コーポレートカード
コーポレートカードの年会費や利用代金は誰が払う?社員向けに疑問を解説!

社員が作成するコーポレートカードの年会費は会社が全額負担!

会社からコーポレートカードを作るようにいわれたとき、「年会費や利用代金は誰が払うの?」「ブラックリストだけど審査に通るかな」と疑問や不安を持ち、ネガティブな印象を持つ人いるかもしれません。

しかし、コーポレートカードは年会費無料となるため、社員の方にとっても発行するメリットがたくさんあります。

今回は、社員の方に向けてコーポレートカードの年会費や支払い方法、審査などの良くある疑問や、どんなメリットがあるのかについて解説していきます。

コーポレートカードは企業の社員に発行されるクレジットカードのこと

「そもそもコーポレートカードって何?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

コーポレートカードとは、大企業の社員向けに発行されるクレジットカードのことです。個人のクレジットカードとは異なり、会社を通じて申し込むのが特徴です。

会社からコーポレートカードを作るようにいわれた場合、主に交通費や接待費、備品の購入など会社の業務に必要な経費の支払いに利用することが考えられるでしょう。カード決済をすれば、経費の支払いをひとまとめにできるというメリットがあります。

また、福利厚生として「年会費無料で発行できる」と案内が来て、希望者のみの発行となる場合もあります。

どちらの場合も、カードの名義は会社ではなく自分の名義です。会社を通じて発行するものですが、あくまで自分自身のカードとなるため責任を持って管理しましょう。

年会費や利用代金は誰が支払う?審査が心配!

コーポレートカードをはじめて作る場合、年会費や利用代金を払わなければいけないのか、審査には通るか、などさまざまな不安が浮かびますよね。次に、コーポレートカードを作る上での、よくある疑問点について解説していきます。

年会費は全額会社負担!

会社からコーポレートカードを作るようにいわれた場合も、希望して申し込みをする場合も、基本的に年会費は全額会社負担です。

基本的に、クレジットカードは持っているだけでも利用料金として年会費を払わなければなりません。年会費の金額はカードの種類やランクによってさまざまです。

コーポレートカードには年会費無料のものはありませんが、会社が負担してくれるため、社員の方にとっては実質年会費無料ということになるのです。

利用代金は決済方法によって誰が支払うか異なる

コーポレートカードで実際に支払った額を誰が払うかは、会社で決めた決済方法により異なります。カード会社により名称は異なりますが、決済方法は主に「法人口座決済」「個人口座決済」の2種類です。

法人口座決済の場合、カードで支払った額は会社が持つ法人口座からの引き落としとなるため、自分で支払う必要は一切ありません。

一方、個人口座決済の場合は、カードで支払った額が自分の口座から引き落とされます。会社の業務に利用した分は、経費として後ほど申請し、後から振り込んでもらう形となります。

個人決済型の場合、会社の規定によってはプライベートの使用も可能です。年会費無料で利用できるため、社員の方にとってもメリットとなるでしょう。

どちらの決済方法になるかは会社に聞くか、申込書を読んであらかじめ確認しておきましょう。

「法人決済型」の場合は審査の心配はない

過去にクレジットカードの支払いを延滞していたり、ブラックリストに載っていたりすると、コーポレートカードを申し込んでも審査に通過するか不安になるでしょう。

個人の信用が審査に関わってくるかは、先ほど解説した決済方法により異なります。

個人決済型の場合は、通常のクレジットカードの審査のように個人の信用もチェックされます。そのため、状況によっては残念ながら審査に落ちてしまう可能性もあります。ただし、会社の信用も加味されるため、少しの問題であれば審査に通過することもあるようです。

一方、法人決済型の場合、会社の信用のみがチェックされるため個人の信用は審査には関係してきません。法人決済型の場合は審査の心配をする必要はないといえるでしょう。

年会費無料のコーポレートカードを利用するメリット

会社でコーポレートカードを発行するようにいわれたとき、「面倒だな…」と思う人もいるかもしれません。しかし、コーポレートカードは年会費無料で発行できるため、社員の方にとってもさまざまなメリットがあるのです。

コーポレートカードを年会費無料で発行できることによるメリットを解説します。

経費を現金で立て替える手間が省ける

コーポレートカードが今までなかった場合、会社の経費になるものの支払いは、領収書をもらい現金で立て替えていたと思います。

そこでコーポレートカードを利用すれば、領収書をもらったり現金で立て替えたりする必要がなくなるのです。

出張や接待などの経費を全てカードでスムーズに決済できるため、ビジネスシーンで役に立つでしょう。

ステータスの高いカードに入会できる

会社で申し込みするのがアメックスゴールドなどの場合、ステータスが高いカードを年会費無料で所持できることはメリットだといえます。

ステータスの高いカードは、年会費が高い代わりにサービスや保険が充実するのが特徴です。ステータスの高いカードを持ちたいけど、年会費が高くて申し込みができないという方もいるのではないでしょうか。

コーポレートカードにも一般カードやゴールドカードが存在し、ランクが高いほど年会費も高くなります。しかし、カードのランクに関わらず年会費は会社負担となるため、社員にとっては年会費無料でランクの高いカードを持てるようになるのです。

ビジネスシーンでゴールドカードを利用することで、取引先にもプラスのイメージを与えられるでしょう。

旅行傷害保険や優待サービスを利用できる

コーポレートカードには、旅行傷害保険やさまざまな優待サービスが付帯されています。

旅行傷害保険とは、出張や旅行時に病気やケガなどのトラブルが起きたとき、かかったお金を補償してくれる保険です。持っているだけで適用されるものもあるため、プライベートの旅行でも保険が下りるのはメリットといえるでしょう。

さらに、空港ラウンジサービスがついているものであれば、フリードリンクやWi-Fi環境などがあるラウンジに無料で入場できるのも嬉しいポイントです。

また、ホテルやレストラン、レジャー施設の割引などカード会社により異なる魅力的なサービスも付帯されています。これらも年会費無料で利用できるため、どんなサービスがあるかチェックしてお得に活用しましょう。

まとめ

コーポレートカードの年会費は会社負担、利用代金も会社決済型であれば会社の支払いとなります。審査についても会社決済型であれば個人の情報は影響してきません。

コーポレートカードは年会費無料でさまざまなサービスや旅行保険が付帯されるため、社員の方にとってもメリットが大きいものです。

せっかくコーポレートカードを発行するのであれば、ただ経費の支払いに利用するだけでなく、空港ラウンジや割引のサービスなども利用してお得に活用しましょう!