基礎知識
JCBビジネスカードのClub off。ゴールド以上で登録できる魅力の優待を解説

JCBビジネスカード(ゴールド)のClub off優待を紹介

JCBビジネスカードやJCBが発行するゴールドステータス以上の法人カードでは、「Club off(クラブオフ)」という優待サービスを受けることができます。

Club offは、日本全国の70,000店舗以上の施設を特別優待料金で利用できるサービスで、福利厚生として高い人気を集めています。

この記事では、JCBビジネスカード・法人カードで加入できるClub offについて、優れた特典の内容をご紹介します。

JCBビジネスカードのClub off(クラブオフ)優待とは

JCBのClub off(クラブオフ)優待とは、JCBカードの中でも特定のカードに付帯されている「JCB GOLD Service Club Off」という福利厚生優待サービスを指します。

グルメやスポーツ、エンターテインメント、レジャーなど、ビジネス・プライベートどちらにも有効活用できるサービスを優待価格で利用可能。

対象店舗は国内の70,000店舗以上とされており、優待サービスの中でも非常に満足度の高い人気のサービスとして注目されています。

クラブオフ会員になれるのはビジネスカードとゴールドカード以上の法人カード

JCBのClub Offは、優待サービス対象のJCBクレジットカードを所持していれば、無料で利用することができます。

法人向けのクレジットカードの中では、下記のカードがClub offの対象です。

Club offの対象カード

  • JCB法人カードゴールド
  • JCBプラチナ法人カード
  • JCBビジネスプラスゴールド法人カード
  • JCB CARD Biz ゴールド
  • JCB CARD Biz プラチナ
  • JCBビジネスカード

ゴールド以上のステータスをもった各種法人カードと、大企業が申し込み対象であるJCBビジネスカードがClub offの対象です。

ちなみに、Club offは法人カードだけでなく、個人向けのJCBカードでも利用可能。

JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド、ネクサス本会員または家族会員が対象になっています。

Club off優待の内容

JCBビジネスカード・法人カードで利用できるClub off優待は、日常生活やビジネスの中で利用する様々な施設での優待割引が最大の魅力。なんと最大80%引きの優待を受けられる場合もあり、非常にお得です。

Club off優待が適用される施設・サービスは数多くありますが、ここでは主要なものをご紹介します。

宿泊施設の割引優待

Club offでは、提携しているホテル・宿泊施設を会員特別料金で利用できたり、特定の宿泊予約サイトから申し込むことで料金割引を受けられたりと、国内旅行でのお得な割引サービスを受けることができます。

ビジネスで出張が多い方には非常に嬉しいサービスでしょう。

優待対象の宿泊予約サイト

楽天トラベル、一休.com、じゃらん、日本旅行、Booking.com、エクスペディア、agoda.com など

また、定期的にタイムセールも行われており、うまく利用すれば遠出する際の宿泊代をぐっと抑えることが可能です。

レストラン・居酒屋などのグルメ系割引優待

接待や外回り中の外食が多いビジネスマンにとって非常に嬉しいサービスが、レストランや居酒屋などでの割引優待。

Club offの優待対象となる居酒屋・レストランは大手チェーン店が多く、誰もが一度は使ったことがあるような店舗をお得な優待価格で利用することができます。

優待対象のレストラン・居酒屋

ガスト、バーミヤン、コメダ珈琲(一部店舗)、ドミノピザ、大戸屋、白木屋、笑笑、魚民、不二家レストラン など

ホテルレストランの割引優待

Club offでは、ホテルレストランでも割引優待を利用することができます。

ホテルのレストランは豪華な食事を提供されることもあり、会食に利用する方も少なくありません。

Club offの優待が適用されるホテルは多く、東京都内や他の主要都市にあるホテルが対象となっているので、利用価値は非常に高いと言えるでしょう。

優待対象のホテルレストラン

帝国ホテル、ロイヤルパーク、ハイアット、インターコンチネンタル(IHG)、ミラコスタ、雅叙園、京王プラザ など

映画館・カラオケの割引優待

JCBビジネスカードを持っていれば、映画館やカラオケ施設での割引優待も受けることができます。

全国に展開している映画館・カラオケ店で利用できるため、プライベートで訪れる際にJCBビジネスカードを持っていけば割引価格が適用されます。

優待対象の映画館・カラオケ

イオンシネマ、シネマサンシャイン、109シネマズ、MOVIX&松竹系映画館、ビックエコー、カラオケ館 など

ジェフグルメカードの割引価格での購入

Club offでは、ジェフグルメカードを通常の4%割引という優待価格で購入することができます。

ジェフグルメカードは様々な飲食店で現金の代わりに利用することが可能。贈答用としても使えるので、便利です。

この他にも、JCBのClub off優待特典はレンタカーやレジャー施設などで割引優待を受けることができます。仕事はもちろん、普段の生活の中でも有効に活用できるサービスばかりなので、あらゆるシーンで役立ちます。

会員登録の方法

JCBのClub off会員になるには、会員登録をしなければいけません。

登録の手順は、JCBビジネスカードもしくはJCB法人カードの会員専用ページ「MyJCB」から行います。

  1. JCBカード会員専用のWEBサービス「MyJCB」にログイン
  2. JCB GOLD Service Club Offに新規会員登録(無料)

Club offに新規会員登録する際には、無料会員である「スタンダード会員」と、有料会員である「VIP会員」の2つから選ぶことができます。

VIP会員は月額550円(税込)がかかりますが、優待の割引率が大幅にアップするメリットがあります。優待をフル活用したいという方は、VIP会員で登録するのも良いでしょう。

また、スタンダード会員とVIP会員は月単位で変更することができるため、気になる方は一度試しにVIP会員に変えてみるというのもおすすめです。

JCBビジネスカードのClub offは会員の家族も利用可能!

JCBビジネスカード、もしくはJCBのゴールド以上の法人カードでClub off会員になると、カード所持者だけでなくその家族も優待サービスを受けることができます。

そのため、家族旅行や休日のお出かけでも有効に活用することが可能。特にカラオケや映画館の優待特典、宿泊施設の割引は、プライベートでも十分に嬉しい特典でしょう。

プライベートでお出かけの際には、ぜひClub offの優待特典をチェックし、少しでもお得になるように利用してみてください。

特に大企業における従業員の福利厚生としておすすめ

JCBのClub off特典は、JCBビジネスカード、もしくはJCBのゴールド以上の法人カードを持っていれば無料で登録・利用可能です。

ここで注目したいのが、「JCBビジネスカードでもJCB Club off特典を利用可能」という点。

JCBビジネスカードは、そもそも大企業向けの法人カードです。従業員が多い会社向けのため、追加カードを無料で発行することが可能。そして、このJCBビジネスカードの追加カードでもJCBのClub off会員に登録することができるのです。

つまり、大企業がJCBビジネスカードに入会すれば、従業員に無料で追加カードを発行し、福利厚生としてClub off特典を与えられるということになります。

JCBビジネスカードの年会費は33,000円(税込)と、法人カードの中では比較的高額な金額にはなりますが、年に3万円程度で社員の福利厚生を1つ増やせるというのは大きなメリットではないでしょうか。

まとめ

今回は、JCBの法人カードで利用できる「Club off(クラブオフ)」の優待特典について紹介してきました。

あらためてポイントをまとめると、以下の通りです。

  • JCBビジネスカード、もしくはJCBのゴールド以上の法人カードでClub offを利用可能
  • 日本全国70,000施設以上で優待割引を受けられる
  • Club off優待対象のカードを持っている本人の家族も優待を利用可能
  • JCBビジネスカードでは、無料発行できる追加カードもClub off特典の対象。社員の福利厚生として有効活用できる

特に、JCBビジネスカードに入会している大企業の方は、社員の福利厚生としてClub offを活用するのはおすすめです。

ぜひJCBビジネスカードの追加カードを発行して、従業員に有効活用させてみてはいかがでしょうか。