コーポレートカード
コーポレートカードでマイルを貯められる?利用のポイントについても解説

大企業がANAダイナースコーポレートカードを使ってマイルを貯めるには

飛行機での出張が多い大企業(マンモス企業)の皆さん。コーポレートカードの利用にあたって、マイルが貯まるか気になっている方も多いと思います。実は、マイルが貯まるコーポレートはあります。

そこで、この記事では以下の3点について解説。

  • 貯まるコーポレートカードの選び方
  • 利用するときのポイント
  • よく貯まるコーポレートカード

ぜひコーポレートカードを使って、出張を有利にすすめてみてください。

カード(法人)で貯めることはできる?

コーポレートカードでマイルを貯めることはできます。しかし、すべてのコーポレートカードで貯められるわけではないので、注意が必要です。

貯めることができないカードの特徴は、「ポイント付与やマイル付与制度がない」こと。コーポレートカードの機能性のみを売りにしているカードは、ポイントを貯める機能がありません。

もしも、コーポレートカードでしっかり貯めたい場合には、以下で紹介する選び方を参考にしてみてください。

貯まるクレジットカードの選び方

ここからは、貯まるクレジットカードの選び方を紹介します。参考にしながら自分に合ったクレジットカードを選んでみてください。

選び方①ポイントをマイルに交換できるカードを選ぶ

コーポレートカードの中には、ポイントのみを貯められるというカードがあります。方法は、貯まったマイルをカード発行会社に依頼して、マイルに変更しています。貯まったポイントの有効活用が可能です。

中には、ポイントをマイルに移行できないコーポレートも存在します。よって、申込むときに交換してもらえるかしっかり確認しておきましょう。

ポイントをマイルに交換するには、注意が必要

ポイントをマイルで交換する場合、2点注意が必要です。

  • 交換手数料・サービス加入料がかかることがある
  • 交換できるポイント数に制限がかかることがある

交換するときは、手数料がかかることがあります。また、マイルに交換するためのサービスの加入料が必要な場合も。そのため、コーポレートカード申込み前によく検討する必要があります。

交換できるマイル数には、制限がかかっていることがあります。年単位・月単位で決められていることがほとんどです。事前に確認しておきましょう。

選び方②航空会社と連携しているカードを選ぶ

2つ目は航空会社と連携しているコーポレートカードを選ぶことです。コーポレートカードは、ANAなどの航空会社と連携しているカードを発行していることがあります。

連携しているカードはダイレクトにマイルを貯めることができます。効率的にマイルをもらうことができるでしょう。まれにマイルが貯まる条件で「航空券の決済のみ」となっているコーポレートカードもあるので、注意してください。

選び方③キャンペーンでもらえるマイル数で選ぶ

航空会社と連携しているコーポレートカードは、入会や継続をするだけで、マイルが貯まるキャンペーンをおこなっていることがあります。各クレジットカード発行会社のマイル数を比較して申込むのも1つの手です。

入会や継続で毎回2,000マイルほどもらえることが多いようです。申込みする前にどのくらいマイルがもらえるのか、HPや担当者に問い合わせをして確認しておきましょう。

利用するときのポイント

ここからは、コーポレートカードのマイルを利用するときのポイントに付いて解説していきます。以下の2つのポイントに注意しながらマイルを賢く利用しましょう。

注意点①コーポレートカードで貯めたマイルは個人利用しない

コーポレートカードで貯めたマイルは、個人利用はしてはいけません。なぜならば、コーポレートカードは企業が年会費を払っているカードだからです。

個人利用してしまうことで、会社の経費を勝手に使っていると同等のことだと解釈されることもあります。よって、企業の利用許可がない限りは、個人利用はしないようにしましょう。

注意点②仕事でマイルを使う場合には、必要書類を準備する

仕事でマイルを使う場合は、必要な書類をとっておくようにしてください。必要な書類は以下の2つ。

  • マイレージ利用明細
  • 領収書欠如申請書

基本的にマイレージを使って航空券を予約すると、領収書をもらうことができません。そのため、マイレージを使った証明をするための利用証明書。領収書が欠如していることを申請する書類を一緒に準備しておいてください。

マイルが貯まるおすすめカードは「ANAダイナースコーポレートカード」

ここからは、マイルがとても貯まりやすいコーポレートカード「ANAダイナースコーポレートカード」について紹介します。

特徴や基本情報について紹介するので、コーポレートカード選びに迷っている方は、参考にしてみてください。

ANAダイナースコーポレートカードの特徴

まずは、ANAダイナースコーポレートカードの特徴について紹介します。

最大15,000マイル貯まるキャンペーンをおこなっている

ANAダイナースコーポレートカードは、入会時だけでなく、カードの利用金額が一定の水準を超えることで更にマイルが貯まる仕組みです。内訳は以下の通り。

  • 入会:2,000マイル
  • 特定の期間中に40万円利用:4,000マイル
  • 通常の利用ポイント:4,000マイル
  • 期間中の入会:5,000マイル

期間中に入会や利用をしていくだけで、かなりお得に貯めることができます。

貯めたマイルを代表者に集約できる

ANAダイナースコーポレートカードは、代表者にマイルを集約できるのもポイントの1つ。利用ポイントを集約できることで、以下の2点のメリットがあります。

  • 個人利用の防止
  • マイルが管理しやすくなる

集約できることで、社員のポイントを自由に好きなタイミングで移行することが可能です。そのため、個人利用されるリスクがありません。

また、集約することで、マイルがどのくらい貯まっているのかすぐに確認できます。よって、使うタイミングなどが図りやすくなり、効率的にマイルを使えるでしょう。

ANAダイナースコーポレートカードの基本情報

ここからは、ANAダイナースコーポレートカードの基本情報について紹介します。表にまとめたので、御覧ください。

年会費:初年度 20,000+税
サブカード年会費 20,000+税
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.4%~1%
申込資格 法人経営者 / 個人事業主
限度額 企業との相談により決定
旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高500万円
国際ブランド Diners Club

年会費は代表者・サブカードともに20,000円+税かかってしまうので、他のコーポレートカードと比較すると、高額になります。しかし、その分ポイントの還元率は非常に高いので、どちらを優先するのかしっかり考えしましょう。

また、旅行傷害保険は、海外・国内ともに最高5,000万円です。国内・海外ともに5,000万円保証するコーポレートカードは珍しいと言えます。飛行機を使った旅行・出張が多い場合は、ANAダイナースコーポレートカードの利用がおすすめです。

まとめ:コーポレートカードのマイルの仕組みを理解しよう!

今回は、コーポレートカードのマイルについて紹介しました。コーポレートカードで、マイルを貯めたい場合には、ポイントが貯まるカードまたは、航空会社と連携しているカードを選びましょう。

マイルを使うときには、個人利用はせずに、必要な書類を準備するようにしてください。もしも、マイルが貯まるコーポレートカードをお探しの場合には、「ANAダイナースコーポレートカード」の加入を検討しましょう。