コーポレートカード
ダイナースコーポレートカードとは?メリットや審査について解説

ダイナースコーポレートカードとは?メリットや審査について解説

大企業向けクレジットカードを検討している方で、ダイナースについて知りたい方はいますか?ダイナースクラブコーポレートカードについて自分で調べても、情報が多すぎて、分からなくなってしまいますよね。

そのような方のために、今回はダイナースクラブコーポレートカードの基本情報やメリット・デメリットについて解説します。申込方法にも触れているので、申し込み方法が分からない方も参考にしてみてください。

ダイナースクラブコーポレートカードの基本情報

まずは、ダイナースクラブコーポレートカードの基本情報について紹介します。

ダイナースクラブコーポレートカードとは?

ダイナースコーポレートカードとは、三井住友トラストクラブ株式会社が発行しているコーポレートカードです。社員20名以上の大企業(マンモス企業)を対象として、発行されています。

経費管理を1本化できるほか、充実した付帯サービス、ポイントやマイル付与が揃っています。法人にとってメリットが多いカードです。詳しいメリットについては、「法人カードのメリット4つ」でも紹介しています。ぜひ御覧ください。

ダイナースクラブコーポレートカードの基本情報

ここからは、ダイナースクラブコーポレートカードの基本情報について紹介します。表にまとめましたので、御覧ください。

年会費 11880円+税
サブカード年会費 11880円+税
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.4~1%
申込資格 社員20名以上の大企業
限度額 カード会社との相談により決定
旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング補償
国際ブランド Diners Club

ダイナースクラブコーポレートカードは、他のコーポレートカードとは違い、追加カードにもメインカードと同じ年会費がかかります。そのため、導入するハードルが高いといえます。また、ショッピング補償は付いていません。申し込む前にしっかり確認しましょう。

法人カードのメリット4つ

ここからは、ダイナースクラブコーポレートカードを導入するメリットを紹介します。

①経費管理をシンプルにできる

ダイナースクラブコーポレートカードは、支払い管理をシンプルにできるメリットがあります。コーポレートカードで決済することで、支払いは翌月一斉請求。

そのため、出張毎に現金を渡したり、領収書のやり取りをしたりすることがなくなります。利用履歴は、すべてデータで管理できるため、経理が手作業でチェックする手間も省くことができます。

データを上手く使えば、経理業務で起こるヒューマンエラーをなくすことが可能です。

②ステータス性が高い

ダイナースクラブコーポレートカードは、ステータス性が高いカードとして有名です。ダイナースクラブのカード内では、ランクはありません。しかし、他のカード会社のコーポレートカードと比較すると、ゴールドカード並のステータス性を持っています。

コーポレートカードを持ちたいが、ステータス性も重視している方にとって、おすすめできるコーポレートカードです。

③ビジネスに有利な付帯サービスを利用できる

ダイナースクラブコーポレートカードは、ビジネスに有利な特典サービスを利用できます。たとえば、以下のようなサービスが代表的です。

  • 空港ラウンジサービス
  • 国内空港券予約サービス
  • ダイナースクラブグルメ優待

空港ラウンジサービスとは、飛行機の待ち時間で利用できる部屋のことです。部屋には、フリードリンクや無料Wi-Fi備わっているため、待ち時間を有意義に使うことができます。

また、国内航空券予約システムも完備。24時間予約ができるため、急な出張でもすぐに対応してもらえます。

ダイナースクラブグルメ優待も便利です。2名以上の利用で、コース料理1名分が無料になるなど、かなりクオリティの高いサービスを展開しています。

付帯サービスを重視する方は、ダイナースクラブコーポレートカードはおすすめです。

④ポイントが貯まる

ダイナースクラブコーポレートカードは、ポイントを貯めることができます。ショッピングの利用で1%還元されるため、使えば使うほどお得です。貯まったポイントはマイルに変更もできます。

また、ダイナースグローバルマイレージ(年会費:6,000円)に加入すると、交換できるマイルの種類が14個まで増えます。たくさんの種類の航空会社を利用する企業は、申し込んで損はないでしょう。

デメリットは審査基準が厳しいこと

ダイナースクラブコーポレートカードのデメリットは審査が厳しいことです。デメリットも理解した上で、申し込みに進みましょう。

ダイナースコーポレートカードの審査はどこを見られる?

ダイナースクラブコーポレートカードは一般的には、審査に通りにくいとされています。そこで気になるのが、「審査をしてもらうときにどこをみられるか。」です。以下で紹介します。

  • 会社の業績・設立年数
  • 代表者のクレヒス

まずみられる箇所は、会社の業績や設立年数です。赤字になっていたり、設立して数年の法人の場合は、安定して支払いできる証明が難しいため、審査に通りにくいとされています。

また、代表者のクレジットヒストリー(クレヒス)も重視されます。支払いが遅延している場合やブラックリストに載っている場合は、審査に通りにくくなります。

厳しい審査を通過するためにも、以下のコツを活用してみてください。

ダイナースコーポレートカードの審査に通りやすくするコツ

ダイナースクラブコーポレートカードの審査を通りやすくするコツは、以下の2つです。

  • ダイナースクラブ会員に紹介してもらう
  • キャンペーン期間中に申し込む

ダイナースクラブ会員は、厳しい審査をクリアしないとなれません。その審査に合格した方が紹介するとなると、一気に信頼性が上がります。審査する上でも大いにプラスに働きます。

また、キャンペーン期間中に申し込むことも1つの手です。キャンペーン中は、審査が甘くなると言われています。特に審査に通りやすいのが、入会キャンペーンです。定期的にHPをチェックして、キャンペーン情報を見ておきましょう。

法人カードの申し込み方法を解説

メリット・デメリットを理解して、申し込みを決めた方のために、ダイナースクラブコーポレートカードを手に入れるフローを紹介します。以下の手順でおこなっていきましょう。

  1. 必要書類を準備する
  2. 入会申込書の記入
  3. 返信用封筒を準備する
  4. 送付する
  5. カードを受け取る

まずは、必要書類を揃えていきましょう。

  • 入会申込書
  • 法人の登記事項証明書
  • 代表者の本人確認書類
  • カード利用者の本人確認書類

これらが揃って初めて申し込みができます。不備が無いようにチェックしながら準備しましょう。申し込み書は、ダイナースクラブHPからダウンロードできます。

その後返信用封筒を作り、ポストに投函して完了です。審査に通ったら、コーポレートカードが送付されます。

まとめ:メリットなど理解して、ダイナースクラブコーポレートカードを利用しよう!

今回は、ダイナースクラブコーポレートカードについて解説しました。ダイナースクラブコーポレートカードは、比較的にステータス性が高いカードです。

そのため、ステータス性の高いカードがほしい方におすすめです。しかし、その分審査には通りにくいデメリットもあるため、注意しましょう。

入会を決めた方は、手順に沿って申し込みをしてみてください。