基礎知識
法人カードのプライオリティパスとは?特徴を徹底紹介

高ステータス法人カードの証であるプライオリティパスについてご紹介

法人カードを作成することで、カードに付帯されている特典や起業の経理をスムーズにできるので、利用している人も多いでしょう。

しかし、法人カードにも種類があり、法人カードでプライオリティパスがあればビジネス面でお得なサービスを受けることができます。

「プライオリティパスは本当にお得なの?」「人気のプライオリティパスが知りたい」など疑問もあるでしょう。法人カードのプライオリティパスの気になる点について解説していきます。

プライオリティパスがあればラウンジ利用ができる

空港ラウンジサービスが利用できるのが、プライオリティパスのある法人カードで最も期待の持てるサービスです。空港ラウンジのサービスを無料で利用できるのが、プライオリティパスのサービスです。

出張旅行などで空港をよく利用する人はラウンジを利用できれば疲れを癒せる快適な空間を楽しめます。

プライオリティパスの無料ラウンジでは以下のサービスが期待できます。

快適なネットサービス

空港ラウンジでは快適なネットサービスを利用できます。ラウンジのWi-Fiは一般のネットワークと違いセキュリティもしっかりしているので、情報を抜き取られる心配はありません。

搭乗時間の待ち時間まで仕事に打ち込むことができるので、プライオリティパスで時間を無駄にせずに仕事を行えます。

食事やドリンクサービス付き

食事やドリンクサービスも提供されます。食事はビッフェスタイルや軽食などを自由に選ぶこともでき、ドリンクはアルコールもいただくことができます。

搭乗時間の待ち時間まで、プライオリティパスを利用して快適な旅とすることができます。

シャワールームも利用可能

空港ラウンジによりますがシャワー付きであれば、シャワーの利用が可能です。

海外や国内線の出発前に体をきれいにしておきたいなら、法人カードのプライオリティパスでこのサービスを利用してみることも検討できます。

メリットが2つある法人カードのプライオリティパス

空港ラウンジが無料で利用できるのは法人カードのプライオリティパスの大きなメリットです。

ただ、どのようにプライオリティパスを使用できるのか使い方の内容についても知っておくとさらにお得です。

法人カードのプライオリティパスの使用方法は以下を見てください。

同伴者も利用可能

空港ラウンジを無料で利用するためには、プライオリティパスを持っておく必要があります。

プライオリティパスを持っていないなら、空港ラウンジは利用ができませんが、自分のクレジットカードでプライオリティパスを持っているなら、自分のパートナーも少額費用でラウンジが利用できます。

クレジットカードの種類やグレードでは、自分と1名の同伴者は無料になるなど利用範囲が広がることもあるので、プライオリティパスを積極的に使用して同伴者と空港ラウンジの利用を検討してみましょう。

アプリがあればカード不要

空港ラウンジを利用するときはプライオリティパスをスタッフに見せることが必要です。

しかし、自分の端末に法人カードのプライオリティパスのアプリをダウンロードしておけば、アプリで簡単にプライオリティパスの証明を行うことができます。

プライオリティパスのカードをいつも付帯しておく必要はなく、、面倒な手続きもする必要がないので端末にアプリを入れて使用してみてください。

4つのおすすめ法人カードのプライオリティパス

お得な特典が欲しいならプライオリティパスの法人カードです。しかし、種類は豊富なので特徴の確認は大事です。数あるプライオリティパスの法人カードの中でもおすすめは以下から選ぶことができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費 31,000円+税
サブカード年会費 12,000円+税
ETCカード年会費 500円+税
ポイント還元率 0.3%〜1.0%
申込資格 20歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 個別に設定
旅行傷害保険 海外:最高1億円 国内:最高5,000万円
ショッピング保険 最高500万円
国際ブランド AMEX(アメックス)

法人カードでプライオリティパスを使用するなら、アメックスビジネスゴールドカードカードの利用も検討できます。

なぜなら、プライオリティパスを使用することで無料で国内の主要空港28か所と海外の空港のラウンジで過ごせます。

海外の空港ではハワイと韓国の仁川国際空港のラウンジが利用できるので、韓国やハワイによく旅行に行く人なら快適な空港の時間を過ごせます。

さらに、同伴が1人までラウンジの利用は無料になっているので、ビジネスパートナーも一緒に過ごすことができます。

プライオリティパスではアメックスビジネスゴールドカードを検討できます。

JCBゴールド法人カード

年会費:初年度 無料(Web申し込み時)
年会費:2年目 10,000円+税
サブカード年会費 3,300円(税込)
ETCカード年会費 あり
ポイント還元率 0.5%~1.0%
申込資格 18歳以上 法人または個人事業主
旅行傷害保険 国内外:最高5,000万円
限度額 50万~250万円
国際ブランド JCB
Apple Pay/Google Pay 設定不可
キャッシング なし

JCBゴールド法人カードも利用が可能です。JCBゴールド法人カードは国内の主要な空港とハワイのラウンジをプライオリティパスで利用することができます。

また、JCBゴールド法人カードはオンラインで初年度の年会費が無料になること、海外保険が1億円まで補償されるなど、補償内容も充実しています。

国内の出張などで空港をよく利用する人はラウンジで仕事の疲れを取ることができます。

また、プライオリティパスの費用負担が少ないので、1枚法人カードでプライオリティを持っておきたいならJCBゴールド法人カードを携帯しておくこともできます。

楽天プレミアムカード

年会費 2,000円+税
サブカード年会費 発行不可
ETCカード 無料
ポイント還元率 1%〜5%
申込資格 20歳以上の法人または個人事業主
限度額 300万円
旅行傷害保険 楽天プレミアムカードに対して補償
ショッピング補償 楽天プレミアムカードに対して補償
国際ブランド VISA

楽天プレミアムカードを使用することもおすすめです。

国内の主要な空港はもちろん、海外の空港ラウンジも多数の国で利用することができるので、いろいろな国にビジネスとして出張に行く人は利用する頻度が多いでしょう。

また、法人カードの中でもポイントが付きやすく、100円に付き1ポイントが貯まり還元率は1%です。さらに、ETCカードの追加発行も行うことができるので、1枚目は年会費が無料で利用できます。

クレジットカード会社の中でもお得な特典が多く、法人カードとしての利用範囲も広いです。

三井住友カードプラチナ

年会費 50,000円+税
家族カード年会費 5,000円+税
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.5%〜2.5%
申込資格 30歳以上の個人事業主または法人代表者
限度額 200万円〜500万円
旅行傷害保険 国内外最高1億円(自動付帯)
ショッピング補償 最高500万円
国際ブランド VISA、Mastercard

プライオリティパスのある法人カードで三井住友カードプラチナを選ぶことができます。

国内で主要な空港のラウンジを利用することができます。同伴者1名であれば、ラウンジ利用料金は無料にできるため、ビジネスパートナーと一緒に空港のラウンジを利用したい人も安心できます。

さらに、プラチナという高いクラスの法人カードなので、レストランやホテルは優待価格で利用することができ、飛行機のチケットの予約提携しているレストランの料理を無料で食べることができるなど、好待遇のサービスも利用できます。

年会費が50,000円と高額になっていますが、最高の待遇を受けたい人はプライオリティパス付の法人カードとして検討できます。

2つのプライオリティパス付の法人カード申し込み方法

プライオリティパス付の法人カードを利用するためには、申し込みを行うことが必要です。

プライオリティパス付の法人カードを発行してもらっても、プライオリティパスが始めから一緒に付いてくるわけではないので、別に申し込みの作業をします。

申し込みは以下の2つの方法があります。

マイページから申し込み

各自分が持っている法人カードの公式サイトからマイぺージにログインします。

ログインした後にマイページのトップページにプライオリティパスの申し込み蘭があるので、そこからプライオリティパスの申し込みをするので大丈夫です。

法人カードのプライオリティパスを申し込みしたなら、2週間以内に簡易書類で自分の住所に郵送されます。

電話で申し込み

自分の持っている法人カードの裏面に、インフォメーションセンターへの電話番号が載っています。インフォメーションセンターに電話をすると、プライオリティパスの申し込みをすることができます。

年会費で考えるプライオリティパス付きの法人カード

プライオリティパスを携帯するときは知っておくべき注意点があります。それは年会費です。

プライオリティパス付の法人カードはランクが最低でもゴールドランクからになっており、一般の法人カードには付帯されていません。

ゴールドランクやプラチナランクの法人カードであれば、年会費は最低でも3,000円ほどかかり、法人カードによっては10,000円を超えることもあります。

年会費を確認しておかないとプライオリティパスを申し込んだ後に費用の負担が大きくなります。年会費の違いなども考慮しましょう。

プライオリティパスがある法人カードを持つのは最高

法人カードの使用で空港のラウンジを利用できるプライオリティパスは、ビジネス面で負担を軽減できます。クレジットカードによってプライオリティパスの特徴と特典は違います。

サービス内容やETCの付帯、ポイントサービスなど法人カードの内容を加味して選ぶことが大事です。

法人カードの発行を考えている人は、ぜひプライオリティパスも検討してください。