラブルに備えられることは大きなメリットになるでしょう。

ビジネスサービスや空港ラウンジサービスが充実

ゴールドコーポレートカードでは、一般ランクのカードでは受けられないような手厚いサービスが充実しています。

例えば、空港のラウンジ利用サービスはゴールドカードのみの付帯となっている場合が多いです。他にも、ホテルや旅行の予約を手配してくれるコンシェルジュサービスや、無料の手荷物サービスなどビジネスや出張に役立つサービスなどが追加で付帯されることがあります。

よりリッチなサービスを受けたいという方は、ゴールドコーポレートカードを選ぶと良いでしょう。

おすすめのゴールドコーポレートカードを紹介!

最後に、おすすめのゴールドコーポレートカードの基礎情報と魅力的なサービスを紹介します。ぜひチェックしてみてください。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・コーポレートカード

年会費 個別に設定
追加カード年会費 個別に設定
ETCカード年会費 1枚500円+税
ポイント還元率 0.5~0.7%
申し込み資格 中堅・大規模企業
限度額 個別に設定
旅行傷害保険 国内:最高5,000万円(利用付帯)、
海外:最高5000万円(自動付帯)
ショッピング保険 なし
国際ブランド AMEX(アメックス)

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・コーポレートカード」は、会社の経費精算システムにカードの利用データを連携できるなど、経費管理に役に立つサービスが多く用意されているのが特徴です。導入することで、業務の効率化に大きく貢献してくれるでしょう。

ゴールドランクのカードは、一般ランクのカードで受けられるサービスに加えて海外出張に役立つサービスが充実しています。

空港ラウンジ特典があるのはゴールドカードのみで、国内28空港とホノルル空港の空港ラウンジを無料で利用できるほか、プライオリティ・パス提携の空港ラウンジも利用可能です。さらに、スーツケースを自宅・空港間で配送してくれる手荷物無料宅配サービスも付帯されます。

ステータスと充実したサービスを兼ね備えたアメリカン・エキスプレス・ゴールド・コーポレートカードは、多くの法人におすすめできるカードです。

三井住友コーポレートカードゴールド

年会費 10,000円+税
追加カード年会費 2,000円+税
(上限30,000円+税)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 なし
申込資格 大企業向け
(カード利用者20名以上)
限度額 個別に設定
旅行傷害保険 国内・海外:最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 なし
国際ブランド Visa MasterCard

「三井住友コーポレートカードゴールド」は、追加カードの年会費に30,000円までと限度額が設けられるため、年会費を抑えたい企業にとって魅力的なカードです。

ビジネスに役立つサービスも充実しており、主に以下のものが付帯されています。

  • アスクルサービス(オフィス用品の調達)
  • 日産レンタカー・タイムズカーレンタル
  • アート引っ越しセンター割引
  • 海外レンタカー優待サービス
  • 福利厚生代行サービ
  • 国内ゴルフエントリーサービス

ゴールドカードは旅行傷害保険についても、海外最高5,000万円、国内最高5,000万円と充実した補償額が用意されているほか、空港ラウンジも利用可能です。

「三井住友コーポレートカードゴールド」は、手頃な年会費でコーポレートカードを導入したいという法人におすすめのカードといえます。

UCコーポレートカードゴールド

年会費 個別に設定
追加カード年会費 個別に設定
ETCカード年会費 無料(1枚につき99枚まで)
ポイント還元率 なし
申込資格 大企業向け
限度額 個別に設定
旅行傷害保険 国内:最高5,000万円(利用付帯)
海外:最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間300万円まで
国際ブランド Visa,MasterCard

UCコーポレートカードは、一般ランクのカードには旅行傷害保険が付帯されていないため、出張が多い企業には旅行傷害保険と空港ラウンジサービスが付帯されているゴールドランクのカードがおすすめです。

また、ゴールドカードで購入した商品の破損などによる損害を、最大300万円まで補償してくれるショッピング保険がついています。カード利用することで、高額な商品も安心して購入できるようになるでしょう。

福利厚生サービスや、JALオンラインサービス、タクシーチケットなどビジネスに役立つサービスも多く付帯されています。

ETCカードが無料で発行できるため、車利用が多くETCカードの利用を考えている企業にもおすすめできるカードです。

まとめ

ゴールドコーポレートカードは、一般ランクのコーポレートカードに比べて充実したサービスや旅行傷害保険が用意されているカードです。

カードを経費の支払いに利用するだけでなく、幅広く活用したいという企業にはゴールドカードがおすすめだといえます。ただし、その分年会費が高くなるため、導入前には年会費もしっかりチェックすることが大切です。

利用できるサービスや保険の補償額なども比較検討して、自社に合ったコーポレートカード選びを行いましょう。